審査の甘いクレジットカードについて


キーワード
審査の甘いクレジットカードについて

クレジットカードの審査について

クレジットカードを申し込むと、必ず審査を受けることになります。これはどのクレジット会社でも同じで、審査に通過したらクレジットカードが発行されるようになっているのです。クレジットカードの発行の基準はクレジットカード会社によって定められていて、審査はその基準を申込者が満たしている地追うことが確認できた場合に通過できるようになっています。
クレジットカード会社ごとに発行の基準は決められているので、全てのクレジットカード会社が同じ審査基準で審査を行っているというわけでもなく、クレジットカードによっては審査が甘いカードとそうでないカードなどがあるといわれているのです。
一般的に審査が甘いクレジットカードだと、安定した収入の基準が低く、いわゆるパートやアルバイトなどの人も発行されたりする場合もあるのです。そこで、発行されやすいといわれているクレジットカードについてご紹介してみたいと思います。
一般的には、流通系のクレジットカードや産業系クレジットカードは審査が他のクレジットカードに比べると甘いといわれたりしているのです。その理由として、流通や産業系のクレジットカードは比較的生活に密着したカードだからといわれています。クレジットカードがターゲットとしている人に利用してもらうために発行されるという目的に照らして、審査基準がそこまで幻覚ではないといわれたりしているのです。
このようにクレジットカードには審査が厳格なところとそうでないところがあるのです。

作りやすいクレジットカード

クレジットカードを発行する会社によって発行基準は大きく異なっているといわれていて、その中にはかなり年収が高くないと審査に通らないというクレジットカードもあります。しかし、それとはまた別に審査基準がそれほど厳しくないというクレジットカードの発行会社もあって、その難易度は一般的に、消費者金融系、コンビニ系、スーパー系、交通系、銀行系などのような流れで審査が厳しくなるといわれていたりするのです。
そのため、イオンカードやローソンのポンタカードなどは比較的発行されやすいといわれていたりするのです。また、消費者金融系だとACマスターカードなども発行されやすいといわれているクレジットカードなのです。
ローソンやセブンイレブン、イオンやイトーヨーカドーなど、コンビニやスーパーの発行するクレジットカードは主婦など生活者層に人気があって、生活に密着しているクレジットカードといえますのでより発行されやすいといわれるのです。
そうはいってもクレジットカードがきちんと発行されるのかどうかちょっと気になる…という人は、クレジットカード会社の入会申し込みの基準を参考にしてみるのがおすすめです。
例えば、18歳以人で本人または配偶者に安定的な継続収入のある人という場合なら、申し込む人が18歳以上であるかどうかという点と、自身かその妻か夫の方に安定した継続収入があるかどうかという点を考慮してみて申し込みを行うということになります。

主婦やパートが作りやすいクレジットカード

クレジットカードの発行基準について、主婦やパートの場合も申し込めるかどうかという点については、もしも、その配偶者の人が正社員であれば配偶者の方の家族カードという形でも申し込みなどもできる場合もあり、家族カードでないカードを申し込む場合には、そのことを書類に書いておくとカードは発行されやすいといえます。
発行されやすいといわれていて、審査基準は緩めであるといわれている主婦やフリーターなども持ちやすいといわれているクレジットカードにセディナJIYU!DA!があります。このクレジットカードは、その発行元が株式会社セディナで、この会社はもともと専業主婦やフリーターの人などにもダイエー店内で時短の即日発行を行っていたといわれている会社なのです。
また、三菱UFJニコスの発行する高ポイント還元カード、三菱地所グループカードなどもあります。三菱地所グループカードは三菱UFJという名前から、審査が厳しいというイメージがある銀行系カードと思われがちだそうですが、どちらかというと審査が甘めといわれているニコス発行の信販系のクレジットカードということなのです。
また、信販系ブランド、ニコスと、UFJの合併会社にDCカードが合併してできたという三菱UFJニコスブランドjizileカードも発行されやすいカードといわれています。どこでも1.5%という高還元率で、1ヶ月のカード利用額が5万円以内という人に特におすすめのクレジットカードといわれたりしています。