クレジットカード換金について


キーワード
クレジットカード換金について

カード換金とは

カードの換金とは、利用者が持っているクレジットカードのショッピング枠を現金化するというサービスになります。クレジットカードの現金化ともいわれていて、カードを換金することによって、手元に現金を調達することが出来ます。現金化の方法はさまざまな方法があるといえるでしょう。通常の換金、現金化の場合には、指定された商品を百貨店などで購入をして、そしてその商品を換金業者などで買い取ってもらうという方法が一般的でした。
しかし、今は、クレジットカードの現金化業者では、別の方法を取ることが多いです。
たとえば、指定の商品をインターネット上で買取を行い、届いた商品を転送するという形で、即日買取をし、そして口座に即日振り込みをするというシステムになっています。最近では、ネット銀行に対応をしている現金化業者も増えているため、即日振り込みにも対応をしていることが多くなっています。また、インターネットの現金化サービスであれば、オンライン上で全ての手続きが完了しますので、とても簡単でスピーディーにやりとりをすることが出来るといえるでしょう。
また、こういった買取形式の場合には、購入した商品を買い取ってもらう方法ですので、ネットショッピングでものを購入しているのと変わらないということから、家族にバレずに現金化したいという場合にもおすすめです。
さらに、買取り方式の場合には、違法性なども限りなく低いというのも大きなメリットです。

買取方式のデメリット

しかし、このクレジットカードの現金化の方式である買取り方式にもデメリットはあります。それは、買取り方式の場合には、まずは利用者が商品を購入してから、それを換金業者において買い取ってもらうという方法になります。このため、現金を実際に受け取るまでに時間がかかってしまうということがデメリットであるといえるでしょう。
換金率の高い商品をあらかじめ購入し、それを売却することによって、クレジットカードを現金化することが出来ます。
このようなプロセスが必要になりますので、実際に現金が振り込まれるまでにどうしても時間がかかってしまうというのがデメリットであるといえるでしょう。換金をしたいという方の場合、すぐにでも現金を手元に調達したいという方がほとんどですので、スピーディーに現金を調達できないというのはデメリットであるといえます。早くても1~3日ほど時間がかかってしまうことがありますし、ある程度時間に余裕が持てる方に、この現金化の方式が向いているといえるでしょう。
また、この買取り方式の場合、業者が商品を指定してくれることが多いですが、場合によっては自分で換金率の高い商品を選んで購入しなければならないケースも多いです。この場合、自分の商品の選び方一つで、換金率などが変わってきてしまいますので、ショッピング枠で購入する商品を慎重に選ばなければいけませんし、失敗をすることが出来ないというデメリットもあります。

キャッシュバック方式について

このように、最近では、カードの換金というと、買取り方式がほとんどとなっていますが、キャッシュバック型という方式をとっている換金業者も存在しています。
こちらのキャッシュバック型のクレジットカード現金化ですが、ショッピング枠を利用することによって、その現金化業者が用意をしている、商材などをサイトから購入するという方法になります。
これには情報商材などの商材があります。購入した情報商材は、キャッシュバックが設定されていますので、現金をキャッシュバックして貰うことが出来て、現金化が完了するという流れになります。
つまり、クレジットカードの現金化においての、キャッシュバック方式とは、購入する商品そのものを転売して売るというのではなく、購入する商品そのものに、現金がその特典として付いているものを指します。商品自体は、実は無価値であることがほとんどで、がらくたのような商品ばかりですが、これらをクレジットカードのショッピング枠で購入をすることで、キャッシュバックの現金が貰える形になります。こちらのキャッシュバック型の場合には、現金がスピーディーに調達することが出来るというメリットがあり、買取り方式よりも時間がかからないというメリットがあります。
しかし、デメリットもあります。それは、クレジットカード会社は、換金目的のショッピングを厳重に取り締まっていることが多く発行元によっては利用停止となってしまう可能性が高いというデメリットがあります。