クレジットカード現金化の支払いはいつするのか?


キーワード
クレジットカード現金化の支払いはいつするのか?

支給現金が必要な時に利用する現金化

クレジットカード現金化は、クレジットカードのショッピング枠を用いて行うショッピングです。ショッピングをして得たものを買取してもらうと、買取によってもらえる現金があります。クレジットカードで買い物もして、それを中古ブランドショップなどに持って行ったりして買取をしてもらい、現金を手にするプロセスのことをクレジットカード現金化と呼びます。
クレジットカード現金化を行うと、1万円のものを買っても、それよりも安く買い取ってもらうということになって、最終的には損になってしまいます。しかし、そうすることで、急な冠婚葬祭などがあって、至急現金が必要という場合などに現金を得られるので、香典などを用意できるというメリットがあるといわれているのです。
そして、来月の給料などが入ってきたら買い物代金の請求などが同じタイミングくらいにあるため、帳尻が採れるということなのです。クレジットカード現金化は基本的にはショッピングなので、ショッピング代金の支払いを行う必要があります。この点はクレジットカード現金化を行う際にとても重要なポイントで、クレジットカード会社によって決められた方法で、決められた日時に請求が行われるようになっています。
指定された期日に行われるショッピング代金の支払いをきちんと行うことがクレジットカード現金化を行う際にはとても大切なことなのです。信用を保つという意味でも、支払いについてはきちんと行うということが必要です。

支給日について

クレジットカード現金化を行うと、ショッピング代金の支払いを行うことになります。通常で1活払いでの支払いなら、ショッピング代金の支払い日は翌月か翌々月に行われるようになる場合が多いといえます。
代金の引き落としや支払い日は、ショッピングの情報がクレジットカード会社に届いてからの請求になり、買い物をした時に使ったクレジットカード会社によってあらかじめ指定されています。ショッピング代金の支払日はクレジットカード会社によって、月々の締め日や支払日が異なっていますので、使用するクレジットカード会社のホームページなどで確認をしておくことがおすすめです。
例えば、JCBカードなら、毎月15日締めの翌月10日払いとなっています。三井住友カードの場合は、カード会員による選択ができて、毎月15日締めの翌月10日払い、もしくは毎月末締めの翌月26日払いから選べるようになっています。UFJを含むMUFGカードなら、毎月15日締めの翌月10日払いなどになっています。
このように、クレジットカード現金化での支払いについては用いるクレジットカードを発行している会社によって独自に決められていますのでよく確認しておくことが大切なのです。
大切なのは、支払いを行う日までにショッピング代金をきちんと用意しておいて、支払日にはきちんと引き落としなどができるようにしておくということなのです。つまり、買い物代金の支払いが滞ってしったりして滞納しないようにしなければならないのです。

クレジットカードの支払いに関する注意点

クレジットカード現金化の支払いはいつするのかという点については、基本的に利用するクレジットカード会社の指定する締め日や引き落とし日によるといえます。クレジットカード会社は締め日までに到着したカードの利用情報については翌月の請求として処理を行い、それ以降に到着したカードの利用情報については翌々月以降の支払いとして処理をするということになるといえます。
ショッピング代金の支払い日に、ショッピング代金を支払うということがクレジットカード現金化を利用する上でたいへん重要になります。
もしも、その日までにショッピング代金が用意できずに、支払いが行えなかったということになると、後々様々なデメリットが生じてしまいます。ショッピング代の滞納があると、自身の信用情報にも記録が残ってしまい、今後新たにクレジットカードを作ったり、ローンを組んだりすることができなくなってしまいます。そのため、クレジットカード現金化を行おうとする場合には、その前に支払いの計画が立てられるかという点をしっかりと考えておくことが不可欠になります。
無理な買い物をするとその後の支払日に支払代金が用意できないということになりますので、その点にはしっかりと注意しておきましょう。
このようにクレジットカード現金化を行うと、クレジットカード代金の支払いがあります。その支払いがいつになるのかというのは、利用するクレジットカード会社によって異なっています。


関連するページ