自営業はカードローンが作りにくい


キーワード
自営業はカードローンが作りにくい

自営業はカードローンが作りにくい理由

事業資金の調達のためにお金を借りたいという自営業の人は少なくないのではないでしょうか。しかし、ビジネス用ローンは利用条件が厳しくなかなか借りづらいという声もあります。そのため、より手軽なカードローンはと自営業の人にとって魅力的な商品といえます。
しかし、個人事業主、フリーランサーなどの自営業者やと呼ばれる人たちはカードローンが難しいと一般的にいわれています。お金を借りたりするカードローンに申し込んでも借りれなかったりする場合もあるのです。どうして、自営業者はカードローンが難しいのでしょうか?そこで、その理由についてご紹介したいと思います。
通常、カードローンに申し込んだ場合には審査を受けることになります。カードローンの審査は、カードローンを申し込んだ会社などによって行われています。しかし、自営業の場合には、次の2つの理由で審査に通りにくいといわれたりしています。まず、収入が安定していない可能性があるということと、継続的な収入が見込めない場合があるということです。
しかし、サラリーマンでの場合は、給料をもらっているということで継続的に収入の見込みが自営業の人よりはあると判断されるため、自営業よりも借りやすくなっているのです。サラ―リーマンが勤めている会社の事業主は、人を雇って経営をしているほどなので、その一人として雇われているサラリーマンは毎月給料を安定的に支払われ、個人事業主よりも収入面で安定していると考えられているのです。

自営業はカードローンが作れないのか?

一般的には、事業を全くの一人でやっている自営業の人よりも、安定的に収入が得られる環境下で働いているサラリーマンの方が収入面でより安定していると考えられています。
お金を貸す側であるカードローン会社は債権の回収ができるという人にお金を貸したいのです。しかし、来年には業績不振によって廃業しているかもしれない、返済をしなければならないのに突然連絡が取れなくなってどこに行ったか分からないかもしれないといった可能性が、普通のサラリーマンよりも高いであろう自営業の人にお金を貸すのは難しいと判断するカードローン会社があるのも事実なのです。
そうはいっても昨今の経済状況の中で、サラリーマンも絶対安全とは言い切れません。そうはいっても、今日はよくても明日は収入が得られないかもしれないという自営業の人よりは、サラリーマンの方をより安定的に返済が見込めると判断するカードローン会社も多いのです。
つまり、自営業の人がカードローンを借りにくい理由というのは、収入が安定していない可能性があることと、継続的な収入が見込みにくいといった可能性があるという2点の理由なのです。
では自営業の人はカードローンが絶対に借りられないのでしょうか?カードローン会社の中には、自営業の人でも借りられるカードローンサービスが提供されているところもあります。しかし、サラリーマンと比べると収入の安定性が重視されるので借りにくさは同じといえるのです。

審査も厳しくなっている

自営業の人はカードローンが難しいといわれている理由に安定した収入が挙げられています。ではその安定した週に裕はどのように判断されるのでしょうか?それは、自営業の人が用意する必要書類によって判断される部分が大きいのです。そして、自営業の人がカードローンが難しいといわれる理由は、これらの必要書類が用意できない場合もあるからなのです。また、例え、用意しても借り入れるカードローン会社の審査で収入面が不安定だと判断されてしまうことになってしまうからなのです。
例えば、自営業を始めて3ヶ月で借り入れができるかどうかという点があります。起業して1年目なので確定申告や納税が終わっていないという場合には、収入を証明する公的な書類を発行してもらうのは難しいといえます。しかし、収入証明書が必要な額を借り入れたいという時には必要書類自体が準備できないので借り入れは不可能といえます。
また、1年を経過している場合について考えてみます。収入は自己申告で、借り入れを希望する金額が高額の場合などは収入証明書類の提出が求められる場合もあります。収入証明書類は用意できるけれども、書類にある収入と、借りたい借入額のバランスがあまりに悪いと審査に通らないということになってしまうのです。このように、自営業の場合には、必要書類も多いので、それらをそろえることも必要ですが、必要書類がそろった場合でも書類に記載されている内容と希望額がバランスしていないと借りにくいという現状があるのです。