スキミング犯罪に、自分のクレジットカードが合わないために


キーワード
スキミング犯罪に、自分のクレジットカードが合わないために

スキミングとは

クレジットカ-ドに関わる犯罪にはいろんなものがあります。もっともよく知られているのは、クレジットカ-ド自体を奪われて、裏面のサインを正確に再現されてしまうというものです。サイフ等と一緒に盗まれることが多いので、届け出をクレジット会社に連絡することで、有効でない状態にすることが比較的早期になされるようになりました。当然、盗んだ方も短い時間で様々な買い物をするので、盗まれたら直ちにアクションすることが必要になります。
一方、「スキミング」というのは、クレジットカードのデ-タを入手して、まったく同じ偽造カード(クローンカード)を作成して、本物と同じように買い物等に利用する犯罪のことになります。クレジットカードそのものは取られることはないし、そのためにカ-ドの所有者は気が付かないことが多いです。「スキマー」と呼ばれる装置を利用して、クレジットカードの情報のみを読み取り、カ-ド自体は所有者のところにあるので、デ-タを抜かれているということには普通気がつきません。気が付くのは、月末に請求書が来て、その請求額の多さで、初めて犯罪に巻き込まれたことに気が付く場合がほとんどです。
ちなみに、にはじめて被害にあったことを知るというケースがほとんどです。「スキマー」とは、カード情報を読み取る装置はタバコサイズのような手のひらに入る小さな機械です。クレジットカ-ドの磁気部分を通すだけでカードのデータをコピーすることが可能です。そして、その盗みとったデータを他のカードにコピーをして偽造カードを作り、本物と同じように利用するのです。すぐに気が付く場合もありますが、日ごろから無関心な人の場合、長期にわたって気付かないことも有ります。

身近な犯罪のスキミング

現実的に凶悪犯罪であるスキミングは、意外な身近なところで発生しています。クレジットカ-ド自体を盗んで、それを使ったり、そこからデ-タを入手するという少し暴力的なやり方もありますが、多くは、クレジットカード取扱店の端末に細工をしてスキマーを仕掛けるというやり方が良く使われる方法です。その手口は実にさまざまです。
海外の治安の悪い地域では、店主や店員自身が、直接スキミングを行うという日本では考えられないやり方でデ-タを取られることがあります。前者はゴルフ場、スポーツクラブなどでのスキミング被害として発生しています。基本的に、店舗側にもスキマーが装着されていることに気が付いていないので、店の雰囲気も決して怪しいものにならないので、気が付かないことが多いです。後者の方は悪質なエステ・マッサージ店などでのスキミング被害として、意外と多く発生しています。こちらの方は、注意しておれば怪しい空気が店に入ればわかることも有りますが、風俗の店等が多いので、わかりにくいといえばわかりにくいとです。
一般的に、以前は、スキミングは主にキャッシュカードをタ-ゲットにしていました。クレジットカードには限度額がありますが、キャッシュカードの場合はクレジットとことなり、自分のお金なので、引き落としの限度額がありません。多くの場合、口座残高を全部ATMで引き出されてしまいます。つまり、簡単にキャッシュカードの口座のお金を不正に横領する犯罪として多く発生していました。最近は、増加の傾向にあるのはスキミングによって作成した偽造カードによるカードローンの借り入れや高価な商品の大量購入した商品を売りさばいて利を取るということが頻繁に行われています。

クレジットカードのトラブルを防ぐために気を付けること

クレジットカードのデ-タを知らない間に抜き取られ、現金を下ろされたり、高額商品を多量に購入されたりすることが起きるのが、スキミングになります。デ-タを抜かれても、請求書が届いてからしか気が付かないのですが、そのタイミングで気がついても意味がありません。その為に事前に実施するべきことをやっておけば、スキミングの被害にあう確率をぐっと下げることができるのです。具体的には、クレジットカードをICカードタイプにすることが手始めにするべきでしょう。
今までは、クレジットカードの情報は磁気ストライプに記録されていました。この方式を改めてICカードタイプのクレジットカードに切替えることで、ICチップにクレジットカード情報が記録されるので、簡単にスキミングは出来なくなります。
またすべてのクレジットカ-ドではありませんが、カード利用者の利用状況から、異様な利用方法が発生した場合、悪用を未然に防いでくれる機能をもっているものがあります。具体的には、こういった防犯システムを持ったカード会社のカードの場合には、そのカード利用者が普段使わないであろう場所でカードが利用されると、自動的に本人確認が必要になるようになっています。たとえば、いつも地元で書籍を買うときにしかカードを使わない人が、いきなり自宅から数百キロも離れた家電量販店で電化製品を異様に大量に購入しようとすると、自動的に本人かどうかが求められるようになっているのです。日常的には、ありえないカードの使い方か、スキミング犯罪の場合発生することが多いので、このような防犯システムがあると利用者にとっても心強いものです。