クレジットカード現金化時に写メを送るよう言われたけど大丈夫?


キーワード
クレジットカード現金化時に写メを送るよう言われたけど大丈夫?

写メで送るのはやめた方が良い

クレジットカード現金化はクレジットカードのショッピング枠を利用して行うショッピングです。手軽に現金を手にすることができる方法として注目されていますが、クレジットカード現金化を行う時にはクレジットカードの不正利用を防止するという意味でも、身分証明書を提出することが必要とされています。
クレジットカード現金化は、インターネットにお店を構える業者などもあって、自宅から外出せずにクレジットカード現金化サービスに申し込めるところもあるのです。自宅などで手続きを行う場合、クレジットカード現金化業者に身分証明書を見せることができません。そこで、業者にはクレジットカード現金化の手続きを進めるために、写メを送って身分証明書を提出を送るように伝える業者がいます。しかし、クレジットカード現金化の際に写メを送るように言われて不安という人もいるのです。
これについては、身分証明書の提出を行う時には、できるだけ写メで送らない方法の方が安心といわれたりしています。例えば、別のデジタルカメラで写真を撮って、パソコンに取り込んでからメール添付して送るという方法などがありますが、手っ取り早く贈るにはファックスを利用する方法などもあるのです。自宅にファックスがないという人も、コンビニには画像データを送信するサービスが利用できますので、ファックスを送ることができます。また、郵送で身分証明書を送るという方法もあります。ただ、郵送で送ると即日の現金化サービスは利用できないといえます。

書類を送る時の注意点

クレジットカード現金化サービスはカードの不正利用を防ぐために、利用する時には身分証明書を送る必要があるのです。その際には写メや郵送、ファックスやメール添付などの方法で業者に身分証を提出しますが、業者によって対応している方法は異なります。そのため、クレジットカード現金化に申し込む場合は、ファックスや郵便などに対応しているかどうかを確認しておくことがおすすめです。できるだけ、写メではなく、ファックスや郵送などがおすすめです。郵便で送る場合はコピーを取ったものを送るようにしましょう。
例えば、身分証明書にマイナンバーが掲載されているものを用いる場合は、ナンバーを隠してからコピーをとれます。また、本籍地も隠してから送って大丈夫です。
しかし、クレジットカード現金化では、クレジットカードについては裏表問わずに、写メを送らない方がいいといわれたりしています。決済会社で決済が下りればいいのでクレジットカードの情報を教える必要はないといわれたりしているのです。もしも、クレジットカード現金化業者から執拗にクレジットカード情報を送ってくるよう言われたら、そのような業者はできるだけ利用しないほうがいいといえます。クレジットカード現金化業者の中には、不正使用を狙って、クレジットカードの裏表を写メで送るように言ってくるところも存在するといわれ、その場合には、店舗を開設している業者などのところで現金化を利用するなどをする方が安心です。

安心してクレジットカードを現金化する為に

クレジットカード現金化は詐欺も多いサービスだといわれていて、クレジットカード現金化サービスを利用する時には信頼できる業者を選ぶことがとても大切になります。そのため、業者の口コミや運営会社などの情報を事前に確認しておくようにしましょう。
もしもその業者が悪徳業だった場合に、あらかじめ予防策を講じておくということも必要といえます。例えば、申し込む際のメールアドレスをフリーメールアドレスでつくったり、振込みをしてもらう振込先口座は、いつでも解約できるものを用意するといった方法で対策を講じておき、その業者が悪質な業者であったことが分かった時には、その口座を解約することができます。もしも悪徳な業者に口座が知られてしまうと、勝手に振り込みをされて無理やり貸付けられたという被害などに遭うかもしれないといわれていますので、そのような対策を事前に行った上でクレジットカード現金化サービスに申し込むようにした方が安心だといわれたりしています。
クレジットカード現金化サービスを利用する際には、クレジットカード現金化比較サイトなどを見て人気のあるサイトや、昔から店舗を構えているよく知られている業者で、店舗型でサービスが申し込める方が安心感が高いと言え、そのような現金化サービスを利用する方が安心です。
クレジットカード現金化サービスを利用する際には、よく知らない業者のサービスよりもより安心してサービスを利用できる業者のサービスを利用する方が安心です。また、業者に言われるまま写メで大切な個人情報を何でも送らないことが重要といえます。


関連するページ