買取業者の古物商許可番号とは


キーワード
買取業者の古物商許可番号とは

古物商が必要な場合

現金化業者だったり、買取業者でよく見かけるのが、古物商許可番号です。こちらの古物商許可番号についてですが、よく見かけるけれど、実際に何かは詳しく知らないという方も多いです。
こちらの古物商許可ですが、何かというと、こういった買取業者などの、リサイクル業者などには、必須となっている許可証となっています。古物商許可とはどういったものなのかとういと、簡単に言えば、中古品の売買をする人、または業者などが、これらの売買をする際に、もらわないといけない必要な許可となっています。
たとえば、古物商許可に関しては、古物を売買するという場合だけではなく、たとえば、レンタルだったり、リースをする場合にも、古物許可証が必要となってきます。
しかし、これはあくまでも古いものだけであって、新品をリースする場合は、古物商許可などは必要がありません。従って、買取業者などの場合、古物商許可が必要ですので、利用をする際には、こちらの許可を得ているかどうかを確認する必要があります。多くの場合にはこちらの番号が記載されていますので、そういった場合には、許可をもらっているということになります。
また、自分自身で中古品などのやりとり、古物の取引を行う場合にも、この場合、古物商許可番号が必要となります。ホームページなどに、これらの古物商許可番号を記載しなければなりませんので、注意をしましょう。たとえば、オークションサイトでストアを出店する場合にも、必要となります。

古物商を持っていないとどうなるのか


こちらの古物商許可番号についてですが、ホームページで開設してこれらの取引を行う場合、あるいはオークションサイトなどでストアを出店する場合に、必要となります。買取業者以外でも、個人の場合にも、中古品などの取引をしたりと、買取や売買をする際に必要です。
このように、買取業者や、個人などが、ホームページ等を開設して、そして、古物の取引を行う場合には、古物商許可が必要であり、そして警察から「受理番号」をその場で確認する必要があります。
つまり、どの買取業者もこのように、古物商許可が必要であるため、もしもホームページを開設しているのにもかかわらず、こちらの古物商許可番号が記載されていないという場合には、問題がある業者であると考えておく必要があります。買取業者を利用する場合にも、これらの古物商許可の番号が記載されているかの確認が必要であり、ない場合には、避けておいた方が良いといえるでしょう。古物商の無許可営業の場合、「3年以下の懲役または100万円以下の罰金」が科せられています。行政処分ですが、とても重くなっており、「許可の取り消し」だったり、「営業の停止」さらには、「指示」などがあります。
このように古物商許可を得ない場合、極めて重い処分がありますので、注意が必要となります。買取業者を利用する際には、こちらの古物商許可を得ているのかどうか、ホームページの番号などをしっかりとチェックしておくように心がけましょう。

古物商の取得方法について


古物商許可に関してですが、それほど難しくはなく、試験などは一切ありません。いつでも誰でも簡単にとることができますので、車の免許などを取得するよりも遥かに容易であると考えておくと良いでしょう。古物商許可の取得方法ですが、所在地を管轄している警察署において、古物商許可が取得できます。必要書類を用意する必要があり、その他手数料も必要となります。
また、こちらの古物商許可に関してですが、カード現金化業者のホームページなどに、古物商許可番号が記載されていない場合には避けておく必要がありますが、仮に、古物商許可番号が記されていた場合でも、実は、公安委員会に、ホームページURLコードを届出していないという業者もあります。
また、買取業者の中には、悪徳サイトもあります。こういった悪徳な買取業者の場合には、適当な古物商許可番号を並べて記載しており、利用者を騙すような、買取業者も存在しています。
このため、番号が記載されているからといって、必ずしも安全であるとは限りませんので、しっかりと下調べをしてから、買取業者を選んだ方が良いといえるでしょう。
また、現在、契約することを検討している、現金化業者があるのであれば、古物商許可番号から、事業者名・URLを調べてみることができます。古物商許可番号から、こちらの事業者名・URLを調べるためには、古物商許可番号のデータベースから、許可番号を入力して調べてみるようにしましょう。


関連するページ