クレジットカード現金化の高換金率であるお店の見つけ方


キーワード
クレジットカード現金化の高換金率であるお店の見つけ方

現金化業者選びは慎重に!

そもそも、クレジットカード現金化そのものは違法ではありませんが、現金化を容易にされたりすると、どうしてもクレジットカード会社としてはその分の債務回収が出来るかどうかについて不安を感じ、現金化の動きが借主の方にあったりした場合に感じたら、直ちにカード利用の停止を行うようになったりします。それだけでは無く、その利用停止の時点でカード会社が信用保証協会やCIC社などへその旨を連絡し、そのため現金化をしようとした借主本人の信用情報に傷が付いたりして、破産宣告などをしたりする際には、それをきっかけとして裁判所に認められなかったりする場合がありますので、とても要注意といえます。このため、絶対にカード会社側に現金化の行動の動きを察知されないようにしていく必要性がどうしても出て来たりします。また、現金化専門業者の中にも様々な事業者がいますので、最悪の場合にはカードのみを受け取り、音信不通になったりして後日その現金化業者が悪用をしていたり、あるいは手数料名目でその換金率自体をごまかされて本人にはほんの10%以下くらいしか現金が渡されたりしない、等々、様々なトラブルなどが多く考えられますので、現金化業者選びは慎重にやっていかなくてはなりません。このため、まずはやはり、現金化そのものを急いだりするのではなくて、インターネット上での検索結果や、現金化に関しての詳しい信頼出来るユーザーの方のブログの内容とかを参照にしながら、高換金率でクレジットカード現金化が可能なところを見つけていく事が必須といえます。

換金率だけではなく手数料も気に欠けよう

そしてここの段落で、高換金率で現金化が出来るうえに、プライバシー保護や配慮などの面において信頼出来る、クレジットカード現金化を専門的に行っている事業者の見つけ方について、詳しく触れていきます。異常に換金率が高い表示や、確実に現金化の際での保証があるというような謳い文句を、言葉巧みに自らの公式ページ上に掲載をしているようなところは、明らかに要注意といえます。そのうえ、そこの責任者や役員の方のプロフィールや事業者の所在地、実態の概要などが掲載をされたりしていないところなどは、断然回避をしていくべきものと思われます。そうでないとカードそのものを取られたうえに、現金化がなされないうえにそれを悪用されたり、個人情報の売買などが闇ルートなどでなされたりする恐れがありますので、それらの面を考えても、回避は必須です。そこでまず、現金化専門業者の公式ページ上にある、換金率や換金に掛かる手数料の相場の情報を確認する事から始める事にします。すると、82%から89%くらいの換金率で、手数料金額が低めな事業者が目に付いたりするものと思われます。そう、実はここが、クレジットカード現金化を行う際での大きなポイントに他なりません。なるだけ換金率値が高いところでは無くて、換金率が程よい高さであり、そのうえ、手数料が極力安いところを、選んでいくような方針がとても大切です。そうしたところではプライバシー保護・配慮なども徹底するようにしていますので、先程の胡散臭い事業者などよりは明らかに信頼出来ます。

業者と換金率の交渉を積極的にやろう

これも先程ある程度触れましたが、異常な現金化の高換金率や保証に関する謳い文句を並べていて、自らの実態なども公開をしていないようなところは、まずは信用出来ないと見ておいた方が無難です。また、こうした怪しいところなどは、実際に現金化の際には現物の現金でわずかしか換金額を支払わないようにする悪質なところが多いので、この点についても気を付けておかなくてはなりません。一方、これも先程話した、換金率についての実態や手数料の実質金額の情報などを正直に公表したりしている事業者などのところは、換金の際にはなるだけ、お客さん側に信頼をしてもらうためにも、Amazonなどの商品券や楽天などのポイントという、現金以外の安全な形で、クレジットカード現金化をしてくれるところが通常であり、中には手数料そのものを大幅に割引をしてくれたり、あるいはなんと、無料サービスをしてくれるようなところもあったりしますので、それだけにお客さんである現金化希望者の方の立場を、本当によく考えてくれているといえます。こうした形こそがまさに本物の、クレジットカード現金化を行う専門事業者といえます。この事からも、ここでの実質的な高換金率というものについては、大体87%前後あたりがそれに該当するものと考えられます。このような換金率の値の相場を目安にして、なるだけ自らの全ての事業者としての実態を明らかにしている事業者とのアクセスを行い、換金交渉をしていく形がベストといえます。