ネットバンク銀行について


キーワード
ネットバンク銀行について

ネットバンク銀行を利用するメリット

インターネット通販や、その他にもインターネットを利用していると、ネットバンク銀行の利用が推奨されているサイトは多いです。
そこで、ネットバンクを利用することで、どのようなメリットを得ることが出来るのでしょうか。ネットバンク銀行とは店舗を持たない、オンラインでの銀行になります。このため、コストがかからず、さまざまな魅力的なサービスを提供することが出来るというメリットがあります。
まず、そのネットバンク銀行のメリットの一つとして、手数料の安さがあります。たとえば、振り込み手数料なども、他社の銀行と比較しても非常に安くなりますし、ATMなどの利用手数料などもネットバンク銀行ならとても安くなります。銀行を利用する上で、馬鹿にならない手数料ですが、これらの手数料などが安くなりますので非常にメリットが大きいといえるでしょう。
また、その他にも、投資信託に関する手数料や、外貨の交換手数料といった、投資や資産運用に関してもコストが安くなります。これらが最大のメリットであるといえるでしょう。普通に銀行を使う上でATM手数料、振り込み手数料は高くなりますが、この二つがネットバンクでは安くなっているため、とてもお得に利用をすることが出来るといえるでしょう。
さらに、利用をするサイトによっては、ネットバンク銀行を利用した場合には、振込手数料が無料のサイトなどもあり、手数料を節約したい場合には、大変お得であるといえるでしょう。

営業時間外も入金が反映される


ネットバンク銀行のメリットとして、インターネットを使うことで、その利便性が高いということが大きなメリットであるといえるでしょう。ネットバンク銀行にはリアルタイム制があり、ネットを活用することで、非常に利便性が高くなります。たとえば、通常の銀行の場合には、振り込みの場合、営業時間内にしか反映されないため、振り込みは翌営業日となってしまったり、休日などになると、銀行の営業日まで振り込みを待つことが必要となります。
しかし、ネットバンク銀行なら即日振り込みも可能となりますし、さらに振り込まれた金額がリアルタイムで反映されることが多いです。
さらに、スマートフォン、パソコンなどで、いつでも残高を確認することが出来るのも大きなメリットであるといえるでしょう。最近ではスマートフォンが普及しているため、スマホなどの携帯電話を使い、簡単に振り込み確認をすることが出来たり、取引が確認できます。さらに直接振り込んだりと、銀行の取引も可能となります。
また、ネットバンク銀行のメリットとして、金利が高いというメリットがあります。都市銀行、地方銀行と比較しても、普通預金・定期預金の金利が高いため、時には都市銀行の数倍程度の金利がつくことも珍しくありません。最近の預金金利はかなり低く抑えられていて、ほとんど付かないのが現状ですので、預金を預ける際にも、なるべく金利が高いネットバンク銀行で預けた方が、メリットは大きいといえるでしょう。

デメリット

ここでいうネットバンク銀行とは、店舗、支店を持つことがなく、インターネット上において、全ての銀行のサービスを提供している銀行を指します。
金利が高かったり、手数料が安かったりとコストがかからない反面、利用者にはいくつものメリットがあるのが、こちらのネットバンク銀行となります。
こちらのネットバンク銀行には、現在でもさまざまな種類があるといえるでしょう。
しかし、これらのネットバンク銀行には、デメリットもあります。それは、多くの取引をネット上で行うことになりますので、資産の運用などと言ったことを誰かと相談したい場合には、あまり適していないというデメリットがあります。
こちらの、ネットバンク銀行と呼ばれるネット専業銀行には、楽天銀行、そして新生銀行、ジャパンネット銀行、住信SBIネット銀行、ソニー銀行、大和ネクスト銀行などの銀行があります。
さらに、こういったネット専業銀行の他にも、一般銀行のオンラインバンキングサービスだったり、さらには、一般銀行のインターネット支店などの種類もあります。最近では、都市銀行、そして地方銀行などでも、インターネットを使った銀行サービスが充実質得て、ネット支店の場合には、ネットバンクと同じように、手数料が安かったり、金利面で優遇されていたりと魅力が多くなっています。
しかし、この場合、窓口の利用制限や、通帳が発行されないと言った条件などもありますので、注意をしておく必要があります。