現金化アプリPaydayとは


キーワード
現金化アプリPaydayとは

今、現金化アプリが話題となっています

今までは、「CASH」と呼ばれる現金化アプリが非常に人気でした。しかし、現在その「CASH」に次ぐ第2の現金化アプリが登場しています。
この第2の現金化アプリと呼ばれるものに、「Payday」があります。
こちらの「payday」とは、一体どういったアプリケーションなのでしょうか。
こちらの現金化アプリである「Payday」ですが、Paydayはスマートフォンアプリの一つとなります。
どのようなスマホアプリなのかというと、こちらのアプリは、なんと、毎月のお給料を、月に最大で3回まで先に受け取ることができるといったアプリとなります。こういったアプリは今までなかったので、非常に画期的な現金化アプリであるといえるでしょう。
前回まで人気だったCASHに関しましては、身の回りの服飾、そして小物などを現金化して売却することが出来るというアプリでした。今回のアプリは、給料の前借りなどを、会社に頼まなくとも、Paydayが立て替えて支払ってくれるという画期的なアプリになります。支払いは給料日後となり、先にアプリが支払ってくれると言うことになりますので、ピンチになってしまった場合にも、お金がなくて困ってしまうということはありまSね。
Paydayを使えば、もしも給料日までに現金がないという場合や、ピンチの状態で、どうしても前借りをしたいという場合にも、お給料を受け取ることができます。

現金化アプリの問題点


こちらの現金化アプリであるPaydayですが、今後新たに登場するとされています。ただ、今は開発の段階となっていて、正式にスマートフォンアプリとしてリリースはされていない状態です。
ちなみに、以前まで、非常に話題となっていた、CASHですが、アプリとして登場した際には、大変話題を呼び、初日からものすごい額の金額が現金化されたといわれています。初日では、3億6千万円以上が現金化されていますので、復旧の目処が当時は立たず、一度利用できないと言うことで、停止になってしまいました。
さらに、CASHは、法的にも問題があるというアプリと言うことでも、論議されている状態です。これは、質屋アプリと言うことで、貸金業法や出資法に抵触するということから、法的に問題があるとみなされているのです。
おそらく次にリリースされる要諦となっている、現金化アプリ「Payday」に関しましても、CASHというスマホアプリと同様に、給料を担保にする名目でお金を貸すようなものとなりますので、場合によっては、法的に問題があるということで、論議される対象になる可能性もあります。
また、利用の際には、高い手数料がかかってしまうということは間違いないと言われています。
しかし、給料日の前に前借りをしたいという方は、全国にたくさんいらっしゃると思いますので、それだけ多くの方が利用しますし、リリースされると同時に、CASHと同様に、たくさんの人が利用するだろうと考えられています。

Paydayのリリース予定日はいつ?


今後リリースされるとされている、現金化アプリの「Payday」ですが、このように、働いている会社から支給される予定となっている、お給料の支給日と平均額を設定することによって、自動的に一日にお給料が受け取り可能な金額を、アプリが自動計算をしてくれるサービスになります。そしてお給料を前借りすることが出来ます。まだ開発段階であり、正式にリリースはされていない状態となります。
お給料を前借りすることが出来るという現金化アプリですが、画期的なアプリで利用者は期待できるものの、法的な問題が生じてしまう可能性があるのと、手数料が高くなってしまうという問題点があり、これらの問題をどうクリアしていくのか…という点が気になるところであるといえるでしょう。
また、今回、リリースされる予定のスマートフォンアプリ「Payday」ですが、こちらのアプリの制作会社は、「BANK」という会社になります。
こちらの会社は、先日バズったことでも知られている、「CASH」の質屋アプリを制作した会社と同じ会社になります。「CASH」と同じ現金化のアプリであることから、問題となっていることもあり、リリースされる予定は、まだ当分先になる可能性も高いといえるでしょう。しかし、今は消費者が消費者金融で借り入れをすると言うことも、心理的なハードルが下がってきていますので、利用する方も増えるのではないかと考えられています。
また、CASHが安定してサービスが行われるようになってからリリースされる予定なのではないか…とも予測されています。


関連するページ