携帯キャリア現金化の注意点について


キーワード
携帯キャリア現金化の注意点について

携帯電話の請求に現金化した分が併せて来る

携帯キャリア決済は、インターネットで購入できる商品の支払いを、携帯電話利用料金とあわせて支払うことができるようになっている決算システムです。携帯キャリア現金化は、申し込みをすると提供されるこのようなキャリア決済を利用して行われます。キャリア決済は各キャリアによって提携サイトやこのサービスだけといった範囲での使用になりますので、支払いできるもの全てに対応しているわけではないのですが、AppStoreやiTunesStoreではアプリケーションや音楽を購入できます。また、ヤフーショッピングでもキャリア決済が可能で、利用方法はとても簡単、支払い方法の選択でキャリア決済を選択するだけなので人気があります。ただ、簡単に使うことができますが、1回の注文で利用できる金額は10万円とか5万円などのように設定されています。
このような携帯キャリアの決済システムを用いた現金化をする場合には注意点があります。それは、携帯キャリアで決済した金額は必ず支払うということです。携帯キャリア現金化は、通常の携帯キャリア決済枠で行われますので、利用した金額分は必ず請求されます。そのため、一時的に手元に現金が入手できても、その現金分の金額が翌月や翌々月には携帯会社から請求されることになります。この点を忘れないよう、現金化をする前には請求金額への支払いをきちんと計画し、可能なら現金化を行うということが注意点として挙げられます。

支払いをしないと携帯電話が契約できなくなる

携帯電話のキャリア決済現金化は、多くの場合、現金が手元ない状態の時に、何らかの理由で早急に現金となることが発生して現金が必要となった場合などに利用されることが多いといわれています。例えば、急な冠婚葬祭などでお葬式の香典が急に必要になったりした場合などです。
このような時に携帯電話のキャリア決済枠で現金を入手できる現金化は、その場で現金を入手できるという点で便利なサービスといえます。しかし、携帯料金の支払いは後払いになっていますので、使用した携帯電話キャリア決済分の金額請求は必ず行われるようになっています。
携帯決済を利用する際は契約者自身があらかじめ設定した暗証番号を入力することになっており、他の人が簡単に利用できないようになっています。それが元で、携帯電話会社とトラブルが発生してしまうと、次回は新しい携帯電話購入の際に、携帯電話の契約をすることができなくなるというリスクもあるのです。携帯キャリア現金化を軽く考えてしまい、気軽な気持ちで携帯キャリア現金化を行ってしまうと、後々の支払いは実際に手元に入手した現金よりも多い金額の請求が来ますので、将来の生活費の圧迫につながります。携帯電話のキャリア決済現金化を図る場合には、翌月又は翌々月の請求のことを最初に考えて、支払いの計画性をもったうえで利用することがとても重要なポイントになります。後で困らないように、必ず事前に支払いのことを考えてから利用しましょう。

悪質業者には気を付けて

携帯キャリア現金化を行う場合の注意点として、携帯電話料金の支払いを滞納しないという点も挙げられます。月々の携帯電話料金支払いが滞ってしまって、滞納という状態になると、キャリア決済自体が利用できなくなってしまうこともあります。また、キャリア決済枠が減額されたり、今後の増額が不可となるといった問題の発生につながったりします。これは、支払い滞納によって利用実績という点で、信用が失われたということを意味します。そうなると、将来的な携帯電話の新規契約や機種変更の時に、機種代金の分割のための契約審査に通らなくなることもあり、いいことがありません。携帯キャリア現金化を行う場合には、その支払いを期日までに100%行うようにしましょう。
また、ネットワーク暗証番号はしっかり管理することがたいへん重要です。ネットワークの暗証番号は自分だけの番号で、自分以外の人が知り得る番号ではありません。この番号が他の人に知られてしまったり、どんな立場の人からも暗証番号を聞かれるということはあり得ません。
その理由は、暗証番号は悪用されてしまう可能性があるからです。携帯キャリア現金化で買取してもらうために暗証番号を買取業者に教えなければならいことは一切あり得ません。もしも、そのような業者なら、その業者は悪質です。そのため、悪質な業者に関わっているかどうかという点は重要な注意点になり、このような点が携帯キャリア現金化を行う場合の注意点となります。


関連するページ