卒業旅行でクレジットカード現金化


キーワード

急に陥った資金不足

今回はクレジットカード現金化にしたきっかけについて書きたいと思います。私がまだ短大生の頃、4月からは新社会人として県外に出て働くことが決まっていて、2年間の苦学を共にした友人とは残り数か月で離れ離れになってしまいます。
私と友達は、最後の思い出づくりに卒業旅行を計画しました。私も含めた卒業旅行へ出かけるメンバーはほとんどが下宿しており、1年の時から互いの部屋へ出かけて遊ぶ仲でした。今回の卒業旅行では、思い切ってこれまで行ったことのない場所に行ってみようということになり、地元ではない地域を選ぶことになったのです。場所は北海道の函館。友達も北海道には、一度でいいから行ってみたいということから意見が一致し、近いうちに行くことになりました。必要な資金は決して少なくはなかったのですが、このメンバーでは最後かもしれないということもあり、奮発して計画を立てたのです。
今思うと、もう少し余裕のある計画にしておけば、クレジットカード現金化をすることはなかったと思うのですが、それはそれで、けっこう楽しめたと思います。
そして、この卒業旅行がきっかけで、クレジットカードの現金化のメリットを知ることができたのも、一つの収穫だったと思います。クレジットカードの現金化を知ったのはインターネットがきっかけでした。卒業旅行まで残り少ない中、予定外の出費で資金不足になってしまったのです。一足先に下宿先を引き払い、3月より県内の少し離れた場所にある実家へ戻ったことで、あっという間に資金がなくなってしまったのです。

クレジットカードを現金化したことは今では良い思い出

参加していたサークルや委員会の追いコンかあったことなどが重なり、卒業式のために、スーツを購入したというのも原因にはありました。どうにか資金不足を解消する方法はないのかと思い、ネットを使って調べてみたところ、クレジットカード現金化を知ったのです。ちなみにサイトでは、学生では親の承諾なしに借金をすることができないことと、もし許諾を得ても審査に通らないことが記されていたので、消費者金融や銀行からお金を借りることは諦めていました。
ところがクレジットカードさえあれば利用できるクレジットカード現金化は総量規制とは無縁の金策手段ということがわかり、これだと思いました。初めての利用でしたが、業者を比較、検討して優良店と呼ばれるところへ問い合わせてみたところ、親切に取引の方法、現金化の仕組みなど、わかりやすく丁寧に説明してくれたので、この業者を選んで本当によかったと思いました。申し込み後、15分くらいで入金したという連絡があり、コンビニで確認してみたところ、申し込んだ金額がきちんと振り込まれていました。このおかげで無事に卒業旅行は金銭面で困ることはなく、仲のいい友達と楽しい思い出をつくることができました。クレジットカード現金化に出会ってなかったら、大切な友達との楽しい思い出は、つくることができなかったかもしれません。この経験が社会人になった時に、会社の人からクレジットカードの現金化について相談されたときにアドバイスしたりすることもできました。

クレジットカード現金化は便利だった

旅行から帰ってきた私は、1週間を実家で過ごしました。クレジットカード現金化は、クレジットカードの支払いと同時に返していくシステムなんです。私はリボ払いにしたことで、新入社員の給料でも大きな負担になることなく、のんびり返すことができました。あの卒業旅行をきっかけに、きちんと計画を立てていくという重要性を身を持って知ることができたのです。リボ払いであれば、毎月決まったお金を支払うことができ、計画が立てやすいというメリットがあります。毎月積立定期預金を行っていて、万が一ということもあるので、不測の事態にも、一人で対応できるように取り組んでいます。
クレジットカード現金化はピンチを救ってくれたというだけではなく、お金を使う上での重要性を私に教えてくれました。また万が一何かあった場合はまたお世話になろうかなと思っています。社会人になってから、私の周りには、意外と、クレジットカード現金化のことについて、知らない人が多かったのです。知らないよりも知っていたほうが、はっきり言って得だと思います。知っていたほうが、何かあった時にかなり便利だからです。
たまたまその時は、まだ学生だったということもあり、クレジットカード現金化を利用するしか他に手はなかったのですが、きっとピンチの時に助けてくれますよ。クレジットカード現金化を検討している方で迷っている方はたくさんいるかと思いますが、何かあった時は専門の方が相談に乗ってくれたりするので、安心だと思います。


宜しく!