新幹線の回数券の現金化とクレジットカード現金化


キーワード
新幹線の回数券の現金化とクレジットカード現金化

新幹線の回数券を換金するには

新幹線の回数券は、6枚つづりで一冊の物です。鉄道の切符や回数券は、金券と同一です。同一区間を複数回利用するために回数券を買って、一回あたりの料金を安く設定できます。利用目的は、ビジネスの時は、会社が回数券を購入すれば、その会社の人達が使用する新幹線代を節約できます。
特に人気があるのは、東海道新幹線で、例をあげると、横浜と大阪にそれぞれ会社の支店がある時は、頻繁に利用するので、回数券を何度も購入する価値は非常に大きいです。回数券の利用は、特に個人としては、旅行や訪問などがありますが、自分がその地域のリピーターなら、何回でも利用したいので回数券を購入する事により、旅行費の削減ができ、その分を旅行地の宿泊代や食事にまわすことができます。
しかし、回数券は、有効期限が3か月なので3か月以内に使用する事が必要です。期間内に使いきれない時は、金券ショップで現金化します。つまり、クレジットカードで購入した時は、クレジットカード現金化です。金券ショップの中には回数券を購入してからどれくらいの日数が経っているかで買い取り価格が異なります。回数券の有効期間が短いため、その多くは購入してから1週間以内とか10日以内だと買い取ります。回数券の需要が高い夏などは、高く買い取ってもらえます。それに、回数券が一冊単位の物とバラの物では、買い取り価格が違います。また、間違って回数券を購入した時は、キャンセルして払い戻しすることができます。クレジットカードで購入した回数券は、C制という表示がしています。この回数券は、クレジットカード決済でキャンセルについては、現金での払戻しはできません、という意味です。
また、6枚つづりのうち1枚も使用していない事が条件です。つまり、駅でのクレジットカード現金化はできないという事です。このようにクレジットカード現金化は、期間内に使用できなかった回数券を金券ショップで現金化するのが正しい方法です。

新幹線の回数券は換金率が高いが危険性も高くなっている

しかし、新幹線の回数券を金券ショップで購入する人がたくさんいるので、買取換金率が他の商品に比べて非常に高く、購入してから日が余りたっていないと90%近くの換金率です。
新横浜、新大阪間は、97%の換金率です。購入する回数券の切符の価格もある程度自分で決められるので換金したい現金を決めてからクレジットカード現金化します。また、金券ショップは、回数券を購入した駅に近くにあることが多く、クレジットカード現金化する時間、手間もあまり必用でありません。金券類は、クレジットカードで購入できませんが、新幹線の回数券は、クレジットカードで購入する事ができます。
新幹線の回数券は、生活の様々な状況で手に入れる事ができます。購入価格の設定は自分まかせ、クレジットカード現金化先の金券ショップは、すぐ近くにあるので多くの人がかなり前から今まで行っています。余った分を現金化するのは、節約に良いのですが、中には、クレジットカード現金化が目的で新幹線の回数券を購入する人がいます。これは、お金に関するネタを多く取り上げているある漫画が原因です。
これは、現金化目的にショッピング枠を利用すると会員規約に違反するという趣旨を契約書に記載していますので、カード会社によって違反になることがありカードの利用を止められる事があります。自分のカードがカード現金化に対応しているか確認する事が必要です。多くの人が利用するためクレジットカード現金化に回数券を利用する人が減少してきました。JRが回数券をクレジットカードで購入するのを廃止しないのは、回数券の単価が高いからです。クレジットカード利用わくぎりぎりまで購入したり、返済がたびたび遅れる人は使用方法をクレジットカード会社がチェックするので注意が必要です。
それには、連続して新幹線回数券を購入しない、自分に関係のある区間だけを購入する、一冊だけクレジットカードで購入するようにします。
新幹線の回数券のクレジットカード現金化は過去に多くあったためクレジットカードが警戒しています。新幹線の回数券に関する正しい知識を持って購入したい物です。


関連するページ