クレジットカード現金化の人気が衰えないのはなぜ?


キーワード
クレジットカード現金化の人気が衰えないのはなぜ?

不景気によるクレジットカード現金化を利用する状況

まず挙げられるのが、 クレジットカード現金化が人気かどうか以前に、そうせざるを得ない状況に追い込まれている人がたくさんいるからではないでしょうか。結婚したくないと考える若者が増えている理由として低賃金が挙げられていたり、非正規雇用で働く労働者が増えていたりと、とにかく皆が低賃金の中でギリギリの生活をしているのです。たとえギリギリでも黒字が続けば問題はありません。しかし、病気やケガなどで突発的に働けなくなったり、急な出費が必要になったりと、どこかで収支のバランスが崩れることはあるものです。そんなときにキャッシング以外で頼れる方法は、 クレジットカード現金化以外ないという方も多いのではないでしょうか。急場を凌ぐ方法として、不要品を買取店へ持って行って売る、という方法もあります。しかし、お店が既に閉まっていたら?ネットオークションで売るにしても、必ず買い手が付くとは限りませんし、誰かが買ってくれるにしても、今すぐとは限りません。一週間後かもしれないし、それ以上かもしれまん。それ以前に、労力の割にかなりに低価格で買い叩かれる恐れもあります。個人からネットでものを買う理由は”安いから”。安く買うことが目的で集まっている人たちに向けて、たいしてお金にならないものを労力をかけて売るというのは、時間のある暇なときにすべきことであり、ショッピング枠の現金化をしなければならないほど追い込まれている人の取るべき行動ではありませんよね。

急場の資金調達が可能なのはクレジットカード現金化だけ

さて、 クレジットカード現金化してでも資金を調達しなければならない理由として、”急いでいる”というのが挙げられるでしょう。キャッシング以外で、今すぐ確実に資金を調達する方法、ショッピング枠現金化以外で何か思いつく人、どれくらいいるでしょうか?資金調達の方法自体は、不用品販売以外にもあります。一度に大金を得る、または借りる方法として、治験に参加したり、国から借りるといった方法もあります。しかし、どれも時間がかかる。個人年金や生命保険の解約はできれば避けたいですが、積み上げてきたお金が自分の元へ戻ってくる方法ではあります。ただし、指定の銀行口座へ保険会社からの払い込みがあるまでには、解約に必要な書類が送られてきてからそれらを記入し返送、保険会社が内容を確認し手続きを終えて、こちらが指定した銀行口座へ解約返戻金が振り込まれる。この一連の流れが終了するには数日かかるでしょう。まとまった金額を今すぐに手にするには、 クレジットカード現金化しか方法は有り得ないでしょう。知人などに頼らずお金を瞬間的に得るには、預金をおろすか、キャッシングの利用以外では、ショッピング枠現金化以外あり得ません。お金は問題解決の手段です。スピードが重視される現代社会において問題解決するためには、そのための手段であるお金を素早く調達することが必要になります。カードのショッピング枠を現金化するというサービスは、まさしくスピード社会で生き抜くための問題解決の手段を利用者に提供している、時代に即したサービスといえるでしょう。

クレジットカード現金化のサービスは無くならない

一番早い方法としては、知人を頼り、頭を下げてお金を貸してもらうことかもしれません。でも、私たちは小さいころからこう言われて育ってきましたよね。「親しい者同士でお金の貸し借りをしてはいけません」と。お金を貸してと頼まれても断りなさいと教えられてきました。それに、実際お金は人間関係を破壊するのに絶大な効果を発揮します。お金の貸し借りはビジネスとして行われるべきものであり、友人や家族といった有機的な繋がりのなかで行われるべきことではありません。その点、クレジットカード会社はお金を貸す事をビジネスとして行っています。私たちはクライアントとして、カード会社のサービスを享受する権利があります。この正当な権利を正しく利用させて頂き、その範囲内で買った自分の所有物を販売し、現金を得る。このように、なんの後腐れもなく、誰も不幸にならず、誰もリスクを負う事なく、まとまった金額を、即入手する方法が、クレジットカード現金化以外にあるなら、そちらを利用してもいいでしょう。しかし、そんな方法があるとすれば、携帯電話の決済サービス現金化くらいであり、やはりショッピング枠を使ってお金を得るという方法以外にはないのが実情です。これだけ根強い人気を誇るサービスですから、クレジットカードというサービスがこの世から消えない限り、現金化という行為もなくなることは有り得ません。確実に、明日を生きるためにクレジットカード現金化を必要とする人々がたくさんいるからです。


関連するページ