クレジットカード現金化にする7つのポイントは?


キーワード
クレジットカード現金化にする7つのポイントは?

確実に現金化できる方法を利用しよう

クレジットカード現金化にはどんなメリットやデメリットがあるのか、バレることがないのかと色々気になることがありますが、バレてしまって利用が出来なくなることもありリスクもそれなりにあります。
現金化にする方法として2通りあります。
自分で現金化にする方法と業者に頼んでやってもらう方法です。
自分でやる方法としては、やり方によっては高い還元率で現金化にできますが先ほども述べたようにカードの利用が出来なくなることもあります。
クレジットカードを現金化にする事事態あまり良いことではないのですが、どうしてもお金が必要な時はクレジットカード現金化が便利になります。
自分でクレジットカードを現金化にしたらクレジット会社にばれないかと心配になりますが、現金化にするより専門業者を利用しインターネットで完結する方がバレにくいです。
自分でやろうとすると、かなりの時間も手間もかかる上に直ぐにお金が手元に入らないと言うことです。
また、クレジット会社もこの現金化には目をつけているのでとても危険なのです。

すぐに現金化できる方法を選ぶ

業者に依頼するときは、インターネットからとなり曜日も関係なく時間も24時間いつでも利用ができ直ぐに現金が振り込まれます。
また、何度でも利用ができ常連ともなれば還元率の待遇も受けられたり還元率も安定します。
業者に頼む場合は、手元にくる還元率は80%くらいまでになってしまいますが利用ができなくなるリスクはかなり減ります。
どちらが良いかは一概には言えませんが自分に合った方で現金化にすると良いです。
ただしデメリットももちろんあります。業者に頼むと言うことは手数料として還元率20%は持って行かれると言うことと、中には悪徳な業者もいてそこに引っかかってしまう事です。
どちらにしてもリスクはある上に、一度カード会社に目をつけられたらカードの利用ができなくなることを覚えておくと良いです。
他の方法としては。現金化の業者がキャッシュバックをしてもらう方法です。この方法は、自分のクレジットカードで買い物をしてその商品を業者に買い取ってもらう方法です。
この方法なら還元率も多少あがり90%が手元に入りますが色々な手数料と言って引かれてしまい最終的に自分の手元に入るのは80%以下になることもあります。
クレジットカード現金化にかかる手数料はどのくらいかとても気になりますよね。
この手数料は、初めから引いて換金率を教えてくれる業者はよい業者ですが、初めに伝えた手数料からまた引く業者など色々います。
悪徳の業者に引っかからないようにするには、自分なりの知識も必要となります。

現金化の仕組みを理解することも大切だ

消費者金融からお金を借りることに抵抗があったり借りることが出来ない人もいると思いますが、クレジットカードを持っていれば現金を手にする事ができます。
そんなクレジットカード現金化ってどんな仕組みになっているのか?とても疑問ですよね。
クレジットカードのショッピングの枠を使って現金を手にする方法のことなのです。
段落1でも述べましたが、買い取り方式とキャッシュバックの2通りの方法がありますが最近では、キャッシュバックの方法が主になってきています。
換金率と手数料の関係は、85%の換金率が適用の場合10万円を現金化にしようとしたとき手数料が引かれてしまい手元に残るのは85000円となってしまいますが、悪徳業者はこれ以上に利益を得るために色々ごまかし換金率を下げる業者もいるので注意が必要です。
悪徳業者に引っかからないようにするには、手数料の事も知っておくと良いです。
クレジットカードを現金化にと思う時は、急を要するときや金策の手段がなくなった時最後の手段として利用することが多いです。
利用者が増えてくればその分カードの現金化にする業者も増えて来て利用者側にすればたくさんの会社から選ぶことができ便利になってきました。
インターネットで検索したらたくさんの業者の名前やそれぞれの特徴など大きく記載されて比較もしやすくなって便利ですが、あまり見すぎてしまい逆に迷ってしまうケースも少なくないでしょう。
その中で優良の業者を選ぶことは大変ですが、基準がしっかりしていれば悪徳業者に引っかかることはないです。
先ほども書きましたが、10万円をお願いした時手数料を引いて手元に85000円だけになってしまうのは仕方ないことですが、中にはもっと手元に残りますと言っている業者は怪しんだ方が良いです。
換金率が95%と言ってもそこから色々名目を付けて引かれてしまい最終的には80%以下になってしまうことになります。
実際に銀行に振り込まれた金額を見た時65%の分しかないこともありますので上手い話はないと思いながら業者を選ぶと良いです。


関連するページ