クレジットカード現金化はキャンセルできるのか


キーワード
クレジットカード現金化はキャンセルできるのか

クレジットカード現金化はキャンセル可能

やっぱりクレジットカード現金化をキャンセルしたいと思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
クレジットカード現金化サービスは、換金率が高いといえど、100%の換金率ではないので、現金を調達する場合には、少し損をしてしまうシステムになります。クレジットカード現金化を利用したいと思って、申込みをしてみたけれど、やっぱりキャンセルしたい…という方や、途中で気が変わってしまったので、キャンセルしたい…という方も居ます。
また、クレジットカード現金化自体が不安なので、キャンセルをしたいという方もいらっしゃるのではないでしょうか。途中で現金調達が出来てしまったので、キャンセルしたいという場合もあります。
この場合、クレジットカード現金化をキャンセルすることは、果たして可能なのでしょうか。
通常のショッピングであれば、ショッピング自体をキャンセルすることが可能です。しかし、クレジットカードの現金化は、元々、カード会社に禁止とされている行為ですので、カード会社にキャンセルの申し立てをすることは出来ません。
このため、キャンセルをしたい場合には、クレジットカードの現金化業者に直接交渉をして、そして現金を返却してもらうという必要があります。しかし、これは可能なのでしょうか。実は、クレジットカードの現金化に関しては、申込みをした直後、決済前ならば、なんとかキャンセルをすることが出来るといわれています。詳しく見ていきましょう。

クレジットカード現金化のキャンセルは業者に必ず伝える

クレジットカード現金化をする場合には、まずはクレジットカードの現金化業者に申込みをして、本人確認書類などを提出し、本人確認を済ませる必要があります。クレジットカード現金化をキャンセルしたい…という場合には、これらの申込み、本人確認後ならば、キャンセルをすることが出来るといえるでしょう。
これは、なぜなら、この段階では、まだ決済が行われていないからです。決済がまだ行われていないということは、クレジットカードの現金化は、そもそも中古品の買取によってやりとりをしますので、まだ契約が結ばれていないということになります。
決済が行われていなければ、申込み、本人確認が終わった後でも、クレジットカード現金化をキャンセルすることが出来ます。
さらに、このように業者にキャンセルを伝えたとしても、特に、キャンセル料なども一切かかりません。
しかし、このときに、きちんと、クレジットカード現金化業者に、キャンセルをするという旨を伝えないと、キャンセルが成立せず、電話がかかってきたり、手続きがそのままになってしまいますので、きちんとキャンセルする旨を業者に伝えるようにしましょう。
このように、クレジットカード現金化は、決済前ならば、キャンセルは非常に簡単であるといえるでしょう。しかし、問題は、決済後のキャンセルです。クレジットカードの現金化は、一度決済を済ませてしまった場合には、キャンセルをするのは難しくなってしまいます。

キャンセル料を取る悪徳業者には注意が必要

クレジットカード現金化を決済後にキャンセルをするのが難しい理由にはいくつかの理由があります。まず、クレジットカード現金化業者によっては、利用者からキャンセル料を取ろうとしてくるような、悪徳業者も存在しているからです。
利用者がキャンセルをしようとすると、キャンセル料を10%~20%ほど請求してくるような、悪徳業者もありますので、十分に気をつけるようにしましょう。
また、クレジットカード現金化のキャンセルを、決済後に行おうとした場合には、カード会社に連絡をして、返金をしてもらうという方法があります。しかし、この方法の場合には、カードの規約違反になってしまいますので、カードの利用が停止されてしまうという恐れがあります。
また、現金化業者と交渉をして、現金を返却してもらうという方法もありますが、この場合にも、スムーズに応じてもらえるかどうかは分かりません。
また、クレジットカードの会員が強制退会となってしまうのを覚悟の上で消費者センターに駆け込むという方法もあります。
元々、クレジットカードの現金化というのは、カード会社に知られてしまうと、利用者がカードの利用停止になってしまうものです。このため、決済後に円満にカード現金化をキャンセルするのは非常に難しくなってしまいます。
しかし、決済後から時間が経ってしまうと難しいですが、決済してすぐにキャンセルをしたいというのであれば、キャンセルを受け付けてくれる優良業者も存在しています。