クレカの種類でクレジットカード現金化の換金率は変動するのか?


キーワード
クレカの種類でクレジットカード現金化の換金率は変動するのか?

クレジットカードによって手数料が変わる

クレジットカード現金化はクレジットカードのショッピング枠を利用して行うショッピングによって現金を入手することができる方法です。クレジットカード会社が設定した範囲内で換金できて、審査もいらずに手軽に現金を入手できる方法として注目され、本人名義のクレジットカードをもっている人ならだれでも利用できます。
クレジットカード現金化はクレジットカードの種類によって換金率が変わることがあります。その理由は、クレジットカード会社によって決済手数料が異なるので、クレジットカードの種類に応じて換金率が変動するからだと言われています。例えば、アメックスを利用する場合には換金率が下がったりすることもあると言われています。これはなぜかと言えば、現金化業者が利用している決済端末に理由があって、クレジットカードの種類によってクレジットカード現金化業者の端末で決済をするのにリスクがあったり手間がかかるといった場合には、そのぶん換金率が低くなるという傾向があるのです。そして、クレジット決済手数料はカードによって実際に金額が異なるので換金率が変動するのです。
特に、クレジットカードがアメックスの場合どの現金化業者の場合でも換金率は低くなる傾向があると言われています。これは、現金化業者の利用する決済端末の特殊性に理由があって、アメックスでクレジットカード現金化を行って、キャッシュバック付きの商品を購入すると海外でショッピングをしたことになるのです。

アメックスカードは換金率が低い傾向がある

アメックスの換金率はどの業者でも低くなるという傾向があるといわれ、それはクレジットカード現金化業者の利用端末の特殊性が理由となっていると言われています。アメックスカードでクレジットカード現金化を図ると海外のショッピング履歴に計上されることになります。しかし、実際は国内で購入が行われているにもかかわらず、海外で購入したことになっていますので整合性がないと考えられています。
そのことに懸念があればカード会社はその理由を知ることができます。そのことに対してクレジットカード現金化を行う業者がリスクと考える場合には、クレジットカード現金化の業者はアメックスのクレジットカードを使用する場合には換金率を低く見積もっていく傾向が強くなるでしょう。また、社会的なステイタスの高さをシンボルとしているアメリカンエキスプレスは、他のクレジットカードとは異なり、クレジットカードを持つにはそれなりに社会的地位が必要だと言われたりしています。そのようなステイタスの人なら信用もありますので、現金がすぐに必要という場合には別の方法で借り入れをすることもできたりして、ショッピング枠を使って現金化をすることをそこまで重視しないかもしれないのです。そのため、あまり利用する人が多くないということも換金率が低いという理由になっている場合もあるのです。したがって、クレジットカード現金化は一律の換金率ではなく、カードの種類によって変動はあり得るのです。

換金率が高い業者を見つけよう

クレジットカード現金化の換金率はクレジットカードの種類によって変動するといわれています。それは、会社によって決済手数料などが理由となっていると考えられています。その場合の換金率の誓いは数%ほどと言われていますが、クレジットカード現金化を申し込もうとしている現金化業者が、もしも悪質な業者であった場合には、クレジットカード現金化の際は、使用するカードに応じて換金率が変わってくるという場合もあるようです。
そのようなケースでは、実際の換金率はもう少し高いけれども、利用者にはかなり低くなってしまうと先に伝え、業者側の利益を多くするために、クレジットカードの種類に応じて換金率を数十%近くも下げるという方法を取る業者もいるのだといわれたりしています。
利用者はすぐに現金が必要という理由でクレジットカード現金化を申し込もうとしているので、そういわれても利用せざるを得ないという人もいるでしょう。しかし、そんな時は、冷静になって、より換金率の高い業者でクレジットカード現金化に申し込むという方法もあります。
このように、クレジットカードを現金化するためにショッピングを行う時には、利用するクレジットカードの種類に応じて換金率が変動する場合があります。
基本的には、それぞれの現金化業者で換金率は異なっています。また、利用する金額に応じて換金率は変動するようにもなっているため、ショッピングをする際にはよく比較して選ぶことがおすすめです。