クレジットカード現金化は後からキャンセルすることができる?


キーワード
クレジットカード現金化は後からキャンセルすることができる?

キャンセルするときはどんな時

クレジットカード現金化には、大きく分けて2種類の方法があります。
1つはキャッシュバック方式と呼ばれる方法で、現金化といえばこれが主流だと言っていいでしょう。この方法では実際にクレジットカードを利用してショッピングを行い、その商品の購入特典としてのキャッシュバックを受けるという形でショッピング枠を現金化します。
よって、所持しているクレジットカードのショッピングさえ空いていれば、誰でも簡単に利用することができます。利用するクレジットカード現金化業者によって決められている範囲で自由に利用金額を決めて、その金額のおおよそ8割程度を現金で銀行口座までキャッシュバックとして振り込んでもらいます。要はその業者からクレジットカードでショッピングを行うだけなので、とても簡単に利用できますが、これを行った後でやっぱりキャンセルしたいと思ってしまう場合もあるでしょう。と言うのは、利用した分全額が現金になる訳ではないので、差額は自分で負担することになります。
利用金額が大きくなると、この自分で負担する額も馬鹿にならなくなります。例えば50万円分の現金化を申込んだ場合、約10万円がそうなってしまいます。
このことから、現金化の申し込みを行ってから「やっぱりやめたい」と考えてしまっても特におかしいことではありません。ですが、一度決済されてしまったクレジットカードでのショッピングをキャンセルするのは、決済した業者側でその処理を行う必要があります。

キャンセルするとキャンセル料は取られるのか

利用したクレジットカードで既に決済が行われた後でも、業者側でキャンセル処理をすれば、その分は後から支払いをする必要はありません。明細上では例えば10万円を利用すると、10万円の利用分とマイナス処理で同じく10万円という内容になり、要はそのショッピングは最初から無かったと同じだと考えていいでしょう。
ですが、クレジットカード現金化業者側で決済を行ったということは、その分のキャッシュバックの振り込みを受けているということになります。業者側からすると、既にお金を払っている後なので、キャンセルを伝えてもまず聞いてくれることはないでしょう。
決済が行われる前で、キャッシュバックも受けていない状態であれば、まだクレジットカードによるショッピング自体が成立していないので、当然キャンセルも簡単だと考えるでしょう。業者側でその現金化の申し込みは最初から無かったということにしてもらえばいいだけです。
しかし、一度申し込みをしてしまうと、決済前であってもキャンセルは一切受け付けていない業者の方が圧倒的に多いのが実情です。キャッシュバックによる現金化を受け付けると、そのシステムから、業者側は確実に利益になります。要は一度掴んだ客を簡単に離すようなことはしないということです。
中にはまだ決済やキャッシュバックの前であれば、キャンセルを受け付けてくれる業者も存在するかも知れませんが、まず期待しない方がいいでしょう。クレジットカード現金化業者によっては、受け付け時に「今後のキャンセルは一切できない」ときちんと説明をしてくれますが、これが無かった場合でもキャンセルは不可能だと思ってください。

買取方式の現金化業者の場合はどうなのか

もう1つのクレジットカード現金化の方法として、買い取り方式があります。こちらはキャッシュバック方式とは違い、業者側の指定した商品をどこかでクレジットカードで購入し、それを買い取ってもらう形で現金化する仕組みです。
この方法を選んだ場合、購入した商品をそのクレジットカード現金化業者まで送る前であれば、購入店の対応次第でキャンセルすることが可能です。
中には一切返品ができない商品もあるかも知れませんが、買い取り方式で指定している大抵の商品は高額な電化製品や高級ブランド品です。これらを購入店まで持ち込んで返品することで、利用したクレジットカード会社にキャンセル処理を行ってもらえます。この場合は特に問題になることはなく、普通に返品を行うだけです。
後からキャンセルができるという意味では、この買い取り方式の方が安心だと思うかも知れませんが、キャッシュバック方式と比べて実店舗などで指定の商品を購入してくる手間と、更にそれを現金化業者まで発送する手間が掛かります。よって、現金化の手段としては主流とは言えず、金券ショップのようなところで金券の買い取りのついでに行っていることも多いです。
現金化を思い付いてからキャンセルをするとなると、キャッシュバック方式の場合はまず不可能で、買い取り方式でも実店舗からの購入の場合は返品をしに行く手間が、通信販売でもその旨の連絡をした後に送り返す手間があります。返品として送り返す場合、その際の送料は自分持ちになってしまうことがほとんどなので、その分は持ち出しになってしまいます。
このようなことから、クレジットカードの現金化は行う前に慎重に判断するべきだと言えます。これを考えるような状況の場合、後からキャンセルをするようなことは比較的少ないかも知れませんが、一度冷静になって、キャンセルはまずできないと分かった上で利用することが大切です。