ゴールドカードの審査について


キーワード
ゴールドカードの審査について

審査の易しいゴールドもあります

ゴールドカードはクレジットカードの一種で、一般的なクレジットカードよりもステイタスが高いカードで、黄金カラーに輝いているカードという特徴のあるカードです。ゴールドカードは一般のカードに比べてハイステイタスなのは、年会費が一般カードより高いからだといえます。そんなゴールドカードの審査は、一概には言えませんが基本的に審査が厳しいゴールドカードとそうでもないと言われるゴールドカードがあります。審査が厳しいゴールドカードのステータスは高くなっており、審査の易しいゴールドカードのステータスは比べると低くなっているといわれています。
審査がそれほど厳しくないゴールドカードの傾向は、最低限度額が低めになっていて年齢制限も低く、年会費のリーズナブルと言われており、ゴールドカードの審査基準は一般的なクレジットカードの審査基準より高くなっているといわれています。ゴールドカードをつくるためには、そのゴールドカードの審査基準を満たしていくように、一般的なクレジットカードを使っていくことが有利だと言われています。
一般的に、ゴールドカードの審査は年収やクレジットカードの利用履歴と借入金の有無がポイントになると言われています。以前は30歳以上の連例で、年収は500万円以上というものだったと言われていますが、現在は、年齢制限が低くなって、年収も400万円以上とも言われていますが、作りたいゴールドカードによってこの点は若干異なってくるようです。

楽天のゴールドカードは審査が甘い

ゴールドカードの審査の難易度は年会費無料のクレジットカードと大きく違わないと言われたりしています。楽天のゴールドカードは年会費税込2160円で、年収が150万円くらいのフリーターの人も作成できる可能性が高いと言われています。そのため、正社員である必要性はなく、持ち家がなくても携帯だけで、固定電話がなくても発行してもらえる可能性が大きいと言われています。
ゴールドカードを申し込む時に行われる審査では、申込者の職業や勤続年数などの項目について総合的に審査が行われます。
申込者の職業については、公務員や大手企業などに努める会社員などはゴールドカード審査に有利といわれています。理由は安定収入があるため、返済能力については高いと判断されるからです。また、契約社員や派遣社員、自営業者やアルバイト、フリーターや無職の人は収入が安定していないと判断される傾向があり、審査の厳しいゴールドカードではこの点は不利かもしれませんが、学生や20代の人の場合はヤングゴールドカードは審査が通りやすいと言われたりしています。
ゴールドカードの審査では勤続年数の長さが評価されます。勤続年数が長いと勤務先が安定していると考えられやすく、居住年数の長さも審査に関わってきます。同じ家に長く住んでいると夜逃げの可能性が減ると考えられたりしています。家族構成もポイントで、実家住まいで親と同居している場合や既婚者の場合は評価が高くなるといわれます。

クレジットカード会社の審査のポイント

クレジットカードを申し込む時の審査では、個人信用情報機関に登録されるクレジットヒストリーが重視されています。個人信用情報機関は、個人のクレジットカード利用履歴などの信用情報を金融機関から集めて登録する機関で、金融機関からの照会に基づいて、その情報を提供している機関です。そのような機関の管理する個人信用情報にはクレジットカードの支払状況やローン返済状況などの記録、クレジットヒストリーが載っています。カード会社のゴールドカードの審査では、個人信用情報機関の申込者情報を確認した上でカードを発行の不可が判断されるのです。
ゴールドカードは一般のクレジットカードの審査以上にクレヒスが重視されています。アメリカンエキスプレスのゴールドカードは、ローンの返済に滞りある人の申し込みは不可と申込条件に明記されているクレジットカード会社もあります。
借り入れ金がないという場合は、ゴールドカード審査では高い評価がなされるといえ、年収や勤続年数が基準を満たさないという場合でも、借入金がないので審査に通過していると考えることができる場合もあるのです。
しかし、個人のクレジットヒストリーに返済延滞の事故情報が記録されていると、申し込みをしたカード会社は信用がないと判断し審査に通るのが難しくなります。この事故情報が残っているとどれだけ高収入でも、審査には通らないと言われており事故情報が消えるまでカードの申し込みを必要があり、ゴールドカードの審査はこのようにして行われているのです。