自分の夫のクレジットカード現金化は可能か、について


キーワード
自分の夫のクレジットカード現金化は可能か、について

夫の承諾があれば現金化できる

この場合、主婦などの無職女性と外見からは思われるような方が、自分の配偶者である夫名義のクレジットカード現金化が可能であるか否かに関してですが、現在のところ、とくに法律などにもそれ自体を禁止をするような規定や条文などもありませんので、文理解釈上は可能です。
ただ、これもやはり他人物売買の類にあたりますので、基本的にその所有者である夫本人からの承諾を、事前に得ておく必要性があります。そうしないとその本人に無断でカード本体の売買を行うような行為にあたりますので、法律上の不法行為や、刑事罰などでの横領罪などにも該当する可能性が十分に有り得ます。
そのうえ、売買行為そのものは違法ではないものの、発行主であるクレジットカード会社を利用規約上、ある意味、クレジットカード現金化そのものは欺く行為にあたります。このため、行為自体がカード会社に知られたりすると、カード名義人である夫共々、そこのカード会社からカード利用そのものを停止をさせられる事態になります。
そのうえ、そのような事態が元で、カード会社が所属している信用保証協会などへの記録がなされる事になります。そしてその記録が元で、イザ、破産宣告をしたりする必要があったりした場合には、裁判官による心証を悪くしてしまうような事態をも招く可能性なども生じ、破産宣告そのものが出来ないような場合も生じたりします。それゆえに、現金化を行う際には、必ず事前に夫から承諾を得たうえで、行っておくことがベストです。

クレジットカード現金化は審査がないけど本人確認は必要だ

先程は夫本人に無断で、その方のカードをクレジットカード現金化を安易にしたりした場合での問題性に関して触れました。そうしないと刑法上での犯罪行為などにも該当したりしてしまう事態にもなりかねませんので、現金化での売却行為自体も、なるだけ夫本人と一諸に行う事がベストかもしれません。
そしてそのうえで、買取専門業者などもなるだけ、本当に信頼出来るところを選んで利用していく形が無難であるといえます。買取業者への買取申し込みの際には、必ず運転免許証や健康保険証などの、本人確認書類とかが必要になります。
そして実はこの点において、とてもようく注意をして理解をしておかなくてはならない事があります。信頼出来る買取業者の場合にはとくに、心配などをしたりするような事はありませんが、これを安易に信頼する事が出来ない買取業者などへ依頼をしたりしてしまうと、申し込み者本人と夫の両者の個人情報を売買あるいは拡散をされたり、もっと最悪な場合には、何らかの犯罪行為に利用をされたりして巻き込まれたりする恐れすら有り得ます。このように、たとえクレジットカード現金化といえど、やはり、如何に心から信頼出来る、サービス精神旺盛なところを探したりしていけるかが、大きなポイントといえます。
このため、次の段落においては、その信頼出来る買取専門事業者を見つけていくための、具体的な方法などについて見ていくようにします。確かに比較専門サイトなどもあったりしますが、やはりさらなる具体的な探し方の目安が必要になる場合も考えられます。

夫のクレジットカードで現金化するときのアドバイス

これは大抵の場合には、クレジットカード現金化そのものに関して、その買取率そのものの、そこの買取業者による公式サイト上での表示の仕方なども大きく関わってくる事は間違いが無いといえます。買取率が89%から97%などといったような宣伝文句の表記の様子などは、一見すると、大変魅力的かもしれません。
しかし、そうした買取率の高さがある反面、その実際においての買取価格の相場それ自体が、とても安価である可能性もそれだけにあるといえます。つまり、実際に買取はするが、その買取価格そのものが大変安い現実がある事になります。それゆえに、買取率の表記のあり方としては、85%から90%前後あたりの、あまり高めでは無いような相場のところの方が、高値の相場で引き取ってくれる可能性がその分、高くなります。ましてや、主婦や妻である自分自身が、夫のクレジットカード現金化の交渉を買取業者側と行うというような形ですので、その場合、なるだけ1人だけではなく、夫の方と一諸に、買取依頼へのぞむ形が理想といえます。
また、インターネット上でのオンライン交渉などの場合には、夫から承諾を得た委任状などの送信添付とかをしたりしておけば、その分買取業者側へ良い印象を与えたりしますので、これもお勧めといえます。また、主婦業や女性という社会的立場上、どうしても無職者に見られたりするようなところなどもあったりしますので、如何に信頼出来る依頼者であるかについての自らを証明をしていく工夫が、ある程度必要かもしれません。