クレジットカードの審査に通らない方の特徴や通るコツ


キーワード
クレジットカードの審査に通らない方の特徴や通るコツ

クレジットカードを現金化したいけどカードが作れない方へ

クレジットカードの審査に通らない…と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。
クレジットカードを新たに作成するためには、審査にとおる必要があります。しかし、場合によっては、その審査に何度も落ちてしまい、新たにクレジットカードを作成することが出来ない…という方も居ます。そこで、クレジットカードの審査に通らないという方の特徴にはどういった特徴があるのでしょうか。
まず、クレジットカードの審査に落ちてしまう人の特徴として、審査基準に達していないという特徴があります。
たとえば、収入が安定していなかったり、勤続年数が短かった場合には、審査で不利になってしまいます。年収が高いほど高評価になりますし、短期間で仕事を辞めてしまっていては、不利になることが多いです。
また、他の金融機関で借入額が多い場合にも、審査では不利になってしまいます。その他にも、居住形態や、年齢、そして正社員かどうか、勤務先の規模なども、審査では細かく見られることになります。これらの基準が、審査基準に達していなければ、審査に通らなくなってしまうことになってしまいます。
また、他社からの借入額が多かったりする場合にも、審査には通らないことが多くなります。これらの情報は隠していたとしても、全てデータとして信用情報機関に掲載されていますので、全て審査をする上でカード会社にバレてしまいます。このため、虚偽の情報を伝えないようにすることも大切となります。

クレジットカードが通らない方の特徴


一度ある業者で借り入れをしたのにもかかわらず、返済を延滞してしまった…という場合には、ブラックリストとして記載されてしまうことになります。一度ブラックリストに載ってしまうと、クレジットカードの審査で通ることは厳しくなってしまいます。
このため、クレジットカードの審査に落ちてしまう場合、ブラックリストに登録されている可能性があるといえるでしょう。
また、短期間で複数のクレジットカードに申込みをしているという場合にも、審査に落ちてしまうことがあります。短時間に複数のクレジットカードに申込みをしてしまうと、申込みブラックという形で、これらも全て履歴に残ってしまい、非常に審査で不利になってしまいます。こういった情報が残ってしまうと、お金に困っている人という印象を与えてしまいますし、また他のクレジットカード会社で断られてしまった人と認識されてしまい、審査で落ちてしまうことが多いといえるでしょう。クレジットカードの申込みは、1ヶ月で1~2社程度に留めておくようにしましょう。
また、クレジットカードの申込みで、郵送などで申込みをする場合、記載ミスがあれば、審査に落ちてしまうということがあります。たとえば本人確認の項目である、名前や生年月日、住所などを間違えてしまうと、本人確認が出来ないので、審査に落ちてしまうということがあります。また、勤務先の電話番号の記入ミスがあれば、在籍確認が出来ないので、審査に落ちてしまいます。

クレジットカードを通りやすくするこつ


そこで、クレジットカードの審査に落ちてしまわないようには、どんな対策が必要なのでしょうか。
まず、ブラックリストに載ってしまっているということが原因で、クレジットカードの審査に落ちてしまった場合には、これらのブラック情報が削除されるまでの5年間を待つようにしましょう。これらのデータは、5年間で削除されることになります。このため、それまで新しくクレジットカードの作成は出来ませんが、審査に通るようになるまでは、待つ必要があります。
また、クレジットカードに申込みを短期間で繰り返してしまい、申込みブラックになってしまった場合には、そのデータが削除されるまでの6ヶ月間を待つようにしましょう。この期間待つことによって、そのデータは削除されるため、また新たに申込みをすることが出来るようになります。
また、他社から借り入れが多いため、審査に落ちてしまった場合には、それらの借り入れを先に返済してから、新たに申込みをするようにしましょう。借り入れが多い場合には、再度申込みをしても、また落ちてしまう可能性がありますので、まずは返済をする必要があります。
また、記載ミスなどがあった場合には、記載ミスをなくし、申込みをする際には、慎重に記入をしましょう。最後にミスがないかどうか確認をしてから、申込みを済ませるようにしましょう。
また、勤務先などの属性を変えることで、審査にとおりやすくなります。正社員になるなどして、安定した収入を得てから、申込みをするようにしましょう。