自分の夫のクレジットカード現金化は可能か

自分の夫のクレジットカード現金化は可能か

夫の承諾があれば現金化できる

クレジットカード現金化の場合、主婦等の無職女性と外見からは思われる方が、自分の配偶者である夫名義のクレジットカードの使用が可能であるか否かに関してですが、現在のところ特に法律等にもそれ自体を禁止する規定や条文等もありませんので、文理解釈上は可能です。
ただ、これもやはり他人物売買の類にあたりますので、基本的にその所有者である夫本人からの承諾を、事前に得ておく必要性があります。そうしないとその本人に無断でカード本体の売買を行うような行為にあたりますので、法律上の不法行為や、刑事罰等での横領罪等にも該当する可能性が十分に有り得ます。
その為決して家族である主人名義のクレジットカードであったとしても、申込者とのクレジットカード名義、さらには銀行口座名義に相違があれば、現金化業者から断れるケースがあります。

現金化が完了できたとしても

さらに、売買行為そのものは違法ではないものの、発行主であるクレジットカード会社を利用規約上、ある意味、クレジットカード現金化そのものは欺く行為にあたります。この為、行為自体がカード会社に知られたりすると、カード名義人である夫共々カード利用そのものを停止させられる事態になります。
そのうえ、そのような事態が元で、カード会社が所属している信用保証協会等への記録がなされる事になります。そしてその記録が元で、イザ、破産宣告をしたりする必要があったりした場合には、裁判官による心証を悪くしてしまうような事態をも招く可能性も生じ、破産宣告そのものが出来ないケースも生じます。それゆえにクレジットカード現金化を行う際には、必ず事前にから承諾を得たうえで行うようにすることがベストです。

クレジットカード現金化をする時の注意点

旦那とよく相談してクレジットカード現金化

審査はないけど本人確認は必要

先程は夫本人に無断で、クレジットカード現金化を安易にしたりした場合での問題性に関して触れました。そうしないと刑法上での犯罪行為等にも該当したりしてしまう事態にもなりかねませんので、現金化での売却行為自体も、なるだけ夫本人と一諸に行う事がベストかもしれません。
そのうえで、買取専門業者もなるだけ、本当に信頼出来るところを選んで利用していく形が無難であるといえます。クレジットカード現金化業者への申し込みの際には、必ず運転免許証や健康保険証等の、本人確認書類が必要になります。
そして実はこの点において、とてもよく注意をして理解をしておかなくてはならない事があります。信頼出来る優良な現金化業者の場合はとくに心配をする必要はありませんが、これを安易に信頼出来ない悪徳業者へ依頼をしてしまうと、申し込み者本人と夫の両者の個人情報を売買あるいは拡散をされたり、もっと最悪な場合には、何らかの犯罪行為に利用をされて巻き込まれる恐れすら有り得ます。

信頼業者へ依頼するには

このように、たとえクレジットカード現金化と言えども、やはり、如何に心から信頼出来る、サービス精神旺盛なところを探していけるかが大きなポイントです。
この為、「クレジットカード現金化業者の優良店の見分け方」が重要になります。確かに比較専門サイト等もあったりしますが、やはりさらなる具体的な探し方の目安が必要になる場合も考えられます。

夫のクレジットカードで現金化する時のアドバイス

主婦や妻である自分自身が、夫のクレジットカード現金化の交渉を買取業者側と行う形ですので、その場合なるだけ1人だけではなく、夫の方と一諸に、契約へのぞむ形が理想といえます。
また、インターネット上でのオンライン交渉等の場合には、夫から承諾を得た委任状等の送信添付をしておけばその分現金化業者側へ良い印象を与えますので、これもお勧めです。
また、主婦業や女性という社会的立場上、どうしても無職者に見られるところもあったりしますので、如何に信頼出来る依頼者であるかについて、自らを証明していく工夫がある程度必要かもしれません。

個人名義であれば現金化できる

旦那に秘密でクレジットカード現金化はできる

しかしクレジットカード現金化は個人名義のクレジットカードであれば主婦の方でも旦那の同意不要で利用可能です。キャッシング等とは違い同意書等も不要です。
クレジットカード現金化はご主人様に内緒で行いたいケースもあるかと思います。
その様な主人のクレジットカードを使いたくない時の為に、自分のクレジットカードを作っておきましょう。そうすれば「クレジットカード現金化は旦那に内緒で簡単に行えます」。
クレジットカード自体は主婦の方でも簡単に作れますので是非ご活用ください。

旧姓名義クレジットカードは現金化できるのか

また以前使用されていた旧姓名義のクレジットカードも現金化が可能です。
しかしその為には現在の身分証明書と旧姓の時の身分証明書が必要となります。旧姓名義の身分証明書は必要なくなる為、所持している方は少ない為利用できる方は限られてくるでしょう。