クレジットカードのキャッシング枠について


キーワード
クレジットカードのキャッシング枠について

クレジットカードでお金を借りることができる

クレジットカードには買い物を利用するためのショッピング枠とは別に、お金を借りることのできるキャッシング枠があります。こちらではキャッシング枠についてご説明いたします。
キャッシング枠とはクレジットカード会社か現金を借り入れすることでできる限度枠になります。限度額が多いほど借り入れできる金額が多いということです。利用限度枠はクレジットカード会社の審査の上限度額が決まります。クレジット会社や消費者金融などの借り入れ状況によってはキャッシング枠が利用できない場合もあります。キャッシング枠があれば提携しているATM等でお金を借りることができます。キャッシングのメリットとしては急にお金が必要になった時にすぐにクレジットカードで現金を引き出すことができるところにあります。

キャッシング枠のデメリット

ただしキャッシング枠は一般的に限度額が少なく設定してあります。クレジットカードを作ると大体キャッシング枠が20万円迄、ショッピング枠が30万円迄利用できることが多いです。またキャッシング枠はショッピング枠よりも金利が高くなっています。またカード会社によってはキャッシング枠とショッピング枠が別々ではなく同じ枠として設定してあるところもあります。例えばショッピング枠が50万円までの場合、ショッピング枠を40万円分利用すると、キャッシング枠は限度枠が10万円までとなります。
ショッピング枠は翌月払いやボーナス払いの場合金利はかかりません。(分割払いや、リボ払いの場合はかかります。)しかしキャッシング枠は金利が発生します。大体100万円までの限度額の場合金利は年利18%のところが多いようです。またキャッシング枠の利用するときのデメリットとして挙げられるのが手数料がかかるところです。消費者金融の借り入れの場合手数料のかからないところが多いのですが、クレジットカードでの借り入れの場合いつも手数料がかかってしまいます。
お金の借り入れを考えた場合、クレジットカードのキャッシング枠を利用するのではなく、消費者金融のカードを利用する方法も良い手段だといえます。