新幹線の回数券を換金されるカード現金店は危険


キーワード
新幹線の回数券を換金されるカード現金店は危険

店舗型の現金化業者が良く利用する新幹線の回数券

新幹線の回数券ですが、こちらは、クレジットカードの現金化にもよく使われるといえるでしょう。カード換金の場合、新幹線の回数券は、非常に換金性が高くなっています。
このため、この換金性の高さがクレジットカード換金の場合には、便利であり、定番の商品となっているといえるでしょう。クレジットカードの現金化というのは、まずはクレジットカードのショッピング枠を使い、そして換金性の高い商品を購入することで、換金をするという方法になります。その中でも最も多く利用されているのが、新幹線の回数券であるといえるでしょう。
なぜ、新幹線の回数券が現金化にふさわしいのかというと、新幹線の回数券は、90%以上で換金されており、販売価格が合わせやすいというメリットがあります。
さらに、新幹線の回数券は持ち運びがしやすく、邪魔にならないという点でも現金化で使用されることが多いのです。店舗形式などのカード換金ショップでも、このように新幹線の回数券を利用して、クレジットカードの現金化を行っている業者が多くなっていると言えるでしょう。
たとえば、JRのターミナル駅の近くでも、ショッピング枠を換金することが出来る実店舗などが立ち並んでおり、人通りの多い駅では、看板が掲げられていることがあります。
しかし、実は、新幹線の回数券を換金することが出来る、カード換金ショップは実は危険であると言われています。これにはどういった理由があるのでしょうか。

違法ではないが危険性が高い方法


新幹線の回数券を換金することが出来る、カード換金ショップですが、こういったお店は古物商許可が取られているため、このカード換金ショップそのものには、違法性はありません。
しかし、こういったカード換金ショップを利用した場合、その利用者は、換金を目的としたクレジットカードの使用になってしまいますので、会員規約違反となってしまう危険性があるといえるでしょう。新幹線の回数券を購入してそれを換金してもらうという行為ですが、この場合、最初から換金目的で、カードを利用しているということになりますので、会員規約違反となってしまう可能性が高くなります。よって、クレジットカードの停止処分という事になってしまい、クレジットカードが使えなくなってしまうというリスクもあります。新幹線の乗車券は、ほぼ販売価格で引き取られることが多く、非常に換金性が高くなっています。
このため、クレジットカードで購入することが、非常に厳しくなっているのが現状なのです。特に同じ区間の新幹線の回数券を大量に購入する場合には、カード会社に不審に思われる可能性が高いですので、クレジット決済が認められると言うことは少なくなってしまいます。
さらには、この新幹線の回数券を、換金目的で購入するといった行為ですが、各都道府県が、制定しているダフ屋行為に該当する危険性もあります。
このため、各都道府県の条例違反に抵触してしまう可能性があるといえるでしょう。

クレジットカードが利用できなくなる可能性


このように、新幹線の回数券は、換金性が高いので、クレジットカードのショッピング枠で新幹線の回数券を大量に購入してしまうと、カード会社に不審に思われる可能性が高く、カードが停止となってしまうことがあります。
新幹線のカード換金が危険な理由として、その他にもいくつか理由があります。
まずは、新幹線の回数券は1万円を超える高額な商品であり、不正利用として目を付けられやすくなってしまうという理由があります。高額な商品は元々不正利用とされてしまうことが多いのですが、取引内容をチェックされた場合に、現金化がバレてしまいますので、利用停止になる可能性が高くなります。
また、カード会社の明細には、自分の職場や自宅に関係のない新幹線の回数券を購入した履歴が残ってしまいますので、この点でもカード会社から不審に思われてしまいます。
このため、カード換金が目的で、新幹線の回数券をカードで購入をすることは避けておく必要があるといえるでしょう。現金を調達したいがために、大切なクレジットカードが使えなくなってしまうとさらに困ってしまうことになります。
新幹線の回数券を購入して、換金をするというのは危険ですが、どうしても利用をしたいという場合には、まずは自分に関係する区間の回数券を購入するという方法があります。
また、あまりに一気にまとめ買いをしないということも大切です。同じ商品をいくつも購入した場合には、カード会社に不審に思われますので、少しだけ購入するなど工夫をしましょう。