消費者金融に利用における総量規制とは?


キーワード
消費者金融に利用における総量規制とは?

総量規制ができた理由

消費者金融を利用する際には、総量規制という決まりが適用されます。
この総量規制とは貸金業法上の規定で、その人の年収によって融資金額を制限する為のものです。具体的には年収の1/3が借りることのできる上限金額となり、消費者金融からそれを超える借入れは行うことができません。
これは1社からの上限金額ではなく、全ての消費者金融を合計した金額になります。また、消費者金融の利用以外でも貸金業法が適用される借入れはこれに含まれます。一例として、クレジットカードを利用したキャッシング行為もこれに該当します。
総量規制が適用されるようになったのは、2006年以降の話です。同年に貸金業法が改訂され、その際にこの規定が追加されました。この総量規制によって、返済が不能になるような借入れはまず行えなくなったと言っていいでしょう。
尚、銀行からの借入れにはこの総量規制は適用されません。よって、銀行からであれば年収の1/3を超えるような借入れを行うことも可能ですが、現実にはそれほど大きな金額を借りることはできないと思ってください。
それは、総量規制と実際に返済できるかどうかは別問題だからです。いくら融資金額に法的な上限が無いとはいえ、とても返済できそうもない金額を貸してくれる訳はありません。その為、銀行を利用しても、同じ年収の場合は借りられる金額は実際には消費者金融とそれほど変わるものではありません。
つまり、この年収の1/3という金額は、法的な規制の上限であると同時に、無理なく返済できる1つのラインとして考えられているということです。

総量規制適用外の消費者金融

消費者金融を利用しても、この総量規制が適用されないケースがいくつか存在します。
その1つは借り換え専用のローンを利用する場合です。このローンは俗に”おまとめローン”と呼ばれることが多く、正確には「貸金業法に基づく計画返済支援ローン」といい、他社からの借入れを借り換えによって一本化する返済専用のローン契約になります。
この契約は消費者金融の通常のキャッシング契約とは別となり、総量規制が適用されない為、高額の借入れを行うことが可能です。むしろ、このローンは希望金額が高額になるのが当たり前なので、金額自体が審査にそれほど影響することはなく、それまでの利用実績の方が影響する場合が多いです。
高額の借入れになり、返済も長期に及ぶ為、審査でこれからきちんと返済を行えると判断されないと契約することはできません。その為、審査はそれなりに厳しいと考えてください。
そしてもう1つのケースは、事業者用のローンを利用する場合です。個人としてではなく、自営業者や経営者としてキャッシング契約を行う場合、この事業者用のローンが利用できます。
この場合は総量規制が適用されない契約になり、年収による融資金額の制限は無くなります。ですが、事業者としての実績が大切になるので、今の事業を少なくとも2年は継続していないと契約するのは難しいと場合がほとんどです。また、返済の為に事業収入を証明する必要もあります。これらの証明の為に、個人的な契約とは違って色々な書類を用意しなくてはいけません。
その他にも、消費者金融によって扱っていれば、目的別のローンも総量規制が適用されない契約になります。この契約にはその目的の為の実際の見積書や契約書などの書類が必要になり、こちらの場合も簡単に利用することができる訳ではありません。

総量規制は金融側にも影響がありできた制度

総量規制があるからといって、そこまでなら借りても何も問題がないという訳でもありません。
この総量規制のベースとなるは年収は、実際の手取りの所得とは結構な開きがあります。例えば年収が300万円の会社員の場合、手取りの所得となると、その金額は多くの場合で200万円程度です。しかし、消費者金融で適用される総量規制では300万円の方がベースとなる為、規定上はその1/3の100万円までの借入れが行えてしまいます。
実際に使うことができる金額が200万円で、その半分になる100万円まで借りてしまうと、返済が大変なのは言うまでもありません。もちろんですが、借りたお金には金利も掛かります。よって、年収の1/3ギリギリまで借りてしまうのは、とてもリスクが高い行為だということです。
このようなケースが考えられる為、消費者金融ではまだ総量規制まで余裕がある場合でも、そこまでは貸してくれないことがあります。消費者金融もできるだけ多く貸したいのはやまやまですが、返済してもらえなくては話にならないので、必ず年収の1/3まで貸すとは限らないのです。
特に1社だけを利用する場合、年収の1/3よりかなり抑えた金額までになることがほとんどです。年収が300万円だとすると、50万円までのことが多いかも知れません。これは貸し倒れになるリスクを考えてのことです。
消費者金融からの借入れは、原則的に担保や保証人を用意する必要のない無担保融資です。よって、総量規制の上限まで借りる側にもそれ相応のリスクが発生しますが、消費者金融側もそこまで貸してしまうと同様にリスクがあるということです。


関連するページ