クレジットカード現金化は債務整理をすることができる?


キーワード
クレジットカード現金化は債務整理をすることができる?

クレジットカード現金化と債務整理について

クレジットカード現金化はクレジットカードのショッピングを利用して行うショッピングです。急に現金が必要になったという場合などに、買い物をすることで、現金を入手できる方法としても注目さ、近年多くの人に手軽に利用されるようになってきました。
そんなクレジットカード現金化ですが、現金を用意する手段として便利だからという理由で借りていると、思わぬ落とし穴があることもあるのです。債務整理という債権整理の方法がありますが、債務整理を行う時に思わぬ点で困るという場合もあるといわれています。そこで、クレジットカード現金化と債務整理について、クレジットカード現金化は債務整理できるのかといった点についてご説明したいと思います。
債務整理とは、個人の債務を整理する手続のことで、借入金の額を減らして、重い利息の負担などから多重債務者を救済するという目的のために設けられた制度です。具体的には任意整理や個人再生、自己破産などがあります。
クレジットカード現金化を行う場合、これらの債務整理時にデメリットが発生するというリスクがあるといわれています。全ての債務整理においてデメリットになるということは一概には言えないのですが、クレジットカード会社へショッピング代を返済できなくなるといった状況になってしまうのなら、はじめから現金化をしない方がいいということは言えると考えられるのです。そこで、これからその理由について債務整理の観点からご説明したいと思います。

任意整理と個人再生、自己破産について

クレジットカード現金化は借入金ではなく、ショッピングを行うことで間接的に現金化を行う方法です。しかし、借入金があるという人がクレジットカード現金化を行う場合、クレジットカード現金化を行うことで借入金自体が減るということはなく、むしろ増えるといえるのです。
クレジットカード現金化は借入金ではありませんし、クレジットカードのショッピング枠が結果的に現金化されたということになるのですが、ショッピング代金の支払いに責任をもてる場合以外の利用は控えるべきと考えられています。
例えば、多重債務をもつことによって困った人が多重債務の救済措置である債務整理を利用する場合について考えてみます。債務整理を行うことで、これまでの借り入れ金を整理することができます。
任意整理を行う場合、弁護士に依頼して債権者と交渉をしてもらい借金減額などを行ってもらうという方法で借入金の対策を行っていくことができます。任意で行われるものなので多くの場合、クレジットカード現金化という方法が行われていても手続きを受け付けてもらえる場合が多いでしょう。
個人再生は、裁判所を通じて借入金を大幅に減額し、残りの借入金の返済を行う方法になります。借金の理由については不問で手続きを進めることができる方法です。
そして、自己破産という方法についてはこれまでの借り入れ金を0円にすることで、新たな生活再建を測っていく方法です。この方法は、いわゆる最終手段といわれている方法です。

クレジットカード現金化をしていても自己破産はできる

債務整理の中で自己破産という方法は最終手段として撮られる方法で、それを行うためにはいつかの条件があり、条件が満たされた場合に行うことができます。しかし、免責不許可という事由に当てはまる場合には、自己破産はできないということになっています。そして、クレジットカード現金化は免責不許可事由というのに当てはまることがあるのです。
免責不許可事由に当てはまると借入金を0円にすることができないといわれています。返済できないほどの多額の債務がある場合には自己破産が選択されることが多くあります。しかし、クレジットカード現金化を行っている場合には自己破産はできないのです。
しかし、クレジットカード現金化を行った金額により、自己破産できる場合もあるため、そのような場合は、一度弁護士に相談をすることが推奨されます。
このような点がありますので、クレジットカード会社へ返済できなくなるということになるのであれば、始めからクレジットカードの現金化をしない方がいいと考えられているのです。
しかし、クレジットカード現金化は手軽に現金を手に入れる方法として最近注目を集めている方法で、利用する人も増えています。その中には、クレジットカード会社へ返済が滞っているという人もいるといえ、近年の債務整理を行った方々の事情から、クレジットカード現金化については、返済に責任がもてる範囲内での利用にとどめるということが強く推奨されるといえます。


関連するページ