クレジットカード現金化で借り入れを一本化するメリットについて


キーワード
クレジットカード現金化で借り入れを一本化するメリットについて

クレジットカード現金化の有効活用法

クレジットカード現金化はクレジットカードのショッピング枠を利用して買い物をすることで、現金を手にするということができる方法です。クレジットカード現金化は、急な出費などですぐに現金が必要になった人などに手軽に利用されたりしています。
そんなクレジットカード現金化を利用すると、借り入れを一本化することができるのでしょうか?これについては、クレジットカードのショッピング代金が翌月または翌々月にクレジットカード会社から請求がありますので、その時までに返済ができるということが前提となり、可能なのです。クレジットカード現金化は、ショッピング枠の範囲内なら買い物と同様に何度でも利用ができるといえます。自分名義のクレジットカードを持っている人は原則20歳以上ならだれでも利用可能で、複数の借入先から借り入れがある人は、クレジットカード現金化で借り入れを一本化することができるのです。
例えば、借入先Aから1万円、借入先Bから2万円、借入先Cから1万5000円という借り入れがある場合、クレジットカードのショッピング枠が残っていれば、その範囲内で換金率も含めて考えて現金化が可能ならクレジットカード現金化が図れるということなのです。
ただ、金額が大きくなると、換金率などの点でそれぞれの借入先にそのまま返済した方がメリットがあるかもしれません。そのあたりはよく考えていくことがポイントと言われ、複数の借入先からの少額の借り入れについてクレジットカード現金化で一本化が可能といえます。

メリットについて

そこで、クレジットカード現金化で借り入れを一本化するメリットについてご紹介したいと思います。まず、クレジットカード現金化で借り入れを一本化する1つ目のメリットが、複数の借入先からお金を借りている場合、返済先を現金化するクレジットカード会社だけに1本化することができるということが挙げられます。複数の返済日があるとつい返済し忘れということがあるというリスクもあります。返済先をカード会社だけにすることで、翌月か翌々月の返済に1本化して返済を終えることができるといえます。また、クレジットカードの利用でポイントを貯めることができて、次のショッピングなどに活用したり、電子マネーやクレジットカード提携先の商品などと交換できるポイントなどに交換するという利用方法に活用できたりします。つまり、支払いの手間を減らすことができるという点が挙げられます。
クレジットカード現金化で借り入れを一本化する2つ目のメリットは、毎月の返済の負担額が減少する場合もあるということが挙げられます。クレジットカード現金化の換金率にもよりますが、トータルで考えた時に毎月の返済の負担額が減少する可能性もあって、検討をしてみて毎月の返済の負担額が減少するならクレジットカード現金化を行うというのはメリットがあるといえます。
そのことで、借り入れの返済のトータルの負担額を減らすことができて、借り入れ金も、翌月又は翌々月のクレジットカード会社からの請求に対する支払いで完済できます。

一本化して返済を楽に

クレジットカード現金化で借り入れを一本化する3つ目のメリットは、信用情報に借入と載らないということが挙げられます。クレジットカード現金化は借り入れをするのではなく買い物をするということなので、その人の信用情報に借入という記録はつかないのです。しかし、翌月又は翌々月のクレジットカード会社からのショッピング代金の請求に対する支払いをきちんと行うことが前提で、もしもその請求に対する返済が遅れてしまうと、信用情報に遅延の記録が乗るということになるといえます。
信用情報は融資やローンを受ける時にとても重視される情報になるため、この点は注意が必要です。
クレジットカード現金化で借り入れを一本化する4つ目のメリットは、気持ちが楽になるという点が挙げられます。複数の借入先から借り入れがあると、月の返済が複数回あって、返済日を忘れたらどうしようといった不安などがあるといえますが、クレジットカード現金化で借り入れを一本化することで、翌月又は翌月又のカード会社への支払いに一本化することができ、気持ちも楽になるという点が挙げられます。
クレジットカード現金化で借り入れ金をまとめることで、自身の借り入れ金の返済のプランがシンプルになります。大切なことは、クレジットカード会社からの買い物代金の請求に対する支払いをきちんと行うということになりますので、何をするべきかということが分かりやすく、これらの点がクレジットカード現金化で借り入れを一本化するメリットとして挙げられます。