携帯キャリア決済換金の違法性について

キーワード
携帯キャリア決済換金の違法性について

携帯キャリア決済換金の手法

これは、まず携帯キャリア決済の仕組みについて、説明しなくてはなりません。
携帯キャリアの含む決済方法の中に、携帯会社への携帯料金としての、後払い決済があります。これは、通話料・通信量と一緒に、携帯電話での利用をメインとしたショッピングでの支払いを済ませる方法として、流通したやり方になっています。
このことでは、携帯電話が直接現金になることは、ないのですが、携帯電話会社からみれば、顧客のアカウントをもった商品になりますので、換金というかたちになると、第三者がそれを悪用する恐れがあるのです。
つまり、個人的なアカウントを流用し、悪性に利用するという手口が、携帯キャリア決済換金の手法になります。
これは、騙されて、携帯電話を奪われたというケースもありますし、知らずの内に、勝手に利用されたということもあるでしょう。
ただし、現実にそれを現金化されてしまったというかたちでは、窃盗犯罪になります。個人の所有であるものを他人が借りる事は、法律も言いませんが、現金に替えてそれを悪用したということであれば、警察沙汰のはなしです。
どういう点で違法であるかは、まず、携帯電話所有者・名義者からの承諾なしの流用が窃盗犯罪に当たる点。
それから、その携帯電話が、犯罪に悪用された場合、知っていてそれを行ったのであれば、共謀罪。しらなくて、渡った時には、共犯者という扱いになります。
気を付けてください。違法です。

携帯キャリア決済の信用の問題


携帯キャリア決済換金が、違法であるという問題のほかにも、民事的な扱いで、不良とみなされる点がいくつかあります。
まず、携帯電話会社からのアカウントのことですが、これは、携帯電話の中のサービス、要するにアプリのアカウントのことではありません。携帯電話会社は、個人への信用を加味しつつ、携帯電話サービスを行っていますので、犯罪に対する警戒心は強いのです。
つまり、自社の携帯電話を犯罪に使用した経歴があるということは、携帯キャリアよりの信用を失墜することですし、たとえ、刑事事件として処理されなくても、登録上ブラックになるでしょう。
つまり、携帯電話を知らずに悪用されたのであれば、信用に傷は付きませんが、二度と携帯電話を持てなくなる可能性もあるのです。
次に、金額としての信用です。これは、携帯キャリア決済換金の外側の意味とは違いますが、携帯内部の決済システムが、信用関連のものが付帯していた場合、金融関連からの信用を失う可能性があります。
これは、携帯電話会社からの信用失墜だけでなく、本人がお金を借りようとする局面が来た時に、かなり不利になる可能性が高いです。
つまり、民事訴訟の扱う問題にもなりますが、信用調査と言う点で、不利の事項となり、今後の生活圏の安定には、不自由することが見込まれます。
民事法に照らし合わせるとして違法であるという意味です。警察沙汰にはならないケースでも、民間社会ではかなり不利な扱いとなります。

携帯キャリア決済換金が違法である理由


携帯キャリア決済換金と言われる犯罪の手法にはいいわけがあります。
それは、本人がいいといったという、所持物を貸与したという、証明が摂れている可能性です。
しかし、その貸与の用途が、犯罪に使用されていた場合は、共犯者・準共犯者として、犯罪登録されます。
そして、貸与の目的を知らなかったとしても、その換金スポットの雰囲気からして、第三者からの判定でも十分に怪しい状況であれば、それは、その使用の目的を知っていたはずだとして、裁かれます。
つまり、共犯者として裁かれることは、当たり前と思ってもらってよいです。
ほかには、この換金スポットの事を全く知らず、携帯電話を窃盗にあっていたばあいですが、これは、携帯電話会社に連絡し、警察にも被害届を出しましょう。
そのうえで、安全に処理することを願います。
違法の類としては、その犯罪の共謀罪、そして、換金目的以外にしようすることを知っていた場合や、その手渡しなり、送付する時の状況から、犯罪が臭ったことに付随して何かを受け取っていたことがあれば、れっきとした犯罪の共犯者になります。裁かれますので注意してください。
また、換金という言葉が書かれていなかったケースや、実際口頭でそうは言われなかったという、記録が取れなかったとしても、実際の通話や、ビラの雰囲気としてそれを案じ出来ていたり、換金ではなく物品での交換であった時にも、実行犯として逮捕されることもあり得ます。