クレジットカードを落とした時の対処法について


キーワード
クレジットカードを落とした時の対処法について

まずは落ち着いてクレジットカード会社へ連絡する

クレジットカードがない、クレジットカードを落とした!といった時とても不安ですよね。もしかして、誰かに悪用されているのではないかと思うと、落ち着いた気持ちでいれなくなってしまいます。
でも、きちんと対応すればそんなに不安になることはないのです。まずは慌てず対処しましょう。そこで、これからクレジットカードを落とした時の対処法についてご紹介したいと思います。
クレジットカードを落としてしまった時は、落ち着いて冷静に行動しましょう。まずは、すぐにカード会社へ連絡してください。このことは、クレジットカードを落としてしまった時にとても重要なことです。すぐにカード会社に連絡できるように、緊急の連絡先は覚えておくといいですよね。でもいろんなカードがあって覚えきれないという場合は、カード会社の連絡先をメモしておいた紙などがあれば便利ですが、常時連絡先を携帯している人は少ないといえます。そんな時はカードの連絡先を携帯・スマホなどに登録しておくことがおすすめです。また、カード会社によってはQRコードなども用意されていて、クレジットカードを落としたなどの緊急時に連絡しやすいようになっていたりしますので、そのようなコードを登録しておくと安心です。
最近は複数のクレジットカードを持っていることが一般的になってきましたが、全てのカード会社の連絡先を把握できているという人は珍しいといえますので、携帯やスマホの機能を上手に活用しましょう。

気付いたらすぐに連絡する

クレジットカードを落とした時には、すぐにカード会社に連絡しましょう。クレジットカードがすぐに使用されてしまうというリスクもありますので、停止して利用できないようにすることが大切なのです。
ほとんどのクレジット会社では紛失や盗難時などに365日24時間・年中無休で連絡できるサポートデスクなどが設けられています。デスクにすぐに連絡して利用停止手続きを進めていきます。
VISAカードやMasterカードは発行元企業に連絡しないといけません。国際ブランドなので、とても幅広く提携が行われています。VISAがついているからといってVISAカードへ連絡しても、カードの停止はできません。例えば、セゾンビザカードの場合、発行会社であるセゾンに連絡して停止してもらいます。
アメックス・ダイナースとの提携カードの場合も発行もとのカード発行会社に連絡しないと手続きができません。この点は間違えないように注意をしておきましょう。
まずはカードの利用停止をしてもらうことを最優先させます。0120から始まる番号はフリーダイヤルなので、電話料金は無料出かけられます。以外のダイヤルだと電話料金が発生することが多いとされています。
そして、クレジットカード会社に連絡した後に、警察に届出をします。警察への届け出は、クレジットカードの利用停止後に行ってください。逆にすると間に合わず、誰かに使用されてしまったということになるかもしれませんので気を付けましょう。

クレジットカードの再発行

クレジットカード会社で利用停止手続きを行った後に警察に届け出をします。届ける時、警察では概大体次のことについて訊かれるでしょう。まず、氏名、そして年齢や住所、連絡先(電話番号など)、クレジットカードを落とした日時と場所、落とした時の状況とお財布に他に入っていたものなどです。落とした場所などについてシンプルな地図を描いたりする場合もあります。
パニックにならないように落ち着いて届け出るようにしましょう。受け付け後は受付番号を受け取ります。受付番号は、落としたクレジットカードを見つけた人が警察に届けてくれた時などに、受け取りに必要な番号です。また、警察に届けた後、カード会社に知らせる時にも必要な番号になります。
カード会社に受付番号を伝えたら、クレジットカードの再発行の手続きを進めます。カード再発行はカード会社へ連絡した日から何日か後になり、再発行に必要な手続きのための書類などをカード会社から送ってもらいます。そして、必要事項を記入して書類を返送すれば、カード再発行の手続きが進められます。その後、新しいカードが届いたら、そのカードで再登録の手続きを開始します。カードは再発行の手続きをしてから大体1週間くらいで到着します。そして、新しいクレジットカードが届いたら、今度はカードの紛失には気を付けて、しっかりと落し物をしないようにしながら使用していくようにしましょう。
クレジットカードを落とした時は、大体このような流れで手続きを進めていくことになります。