ブラックリストに載っていてもクレジットカードは作れる?


キーワード
ブラックリストに載っていてもクレジットカードは作れる?

ブラックリストから消す方法

ブラックリストに載っていてもクレジットカードは作れるのか?ということについては、可能性としてクレジットカードを作る方法はあるといわれています。ではどのようにすればクレジットカードが作れるのかということについて説明したいと思います。
まず最初に、ブラックリスト扱いでクレジットカードの審査に受からない人がどんな人なのかということについて説明したいと思います。クレジットカードの審査に受からない人とは、次の2つに当てはまる人であるといわれています。まず、過去24ヶ月以内に2ヶ月連続で延滞してしまった人です。この場合、信用情報が傷ついている一時的なブラックな状態であるといわれています。このようなケースでは、クレジットヒストリーにAやPのマークが付いている状態になっています。この場合、直近の24ヶ月分が信用履歴に残るため、正常支払い以外のマークがあるので、クレジットカード審査に落ちやすくなるといえます。
この履歴は新しい支払い実績を作らないと消えず、新たな支払いが行われない状態になるといつまでもこの履歴が残ったままになり、古い履歴が更新されて新しくなれません。そのため、クレジットカードで新たに支払いを行って、不利になる履歴を更新していって消すことが大切です。不利な履歴がクレヒスの後ろの方にあるとそれだけで審査の印象が違ってくるといわれています。このような方法で、プチブラックリスト入りしている人がクレジットカードを作れるのです。

自己破産するとクレジットカードが作れない?

クレジットカードの審査に受からないといわれている2つ目のパターンは、3ヶ月以上の延滞でクレジットカードヒストリーに「異動」が付いて5年が経過していないという場合です。この状態はブラックリスト入りの状態といえます。
異動が付いてしまった場合は、クレジットヒストリーに5年間、情報が残りますので、その間、クレジットカードの審査やローンの審査などは受かりにくくなるといわれています。
しかし、必ず5年間の間は審査に受からないというわけではありません。5年という期間はあくまで目安で、審査をする申し込み先のクレジットカード会社やローン会社の審査基準によって審査結果が決まってくるのです。
例えば、アコムマスターカードは審査に自信がない人におすすめのカードだといわれています。また、銀行口座から決済と同時に引き落としがあるデビッドカードも審査に自信がない人におすすめのカードだといわれています。
そして、自己破産や任意整理といった債務整理を行った場合には、上記のブラックリストに載っている場合よりクレジットカードを作ることが難しいといわれています。しかし、債務整理を行った場合でも申込みのカード会社の方針によって審査は行われていきますので、稀に5年以内に審査に受かることもあるといわれています。そのため、アコムマスターカードやデビッドカードなどで試してみるのも一つといえます。
このように、ブラックリストに載った場合には審査に自信がない人におすすめのカードで試してみることがおすすめです。

ブラックになってもクレジットカードは作れる

クレジットカードには傾向として、審査に通りやすいものと通りにくいものがあるといわれ、銀行系クレジットカードは特に審査が難しいといわれています。そのため、上記のような形でクレジットカードヒストリーを順次更新していく方法や、比較的作りやすいといわれているクレジットカードに申し込むという方法によってクレジットカードを申し込むという方法がおすすめです。ただ、過去の支払いを滞納しているという人は、クレジットカードの発行は難しいといえますので、滞納しているものは支払うことが前提といえます。
しかしそれでも銀行系カードが持ちたいという場合には、遠まわりになるようですが銀行との取引を地道に行っていくことが近道だといわれています。
例えば、公共料金の口座振替などを始めたり、家賃も銀行口座を通して支払ったり、給与を受け取ったりするという方法で、できれば、1つの銀行に絞って銀行口座の利用を始めるといいといえます。また、定期預金の利用や貯蓄性の高い積立預金商品の利用なども理想的といえます。
このように地道で着実な取引実績を積み重ねていくことで銀行系クレジットカードの発行に向けて一歩一歩着実に取引を行っていくことで銀行系クレジットカードの発行が可能になっていくでしょう。最初にどこの銀行系のカードをもちたいのかということを決めておくこともポイントだといわれています。
このように、ブラックリストに載ってしまったという場合でもクレジットカードの発行の可能性はゼロではないといわれているのです。