クレジットカード現金化で他人名義のカードを使うのはダメ?

クレジットカード現金化で他人名義のカードを使うのはダメ?

クレジットカード自体が他人名義の使用を禁止している

現金化に限らず他人名義のクレジットカードは使用出来ないルールを知っていますか?
もちろん拾ったカードや盗んだカードを使う行為は窃盗罪となり重大な犯罪です。
また他人に貸す人はなかなかいないかもしれませんが、家族なら貸し借りしてもいいだろうと思っている人は意外とたくさんいますよね。実際に夫のクレジットカードを普段から使っている奥様も多いと思います。
ですが、家族や子供であっても本人以外は使ってはいけないことになっています。小額でもOKと言う訳ではありません。

会員規約にしっかりと明記されている

会員規約をすみからすみまで読んでいる人は少ないと思います。細かい文字で書かれているので読む気になれない人も少なくないですよね。
ただ、読んでいないから知らないというのは理由にならないので、会員規約には一通り目を通すことが大切です。もちろん本人が良いといってもそれはダメですよ。

本人以外がクレジットカードを使ったとバレたら?

主人に怒られる

実際は他人名義のカードを使っている家庭は多いはずです。確かにバレる可能性の方は低いかもしれません。しかし、バレてしまったら取り返しのつかない事態になる可能性があります。

  • カードの支払い義務を背負わなければならない
  • クレジットカードの利用停止強制解約処分が行われる

ただ他人名義のカードを使っただけで、上記の処分は厳しいと思う人が多いでしょうが、実際にあるのです。
やはり、不正利用などがあるといけないので、厳しい処置がされているのでしょう。強制解約されたら、またすぐ作れば良いやと思っている人もいるかもしれませんが、一度信用を失っているので、再び同じカードを作るのはしばらくの間は難しいと思ってください。
家族間でも同じ扱いなので夫のだから良い、妻のだから良いと考えるのは止めておいてください。

クレジットカード現金化でも決済はご自分で

今でもクレジットカード現金化業者の中ではカード番号を聞き出し代わりに決済するところも存在しますが、それは違反行為となってしまいます。
その為クレジットカード現金化をする時は事前に手続きの流れを説明してもらい、自分で決済する方法ではない場合はキャンセルした方が無難です。詐欺罪となってしまう恐れもあります。

勝手に使われてしまっても返金不可の場合も

厳重管理!!

クレジットカードを勝手に使われてしまったら、本人に責任がないため、一見返金されるのでは?と思うかもしれませんが、保管状態によっては返金不可になってしまいます。
身内が勝手に使用した場合は管理ができていない会員と判断されるので規約違反となり、クレジットカード会社からの補償がありません。クレジットカードは簡単に使えてしまうものなので、机の上など誰もが使える場所に放置しないようにしましょう。
特に家の中だと油断してしますので、家族や友人、恋人とは言え、厳重に管理してください。

実際に起きたトラブル例

もし、知らずに他人に貸してしまったら、カード会社は一切責任を取ってはくれません。実際にあるトラブル例をひとつずつ紹介します。

  • 貸していたカードを落とされて不正利用される
  • 貸していたカード利用がばれてしまい、ショップが警察に通報した

もちろん本人が他人に貸したらいけないことを知らなくても、それは知らない方が悪いということになるので、自己責任となります。
本来不正利用は盗難保険がついているので、被害額はカード会社が補償してくれるのですが、他人に貸してしまった場合は契約違反にあたり、補償が無い為すべて自分で払う必要があります。
このように、もし何らかのトラブルがあった時に損するリスクがあります。「言わなければ分からないだろう」と思ってもカード会社が調べればすぐに分かってしまうので、隠していても意味がありません。このような重大なトラブルにならないように、人には貸さないように心がけてください。

カードの裏の署名と違う名前を書くのも禁止

絶対にやっちゃいけない

クレジットカードを利用する場合は、カード裏面の署名欄に契約者本人が自分の名前を書かなければいけません。署名はどんな字体でもかまわないですが、カード表面のローマ字で記載のある人物と一致しなければいけません。
ですので、日本ではまだここまでしっかりとチェックするショップは少ないので、もし違ってもお店の人も気づかないですし、気づいても見てみぬフリをすることもありますが、海外へ行ったら絶対に通用しません。海外でこのようなことがバレてしまったら、警察に通報されてしまう可能性があるので、日本と同じ感覚でいてはいけません。
今は海外へ行く人が多いので、このようなルールがあることをしっかりと覚えておきましょう。
また、暗証番号を教える行為も重大な違反となるので、もし聞かれても教えないで下さい。特に恋人や家族間では簡単に教えてしまうケースが多いので、絶対に教えないと心掛けましょう。

家族間でも禁止する事を忘れないように

家族カード

クレジットカードは作ったら自分のものと勘違いしている人が多いですが、それは違います。
借りているだけで所有権はカード会社のものなのです。ですので、所有者が規約で禁止している以上は利用者が守らなければなりません。違反したら何らかの罰則があっても仕方がないことです。それがイヤならクレジットカードを使わないという選択肢も必要です。

家族カードの利用も検討しよう

もし、家族にクレジットカードを使わせたいなら「家族カード」があります。
家族カードは名前の通り、カード本会員以外の家族も利用出来る追加発行のカードなので、これなら家族が使ってもOKです。
特別発行するのが難しいわけでなく、パートやフリーター、専業主婦の人でも利用することが出来ます。審査も事故などを起こしていなければ、発行可能です。
規約違反をしてしまうとクレジットカードを利用することが出来なくなってしまうので、そうなるくらいなら家族カードを別で発行して下さい。
家族カードですと現金化も可能な会社も存在します。正しく活用してトラブルが起きないようにしてください。