クレジットカードの有効期限を確かめる必要性

クレジットカードの有効期限を確かめる必要性

なぜ有効期限が設定されているのか?

クレジットカードには有効期限があり、切れてしまうとショッピングや引落ができなくなる為注意が必要です。クレジットカード現金化の際も利用される前に有効期限とショッピング枠残高の確認は必須となっています。

基本的に、設定されている理由はカードの老朽化対策や防犯対策等です。

老朽化対策

カードはプラスチック製の為何度も使うとスキャンする際にいつの間にか読み取りにくくなり、磁気部分やICチップ等を交換する必要が出てきます。

防犯対策

古いバージョンでは、近年巧妙化している悪徳業者の手口に対応できません。その為の対策として定期的に交換するように、敢えて期限を設定しています。

有効期間はどの程度になるか

有効期限はカード会社によって違いますが、基本的に発行してから2年を目安に設定される傾向があります。
期限は数ヶ月前になると案内がないか確かめ、そのまま放置して使えなくならないようにすることが大事です。

クレジットカードの更新手続きはどのようにするのか

そのまま

カードは郵送で送られてくるため、引越しや勤務先の変更などがあれば済ませておかないと受け取れない場合もあります。

いつ届くのか

新しいカードが届くタイミングは基本的に期限の1ヶ月前ですが、案内がなければすみやかに問い合わせないと使えない期間が発生してしまいます。
手続きは基本的に自動更新が多くなっていますが、なっていなければ書類を送付する必要があります。自動更新では、一度契約をすると解約しない限りは新しいカードが自宅に届く流れです。

カードが届いてからやること

新しいカードは受け取った時点で古いカードを破棄し、紛らわしくならないようにしないと肝心な時に使えなくて困るケースもあります。

古いカードは的確に処理しよう

ハサミを入れる

カード破棄のやり方は、画像の様に縦にハサミで切ってください。それ以上細かく切ればなお良いです。
新しいカードが届いた時点では、まだ古いカードも使える状態にあります。そのままゴミ箱に捨ててしまうと第三者に拾われて不正利用されるケースもあります。古いカードは磁気部分やICチップなどが生きていれば使えますので、きちんとハサミを入れないと無意味です。
磁気部分やICチップは多くの情報があり、第三者に渡ってしまうといつの間にか流出する恐れもあります。
また、ネットショッピングなどでクレジットカードを登録することもありますが、番号と有効期限と名前をそれぞれ入れるだけで買物ができてしますものです。この為、すぐに焼却処分をするなど跡形もないようにすると安心です。
新しいカードと古いカードは期限が過ぎるまでは同時に併用できますが、不正利用や混乱を防ぐ為にもすみやかに切り替える方が望ましいです。

クレジットカードで決済しているところの更新

クレジットカードに署名する

まずはカードの裏面に署名してください。
そして、更新すると有効期限とセキュリティコードの番号が変わりますので、情報を新しいものに変更してください。

クレジットカードが届かない場合はどうするのか

住所変更されていない

新しいクレジットカードは保管期間を過ぎて会社側に返送されている場合が考えられます。転勤などで、うっかり変更手続きを忘れて前の住所に届いている可能性もあります。
その為、届かない場合はすぐに問い合わせる必要があります。
クレジットカードは期限をいちいち確認せずにそのまま使うことが多いのですが、新しいカードが送付される際には会社から電話やメールなどで案内は行っておりません。
その為、古いカードが使えなくて初めて期限切れになったこと気づく方は多いようです。

簡易書留であれば家族が受け取っていることもあります。
しかし、本人限定受取郵便であればそのまま不在票がポストに投函されたままになっています。受取期限までに郵便局で本人確認書類と印鑑を持参して手続きをする必要があります。
また、受取期限は7日間と短くなっていますので、どちらにしてもすぐにカード会社へ連絡してください。

キャッシュカードと一体型の場合はご注意を!

クレジット機能付き

クレジットカードはキャッシュカードと一体型のものもあり、この際にも有効期限が設定されています。
キャッシュカードは基本的に期限がありませんが、一体型のものになると設定されているため注意が必要です。一体型のカードは一枚で金銭管理ができて便利に思われがちですが、万が一有効期限が切れてしまうと口座に残高があっても引き落としができなくなります。電気ガス水道が止められ、最悪の事態になってしましますので、時間に余裕を持って新しいカードを受け取れるようにする部分が大切です。