最近話題の振込キャッシングとはどんなサービス?

最近話題の振込キャッシングとはどんなサービス?

振込キャッシングとは

最近注目されている振込キャッシングというものを知っていますか?まだ、新しい言葉なので、知らない人もたくさんいることでしょう。では、振込キャッシングについて詳しく紹介したいと思います。

カードキャッシングとの違い

簡単に言えば、無人契約機で借入するカードキャッシングとは違い、こちら側が指定した口座に送金してもらえるサービスです。
カードローンだとある程度のお金を借りた後、改めてご自分の口座へ預け入れをしなければなりませんが、振込キャッシングなら指定口座に振り込んでもらえるので、忙しい人にぴったりです。

大手金融会社でも対応している

一般的に振込キャッシングは全国に自動契約機や店舗を持たない中小企業で実施しているサービスですが、大手金融会社でも実施しています。やはり大手の方が低金利で、安心感もありますのでご参考ください。

消費者金融系

  • プロミスの瞬フリ
  • アコム
  • アイフル
  • レイクALSA
  • モビット等

信販系

  • セディナ
  • オリックスクレジット
  • オリコ
  • セゾン等

流通系

  • エポス
  • イオン
  • ファミマTカード等

基本的にカードを所持している必要がありますので、即日キャッシングしたい方は消費者金融系を選ぶ必要があります。

手続きは公式サイトやアプリから可能

公式サイトから申し込み

書類提出

審査

ネット上で契約完了

スマホから借り入れ依頼

指定した口座に入金

以上のような流れです。これを見てもそこまで難しいわけではないことが分かりますね。申し込みから書類提出までそこまで複雑ではないのでご安心ください。ネット環境があれば、家から会社から電車の中、車の中どこでも手続きが可能ですぐに借りることが出来るので、とても魅力的なサービスです。

振込キャッシングの審査について

これは通常の審査と分からず重要視されるのは、返済する能力と信用性です。
返済力はもちろん年収と比例します。年収は100万円以下、勤続年数は3ヶ月未満だと審査に通るのが難しくなります。
また、信用性は個人信用情報機関の事故情報が過去にないかで判断されます。過去に家賃や水道光熱費を滞納している、キャッシング事故を起こしていると高確率で審査に通るのは難しいでしょう。もちろん在籍確認も行われます。

振込キャッシングで準備するもの

  • 本人確認書類(運転免許証、健康保険証または住基カード)
  • 収入証明(給料明細書2か月分、源泉徴収、確定申告の控えのいずれか)

収入証明は50万円以上の借入、他社借入と合わせて100万円が超える場合に必要となります。

こんなに魅力がいっぱい

メリット

このようなケースに利用すると便利です。

家賃の引き落とし日に口座にお金がない場合

自分の口座の残高不足を解消して、お金を口座に入れることができます。例えば電気料金などを口座引き落としにしているときに、口座を確認したら、お金が足りないということがありますよね。このままにしておくと支払日にお金の残高が足りなくて滞納として扱われてしまうのですが、振込キャッシングを利用することで足りない残高をすぐに残高を増やすことができます。
そして、普通のキャッシングと違い、直接指定口座に振り込んでくれるので、慌てて残高に気づいた人でも間に合わせることが出来るのです。スピーディーに対応が出来るので残高不足で滞納を防ぐことが可能です。

自動契約機や窓口でキャッシングしているところを見られたくない場合

自動契約機は遠くからでも分かりやすく金融会社の看板か掲げていますので、入るのに抵抗があるものです。勤務先の近くですと入るところを見られてしまう恐れもあります。
しかし、振込キャッシングは、インターネット環境さえあれば自宅や職場からスマホ一台でキャッシングができるので誰かにばれる恐れはありません。

振込先を自由に選べる

振込キャッシングでは、特に指定する口座があるわけではないので、どの銀行口座でも問題なく使用ができます。つまり、自分が使っている好きな口座に振り込みが出来るのでとても使い勝手が良いですね。
ただし、一部の銀行カードローンなどは振込を指定していることがあるので、使う前にしっかりと確認をしておくと良いでしょう。

振込キャッシングの注意点

時間に余裕をもって

このように、基本的に利便性が高くメリットが大きいサービスですが、やはり、すべてメリットだけではありません。使う上で気をつけなければいけないことやデメリットもあるので、それも知っておきましょう。

振込時間に注意

振込キャッシングは平日14時までに依頼を完了してください。間に合わなければ、翌営業日の送金となってしまうのです。平日14時というのはかなり早い時間なので、時間の融通が聞く人ではないと難しいと思われます。その為、最低でも1日以上前に振込の申し込みをすると良いでしょう。
また、土日祝日以来も翌営業日の振込になります。

振込非対応日の借入方法

その際はカードローンで発行されたローンカードを使用してATMからキャッシングすることは可能です。直接指定口座には出来ないですが、それでも土日に引き落とせるのはとてもありがたいです。休日に稼動していないATMもありますが、ほとんどのカードローンではコンビニのATMが利用可能です。ただし手数料が発生しますのでご注意ください。

ローンカードがない方は?

その場合は当日キャッシングができませんので別方法を考える必要があります。
その際にお勧めする方法がクレジットカードの現金化です。当サイトでは詳しく特集しておりますのでご参考ください。