今話題の後払い決済サービスPaidy(ペイディ)で現金化もできる!

今話題の後払い決済サービスPaidy(ペイディ)で現金化もできる!

なんと最近増えたネットショッピングの支払い方法のPaidyで現金化が可能ですので紹介したいと思います。

Paidy(ペイディ)の仕組み

Paidyのサービス内容を詳しく!

Paidy(ペイディ)とはオンラインショップの支払い方法で後払いできる決済サービスです。

後払い決済サービスとは何か

最近このような後払い決済サービスが増えておりますが、理由はAIの進化にあります。今まで後払いと言ったらクレジットカードくらいしかありませんでしたが、PaidyなどはAIで審査しておりますので、金融で使用する信用情報機関がなくても与信ができるのです。金融業界では基本20歳以上でしか貸付はできません。

しかし後払い決済サービスでは基本年齢関係なく利用できますので、クレジットカードが所持できないユーザーも囲うことができるようになり、売り上げ増加につながっているのです。アメリカでは一般的な支払方法でしたが、日本で有名になった事例がZOZOTOWNのツケ払いでしょう。日本の業界大手は2002年から『NP後払い』を行っている株式会社ネットプロテクションズです。

NP後払いとは

NP後払いは大手通販サイトで利用できる決済サービスです。アディダスや西松屋等の有名店の通販サイトで利用できます。商品が届いた際に請求書が同封されておりますので、後日銀行やコンビニ等でお支払いできます。その為、クレジットカードの様に手元にお金がなくても事前に商品が購入でき、また商品確認後お支払いができますので安心して利用できるのです。

また、株式会社ネットプロテクションズでは2017年によりユーザー側が利用しやすくなった『atone』をリリースしております。NP後払いはその都度商品発送後14日以内に支払いする必要があるのですが、atoneはこれから紹介するPaidyやクレジットカードの様にまとめて翌月払いができるのです。

今Paidyが人気!

このように後払い決済サービスはPaidy以外にも存在しますが、今人気の理由は現金化目的で利用できる点でしょう。

また、一般の購入者目線でもアマゾンで対応できるメリットがあります。そこで現金化の方法の前に、まだPaidyをご存じではない方の為にまずはサービス内容について解説します。

Paidyの一般的な利用方法

アマゾンなどの支払い方法でPaidy翌月払いを選択します。

そこで

  • 郵便番号住所
  • メールアドレス
  • 携帯番号

を入力するとSMSが届きます。認証コードを入力すれば決済完了となります。

支払い方法

支払い方法は3つ

  • コンビニ払い
  • 銀行振込

です。
翌月1~3日にメールとSMSで請求の案内が来ます。そして、コンビニ払いと銀行振込の支払い期日は10日、口座振替は12日となっております。
ただし口座振替の場合は事前に申請する必要があります。完了するまで2~3日程掛かりますのでお急ぎの方はご注意ください。

口座振替の申請方法

これはMyPaidyにログインして簡単に申請できます。WEB上で個人情報や銀行情報を入力するだけで、印鑑はおろか書類の郵送もアップロードも不要です。

手数料について

こんな便利なPaidyの後払いですが、利息や手数料は掛かりません。
ただし、コンビニ払いの場合は365円の手数料、銀行振り込みでは当行においての振込手数料が発生しますので、これから現金化をお考えの方はご注意ください。

また、後述する分割払いの方法によっては利息が発生しますが、基本手数料が掛からないサービスは現代の不況や無駄なお金を払いたくない若者の性質にマッチしているのではないのでしょうか。
しかし結局この手数料は販売者側に負担が来ますので、若者にもしわ寄せが来ていると考えられます。潤っているのはPaidyだけですので今後このシステムは崩壊する可能性も考えられます。

分割払いにするには

ご利用金額が1回のお支払いに付き15,000円以上であれば分割払いも選択できるようになります。回数は3,6,9,12,24,36回から選択できます。
ただし加盟店が対応している必要があります。
また後程一括清算する事も、一括から分割に変更することも可能ですが、支払回数の変更はできませんのでご注意ください。
*現在新規の方は分割払いができないようです。

利用限度額と審査について

Paidyの利用限度額は無いとなっております。
ただし、利用実績や店舗によって変動します。残高はPaidyのアプリで確認できますのでインストールしてみると良いでしょう。利用者によっては1万円以下のケースもあるようです。

審査について

Paidyではご購入の度に審査が行われておりますが、独自審査の為ブラックの方でも利用できるようです。
ただしその都度審査が行われておりますので、急に利用できなくなることもあります。
多いケースでは

  • 利用限度額を超えていた
  • 支払いを滞納している
  • 金融機関や携帯電話で遅延や滞納がある

等です。この為ブラックの方が必ずPaidyを利用できるとは限られませんのでご注意ください。

しかし逆にPaidyを利用しているとクレヒスにも影響し、クレジットカードが発行できるようになるメリットもあります。

利用限度額を増やすならペイディプラス

ペイディプラス

Paidyには身分証明書を提出するだけでペイディプラスに無料でアップグレードできるサービスもあります。ペイディプラスにすると上限金額が5万円に増えたり、3回あと払いができたりします。そして現金化するならこのバーチャルカードが必要となるのです。

