彼女のホストによる借金をジョイフルのカード現金化で返済


キーワード

ジョイフルでクレジットカードを現金化

2016年にジョイフルのカード換金を利用する機会がありました。利用するきっかけは彼女のホスト通いによる借金を支払うためでした。彼女とは私が21歳のときの地元の定時制高校時代に知り合い、1年ほど付き合っていましたが、大学試験の時期が来ると自然消滅してしまいました。その後、私は試験をやめて埼玉の地元を離れて
東京で4年ほど働いており、25歳になりました。
実家に久々に帰ると母が手紙を手渡してくれました。1年前に届いた高校のときの彼女からの手紙であり、東京で生活してることが書かれ、手紙の最後に電話番号とメールアドレスも記されていました。連絡がほしいという文面が印象に残ったため、東京に帰ってからさっそく電話してみました。彼女は私が忘れられないというストレートな一言に居ても立っても居られなくなり、彼女の住んでいるアパートに会いに行きました。私も心の中で彼女のことが忘れられなかったのだと痛感しました。
23歳になった彼女と付き合い始めてから、借金を抱えていることが判明しました。彼女から正直に打ち明けてくれたので、私はどうにか協力して借金を返していきたい気持ちを話しましたが、彼女は私への感謝からだと考えたいところですが、大粒の涙を流して泣いていました。現在の彼女はネイリストとして暮らしていたため、月に15万円ほどの収入であり、年末に地元へ帰る予定でしたが、私が来てくれたことでもうしばらくは東京で暮らせることを感謝していました。
互いの親からお金を借りることは子供として情けないことだと考えたので、借金を返すためにカード換金を行うことになりました。

借金を返済することができました

彼女のホストに通った期間は、2014年から2016年の再会の近くまで続いていました。この間に借金は200万円近くに膨れ上がっていましたが、そのうちの80万円は返したとのことで残された多くの返済の多くはジョイフルに頼ることになりました。
年末が近づいていたため、少しでも早くすっきりした気持ちで2017年を迎えたい願いから、払い込みのスピードが早いところを探していました。最終的に120万円のうちの20万円は私の貯金から支払うことにしたため、100万円のカード換金を希望に使用と決めたところで、電話をしていくつかの点を確認すべきだと彼女と決断に至りました。
最初は電話を通じて問い合わせをする選択を行い、利用の流れの説明を受けました。ネット上の利用に流れと食い違いがないのかを確認するために重要だと感じていましたが、電話越しの女性が親切にわかりやすく対応してくれて頭が下がりました。
申込みフォームは非常に楽でした。名前やメールアドレス、電話番号やクレジットカード、利用の希望金額などの必要記入を済ませてから1時間ほどで連絡がありました。その後は100万円をジョイフルから借りて、他の20万円は私が返すことに成功しました。その日は2016年の年末が近く昼から夕方にかけてだんだんと晴れていき、私たちのすがすがしい心境を表現するかのようでした。彼女ともう借金はしないことを約束した指切りが印象に残りました。
私たちはカード換金による借金返済のおかげで、2017年から数年のうちに結婚する方向で話し合っています。


関連するページ