クレジットカード現金化はクーリングオフが利くのか


キーワード
クレジットカード現金化はクーリングオフが利くのか

クーリングオフすることは難しい

最近では、クレジットカード現金化を利用する方も多いのではないでしょうか。クレジットカード現金化は、すぐにでも手元に現金を調達したいという場合に、非常に便利な方法であるといえるでしょう。しかし、場合によっては、クレジットカード現金化を申し込んでみたものの、やっぱり不安になり、後から、クーリングオフをしたい…というケースもあるといえます。
そこで、クレジットカードの現金化はクーリングオフが利くのでしょうか。
結論から言うと、クレジットカードの現金化は、よほど極めて限定された状況でない限り、クーリングオフをすることは出来ません。
クーリングオフが全く出来ないというわけではありませんが、実際にクーリングオフによっての救済は非常に難しいですし、極めて困難であるといえるでしょう。
このため、後からクーリングオフをして、なんとかしようと考えるのは、極めて難しいと考えておくと良いでしょう。
そもそも、クーリングオフという制度に関してですが、クーリングオフは、クレジットカードの現金化の場合には、特定商取引法が適用される場合にのみ、クーリングオフが出来ることになります。
しかし、クレジットカードの現金化は、その特性上、こちらの特定商取引法が適用されないという可能性の方が高いといえるでしょう。このため、非常に限定された機会においてしか適用されないといえるでしょう。
これには、いくつか条件があります。そこで、その条件とはどのような条件なのでしょうか。

クーリングオフができるケース

クレジットカードの現金化で、クーリングオフができるのは、ある特定の場合のみであるといえるでしょう。
そのケースについてですが、まず消費者として、電話勧誘、あるいは訪問販売などを受けて、クレジットカードの現金化を行った場合には、クーリングオフできる可能性が高いといえるでしょう。
クレジットカード現金化のクーリングオフですが、まずはほとんどの場合において、クーリングオフが適用されません。しかし、電話勧誘販売、または訪問販売を受けて、クレジットカード現金化を行った場合には、特定商取引法において、クーリングオフが出来る可能性が高いといえるでしょう。
しかし、この訪問販売というのは、いわゆる飛び込み営業を差しますので、ほとんど訪問販売をしていないクレジットカード現金化においては、こういった訪問販売は、当てはまらないといえるでしょう。クレジットカードの現金化業者の勧誘方法としても当てはまらないため、ほとんどこういった勧誘はありません。また、電話勧誘販売というのも、テレコールなどの電話勧誘の場合に、クーリングオフが出来ますが、クレジットカード現金化の勧誘には当てはまらないといえるでしょう。
クレジットカード現金化を行う場合には、自分から店舗に出向いたり、またインターネットから申し込む場合がほとんどですので、これは事業者間の取引になります。特定商取引に当てはまらず、クーリングオフが出来ようされないのです。

クーリングオフができない理由

また、クレジットカード現金化がクーリングオフできない理由として、通信販売などが規制されているという事情もあります。
特定商取引法というのは、インターネットでのオンラインショピングなどを含めた、通信販売が規制対象となっています。
このため、ホームページや、サイトから直接申込みをするような、クレジットカード現金化のサービスなども、この規制対象となってしまいます。
特定商取引法では、通信販売では、クーリングオフ制度を設けていません。
さらに、クレジットカードの現金化を行う場合には、あらかじめホームページ上に、キャンセルができないといった特約が書かれていることが多いです。この特約が書かれているため、元々キャンセルをすることが難しくなっています。
さらに、クレジットカード現金化のサイトの規約には、クーリングオフが出来ない旨があらかじめ書かれていることがほとんどです。このため、自主的に申込みを下地点で、この規約にも同意したと見なされてしまうため、クーリングオフをすることが出来なくなってしまうのです。
クレジットカードの現金化では、このようにクーリングオフを利用することは非常に難しくなります。このため、申込みをしたけれど、やっぱりキャンセルをしたいという場合には、決済を済ませてしまう前に、キャンセルを早めにするように心がけましょう。
クーリングオフが出来ないのであれば、通常の手段でキャンセルの手続きを取る敷かないといえます。


関連するページ