実際、カードローンで融資を受ける事ができるまでの時間は?


キーワード
実際、カードローンで融資を受ける事ができるまでの時間は?

カードローンの審査時間について知ろう

カードローンを利用する人の場合、融資までの時間を少しでも早くしたいと考えている人が多いのではないでしょうか。実際、カードローンの融資を受けるまでには、いくつかの手順を踏んで行かなければいけません。
まず第一にどのカードローンを利用するのか決めることから始まり、その際、金利などを比較し検討する時間が必要となります。その後、審査の申し込みを行い審査結果を待たなければいけません。その間、最短で30分と言われているカードローンも多く、30分ほどで融資が可能と思っている人も多いようですが、実際、あくまでも、この30分とは審査結果が出るまでの時間となります。その審査時間の間に審査機関での審査が行われ、他社からの借り入れ状況や滞納などの前歴がないかなどの確認。その他、勤務先への在籍確認などが行われます。この在籍確認においても、電話で行われる事が一般的ですが、勤務先が休みだった場合は、その日に在籍確認を行う事ができず、結果、審査が翌日に回されてしまう事も起こってしまいます。
そうした審査を行った結果、融資を受ける事ができるという結果が出た場合、そのまま契約し融資を受ける事ができる流れになります。ただし、契約を済ませただけでは実際、融資を受ける事ができません。カードローンの場合、融資に必要なカードを受け取る必要があり、契約後すぐに窓口や無人契約機などに行き、カードを受け取る事で、初めて融資を受ける事が可能になります。

カードローンの融資までの時間について知ろう


少しでも早く融資を受けるための工夫としては、インターネットを上手く活用するといった方法がお勧めとなります。まず、インターネットで審査の申し込みを行います。最短でも30分必要になる審査時間。その審査時間を利用し、その時間で店舗窓口や無人契約機などに移動します。そうする事で審査時間を無駄にする事なく移動時間にあてる事ができるのです。そして、審査の結果を受け次第、店舗窓口や無人契約機などに行き、その場で契約を行います。そうすれば、無駄な時間を使う事なく、また、その場で契約からカードの受け取りも行う事ができ無事に最短時間で融資を受ける事が可能になります。何もトラブルなく進める事ができれば1時間ほどで審査の申し込みから融資まで行う事が可能です。
ただし、即日融資を行っていないカードローンもあり、その場合は、1時間での融資は非常に難しくなります。このような即日融資を行っていないカードローンの場合は、平均3営業日から1週間程度時間が必要になる為、その事を理解した上で審査の申し込みを行う事が大切です。
このようにカードローンで融資を受けるまでの時間を短縮させるためには、まず、即日融資可能な金融機関を選ぶ事。その上で審査時間が最短30分などと明確な時間を掲示している金融機関を選ぶ事をお勧めします。その上で時間を短縮させるために審査時間を移動時間として利用するなどうまく活用する事で、結果、最短で融資を受ける事が可能になります。

カードローンのを利用するときの注意点


カードローンを利用する際に注意しなければいけないのが時間帯と曜日です。最短30分での審査が可能と明記しているような場合でも、注意事項として平日のみといった場合や15時まで。17時までと言った時間が明記されている事も少なくありません。その為、その時間以降に審査の申し込みを行った場合は、審査は翌日に回されてしまいます。カードローンの場合は、審査の申し込みはインターネットを使えば24時間365日行う事ができるため、いつでも融資を受ける事ができると思われがちですが、実際は曜日や時間帯に注意しなければいけません。
その為、少しでも早く融資を受けたいと思う場合は、平日、しかも、午前中に審査の申し込みを行う事をお勧めします。もちろん、夜中に急に融資が必要になった場合は、その場で審査の申し込みを行う事で朝一番から審査を開始してもらうことが可能です。とにかく、必要だと思った際にすぐにでも動き出す事が最短での融資を可能にしていると言えるのです。
ネット上でかかれている最短時間と言うものは、あくまでも、最短時間です。その為、その時間を鵜呑みにすることなく、余裕をもって申し込みを行う事が大切です。また、どうしても、急ぎの場合は、審査の申し込みの後、急ぎであることを電話などで伝える事で、急ぎでお願いする事も可能な場合があります。その場合、在籍確認などを電話ではなく、給与明細書で行う場合や勤務先が休みの場合、在籍確認を翌日に回してもらうことができるなどと言った対応を取ってもらう事も可能になっています。


関連するページ