ペイディプラスの利用方法や審査について

ペイディプラスにするにはアプリ内から運転免許証かマイナンバーカードの情報を読み取ります。
次に顔写真を撮影して、必要事項を入力するだけです。早い方は5分ほどで審査結果がメールで送られてきます。

Paidyよりも審査難易度は上がる

ただしこちらは信用情報機関も参照されておりますので、難易度は多少が上がります。
しかし口コミ等を見るとブラックの方のでも通った実績もありますので、クレジットカードよりは審査が甘いと考えられます。

限度額はどのくらいか?

一般的には20万円から最大30万円の方が多いようですが、お金にお困りの方は大幅下がります。2chで話題となっていますが、見てみると平均3万円くらいです。

3回あと払いとは何か?

通常は翌月10日に一括払いですが、厳しい時は3回あと払いを選んで、翌月、2か月後、3か月後と分割払いができます。
また後から変更することも可能です。
*この3回後払いは現在も利用できます。

ペイディプラスのその他メリット

ペイディプラスでは『どこでもペイディ』と言う機能があります。通常はアマゾンやDMM.com等現在12サイトのみですが、ペイディプラスではオンラインショップのVISA加盟店やペイパルでも利用できるようになります。

あと払いプランApple専用の機能

36回払いで分割手数料0%でお得!

さらにPaidyでは『あと払いプランApple専用』の機能も登場しました。最新のiPhone13等のアップル製品が最大36回払い(手数料無料)で購入できます。
お申込み方法はペイディプラスと同じように運転免許証かマイナンバーカードを撮影するだけです。5分ほどで済みますが、こちらも審査があります。

Paidyを現金化する方法

Paidyバーチャルカードが現金化に必要な理由を説明

お得に現金化するならペイディプラスが必須

残念ながらPaidyのままでは、Amazonギフト券やiTunesカードの購入はできなくなっておりますので、アマゾンやラクマ等で何らかの商品を購入して換金するしかありません。
しかし先ほど紹介したペイディプラスで現金化できるようになりますので方法を解説します。即日アップグレードできますので、まずはペイディプラスに変更してください。

1.クレジットカード現金化業者へ依頼する方法

まず有効な現金化方法がクレジットカード現金化業者を利用する方法です。ペイディプラスにすることによってバーチャルカードのVisaが利用できるようになりクレジットカードの様に対応してくれるのです。

ただし現在のところ対応できる業者は少なくなっているようです。

上記の業者等は今でも現金化できるようですが、随時停止になったりしているのでご注意ください。

対応できる業者が少ない訳

Paidy現金化ユーザーは基本的に少額が多いので対応しない会社が多いのです。

またPaidy現金化業者では決済サービスのPayPal(ペイパル)を活用して現金化しているようですが、トラブルが多いのです。ペイパルはPaidyを買収した企業であり、海外決済の安全性は高いようですが、一般的にクレジットカード現金化業者が利用する決済会社よりも停止する確率が高いようです。その為、挑戦する企業は少なく、現在現金化できていても停止してしまうのです。さらにペイパルは停止になると残金の返金が遅かったり、されないなどの被害もあるようですのでリスクが高いのでしょう。

2.Amazonギフト券を活用する

通常のPaidyでは購入できなかったAmazonギフト券も活用できるようになります。購入して買取業者へ依頼すれば換金率は80%ほどで現金化できます。
しかし、利用停止になる可能性が高い為ご注意ください。

3.Appleの製品を転売

ペイディあと払いプランApple専用限度枠は料金の高いスマホやパソコンが対象となっておりますので、初回でも30万くらいまで現金化が可能です。これらの商品を購入して買取屋で売れば最新機種でしたら高値で買い取ってくれます。
しかし分割中の商品を売る行為とても危険ですし、メルカリやヤフオクでは分割中のスマホの出品は禁止されておりますのでご注意ください。

Paidy現金化の注意点

他にも切手などの高換金率の商品も購入できるようですが、やはりVISAが関係しておりますので利用停止の可能があります。無論滞納しては口座凍結迄あり得ます。ちなみに遅延損害金は年利14.6%となっております。

また、現在新規の方は分割払いができなくなっているようです(通常のPaidyの場合)。やはりクレジットカード現金化や消費者金融とは違い、現時点ではAIで融資みたいなことは難しいのでしょう。この為Paidyで現金化できる業者は一時的なものであると言えますのでその分手数料はバカ高いです。最近闇金が行っている後払い現金化とは違い安全ではありますが、注意してください。クレジットカードをお持ちの方は心配は不要でしょうが、お持ちでない方は携帯電話の現金化やカード会社が発行するバンドルカードなどでも現金化は可能ですので、当サイト現金化口コミ広場をご参考にしたり、かかりつけの優良店にご相談してみてはいかかでしょうか。