少額のクレジットカード現金化をするコツとデメリット

少額のクレジットカード現金化をするコツとデメリット

クレジットカード現金化の最低金額いくらか

クレジットカード現金化をする時は最少の金額を知ると少額の資金調達をする時に役に立ち、ショッピング枠を余分に使うリスクを回避できます。

少額利用のメリット

2千円

支払金額が少なければカード会社に一括で返済しやすい為、利息が掛からず負担は少なくなります。
また、クレジットカード現金化業者への手数料も少なくなります。現金化業者では手数料は一定の額ではなく、換金率に応じた手数料だからです。
その為基本的には、金額が少なくなれば少ないほど手数料は安くなります。

お試しもできる

悪徳業者も存在するクレジットカード現金化では少額で試してみる方法もありです。かと言って5万も試すのはリスクがあります。
そんな時はできるだけ少額で現金化できるところが良いです。

業者によって最低金額が設定されている

設定

クレジットカード現金化業者では最低利用金額が設定されています。あまり少額ですと、子供のお小遣い程度の利益しか出ないからです。クレジットカード現金化は、簡単に手続きができるシステムではないため、薄利多売ができないのです。
そして、基本的にクレジットカード現金化はグレーな商売の為、無駄な商売はしない傾向があります。その為わずか数千円の為に仕事はしないのです。

一般的な最少金額

基本的に1万円から受付する現金化会社が多くなっています。単位は1万円からのため、手元に1万円は絶対に欲しいのであれば、2万円分のショッピング枠を利用する必要があります。
しかし中には1,000円単位でも可能な会社もありますし、1000円から現金化を受け付ける会社も存在します。

少額の現金化におけるデメリット

デメリット

クレジットカード現金化は必要最小限の金額を現金化すると一見良さそうに見えますが、実際にはデメリットもあります。

換金率が低くなる

クレジットカード現金化業者は一般的に少額であれば換金率が低くなっています。
この為、多少大目に現金化した方が結果的にお得になるケースもある為、事前に計算して最適な決済額を決める必要があります。
しかも現金が足りなくなったからといって、再度業者に依頼すると同じように手数料が発生しますので逆効果となるケースもあります。

頻繁に現金化する方法はカード会社に怪しまれてしまう

クレジットカード現金化は一般的に少額利用はカード会社にばれにくいメリットがありますが、やりすぎは危険です。

少額利用できるからと言って飛びつかない

特にクレジットカード現金化業者を選ぶ際に少額利用できるところはサービスが良い優良店だと思いがちですが、実際には換金率を非常に低く設定する会社もあるのです。中には半分以下のキャッシュバックしかしない悪徳業者も存在します。

少額に向いている業者を探すコツ

優良店を探すポイント

業者を見極めることが大切

色々な業者を臨機応変に使用することが大事です。基本的に1万円くらいの少額ですと、現金化はしないで節約したり、日払いのバイトをしてしのいだ方が良いです。
しかし現金化しないといけないのであれば、当サイトで掲載ショップの口コミを見てください。
利用者の受取金額を記載してくれているユーザーもいる為、少額利用時に参考になると思います。

事前に入金額を確かめよう

クレジットカード現金化をする時は公式サイト上の換金率と異なることはあるもので、少額になるとさらに下がってしまうケースもあります。
下がると言っても70%くらいでしょうと思われるかもしれませんが、普通に50%もあり得ます
携帯電話ショップでも事務手数料と言って必ず1万円は掛かりますが、クレジットカード現金化業者でも、一回契約を行うには事務手続きがありますので、1万円の半額の手数料5,000円は必要になるのです。
最近はどこの業界でも、少しでも利潤を得るようなシステムを構築している為、一筋縄ではいかないものです。基本的に1万円の現金化では、優良店でも80%程度だと思ってください。

自分でやることも考えよう

個人でクレジットカード現金化をする方法

クレジットカード現金化は必ずしも業者に依頼する必要がなく、自分自身で金券ショップやブランド買取等を活用すれば現金化できます。
基本的にご自分で現金化すると換金率が悪くなるのですが、少額だとそうとは断定できません。手数料が掛からない分、お得になる確率は大です。

Amazonギフト券買取業者は手数料が少ない

特にお勧めできる方法が、Amazonギフト券買取サイトの活用です。
1万未満は高いところでも80%程になりますが、優良なAmazonギフト券買取サイトでは消費税や振込手数料が掛からない為お得に現金化することができます。