ファクタリングを利用する前に押さえておきたいこと


キーワード
ファクタリングを利用する前に押さえておきたいこと

ファクタリングとは何か

ファクタリングとは、企業が行う資金調達方法の一つです。ファクタリング会社が提供するサービスを利用することで、売掛金を現金化できます。売掛金は、商品を販売した後に発生する未収入金です。この時点では、まだキャッシュとして存在していません。通常、1か月ごとに相手先へ請求しますが、支払い期間が長くなる程、管理に影響してきます。資金繰りは、企業の経営にとって重要です。ファクタリングによって、このような問題を解決することが可能となります。融資とは異なり返済の必要がなく、負債になりません。貸借対照表の上でも負債にならず、企業の信用も上がります。キャッシュフローの改善が図れ、急ぎの場合であっても対応できます。銀行からの融資が受けられなかった場合でも、ファクタリングは利用可能です。
この際、ファクタリング会社は2通りあることに注意が必要となります。
一つは2社間ファクタリング、もう一つは3社間ファクタリングです。前者は、相手先への通知は不要ですが、後者は通知しなければなりません。但し、前者の場合は相手先を通さないため、リスクが考慮され、手数料は高くなります。後者の場合は、契約を結ぶ上で相手先の了承を得る必要があります。相手先に知られても、大きな問題がないようであれば、3社間ファクタリングは手数料が安く、信用度も高くなります。企業にとって多くのメリットがあるため、自社に合ったファクタリングを利用することが大切です。

ファクタリングの審査について

実際に、ファクタリングを利用する場合には、審査があります。償還請求権なしの場合、相手先に審査が行われます。償還請求権ありの場合は、利用する側が審査を受けます。償還請求権は、相手先が倒産などの理由から、入金の見込みがなくなるケースを考慮したものです。利用する企業に対して売掛金の請求を行うか、ファクタリング会社が負担するか、ということです。
償還請求権なしであれば、ファクタリング会社の負担となります。相手先の信用度が余りに低いと見なされた場合、審査に通らないケースもあるため、注意が必要です。支払いの期日を守り、入金を確実に行う相手先であれば評価は高くなります。また、自己資本比率、利益額、利益率、借入れ件数や返済実績なども評価されます。売掛金が入金されるまでの期間も重要です。期間が短い程、倒産のリスクが低くなるため、入金の日は早い方が望まれます。信用度が高ければ手数料は下がり、低ければ手数料は上がります。相手先との取引が長い程、信用度も高くなります。書類の準備も必要となりますが、決算書のコピーは直近3年分が一般的です。税務申告済の押印が必要となります。
商業登記簿謄本、印鑑証明書、相手先との契約書も重要な書類です。発注書、納品書、請求書、これまでの取引における入金が確認できる書類なども必要となります。ファクタリング会社が提示を求める書類は、全て正しく揃えることが大切です。揃えた後も慌てず、一つ一つ確認します。

面談のアドバイス

面談を行う際は、以下の点がポイントとなります。相談内容や提出した書類に偽りがないか、正確に答えなければなりません。企業の経営者として、資金繰りなど全体的な把握ができているかも確認されます。ファクタリング会社にとって、これらはリスク回避となります。面談を行うことによって、これまで解らなかったことが見えてきます。誠実であるか、責任感が強いかなど、話す内容だけでなく話し方も評価されます。
取引企業から信頼を得ているか、様々な判断が成されます。面談では、良いことだけを話すより、不安に思うことも話した方が良い印象を与えます。先見性があり、乗り越えることができる内容であれば、より信頼は深まります。誠実であるかどうかは、こういった相談内容にも現れます。
ファクタリングを利用することは、現時点で困った状況、ということは伝わっています。隠し事なく話すことが重要なポイントとなります。将来を見据えて相談することが、資金繰りを改善させる近道です。疑問点があれば、一つずつ解決することも大切です。これまで浮かばなかった内容であっても、面談は最終審査となるため、質問するようにします。疑問を残したまま契約を結ぶことは、誠実とは言えません。ありのままの姿を見せることは勇気が要りますが、信頼を得る大きなポイントとなります。当然ながら、面談の時刻を守ることは言うまでもありません。日時が決まり次第、スケジュールを確立しておくことが重要です。