クレジットカード現金化での、多いトラブルについて


キーワード
クレジットカード現金化での、多いトラブルについて

個人情報、カード情報の流出

これはクレジットカード現金化という、換金取引の際にやはり起きがちなトラブルのあり方といえますが、一番の特徴といえるところは、換金事業者自体が店舗や事務所、所在地の有無にも関わらず、換金依頼者側である利用者本人の個人情報やカード情報などを、悪質な換金事業者に本人の承諾無く勝手に悪用をされたりしてその際に、本人自身が何らかの犯罪に巻き込まれたりするようなケースが多いといった点です。こうした特徴である換金時あるいはそれ前後でのトラブルの原因としては、本人が自分自身の個人情報やカード情報などをそのような悪質な換金事業者側からの要請に何の疑いも抱く事無く、提供をしたりしてしまうような事態のあり方に問題があると考えられます。そうした点からすると、元々はその教えてしまった本人自身に一番の原因があるようにも思えますが、しかし交渉し始めの約束や取り決めなどにも無いような、このような個人情報やカード情報などを不正取得を最初から行う目的でそれを事業者側が意図をしている点を考えたりしてみると、やはり悪意が彼等の方には間違いなくあるといえます。
こうした事もあり、基本的にはたとえ信頼出来る換金事業者などではあったとしても、個人情報やカード情報などを教えないように心掛けを普段から利用者本人がしておく心構えが、非常に大切であると考えられます。とくにその中でも、カード情報などを教えたりすると、それを悪用して被害者どころか自分が何時の間にか何らかの犯罪の犯人などにされたりしてしまうような事態にもなりかねませんので、クレジットカード現金化においては要注意といえます。

クレジットカード現金化をするベストなやり方

そうした個人情報やカード情報などを教えたりしてしまう、クレジットカード現金化の際での一番多いトラブルの形としてはやはり、事業者側からそれらに関しての情報を教えてくれたら換金手数料を格安あるいは無料でサービスをしたり、高額な換金率で買い取りますよ、などといったような利益供与サービスをほのめかすような誘いを受けたりして、それでつい乗せられて、それらの情報提供を本人がしてしまうようなケースが多いという統計なども出ているようです。ここで一番のポイントは、そうした悪質な現金化事業者に限って、あらゆる利益供与サービスを必ず言葉巧みにしてくるというような点です。
まさか自分はそのような利益供与などの話には乗せられたりはしないだろう、などといったような方もおられるかもしれませんが、そのような方に限って、ついつい信用をしてしまい、クレジットカード現金化の交渉終了後において、想像もつかないような自体に巻き込まれたりするようなパターンが多いという現状があります。それではこのような事態に巻き込まれたりはしないようにするにはどうしたらよいのか、やはり、なるだけ換金に関しての交渉の際には事業者側の話をまともにいきなり聞いたりする事を避けて、実際に現金化交渉を成功させた信頼出来る一般の方を探し出し、助言をメールや電話などで会話をしながら、直接仰いでいくといったような形の方が、どうもベストなやり方であるような感じがします。

トラブルを防ぐためのベストな方法

これも今の第2段落本文で話した内容の続きになりますが、いきなり現金化事業者との交渉をしたりする事を止めて、まずは実際にクレジットカード現金化をした事がある方をインターネット上の検索エンジンなどで探し出して、そのうえで実際に様々な方法や手段でコンタクトを直接取り、信頼出来る方であったならば、それがわかった時点で初めて事情を説明しそのうえで、現金化そのものに関しての助言やアドバイス、注意点に関しての指示を仰ぐというような流れが、最善といえます。
この方が、もしコンタクトをしたりしても何らかのトラブルになりそうになったりした場合にはその場でコンタクトを止めて回避をしたりする事も可能ですので、そうした面でもお勧めである交渉術といえます。
そして出来れば、本当に信頼できる人物であった場合には直接電話やスカイプなどで話して、換金事業者との換金の場に何らかの形で立ち合ってもらう、というようなやり方のほうが安全かもしれません。本当に信頼性のある経験者である方の場合での、クレジットカード現金化での現場においての立ち合いの例といえますが、そのくらいやらなければ、確実な安全性の保証がされた現金化取引の行為自体は、やはり無事に何もなく成功をしない感じがします。場合によっては換金経験者の立ち合いの下での取引行為自体を、現金化事業者側が拒否をするような恐れなども十分に考えられます。そうした様々な事態を想定をしながら、クレジットカードの現金化の取引にのぞんでいく姿勢がとても大切です。


関連するページ