銀聯カードの特徴やメリットについて


キーワード
銀聯カードの特徴やメリットについて

銀聯カードとは

最近、中国人観光客の方の爆買いという言葉を聞くことがあると思いますが、その爆買い時に使用されるのが銀聯カードです。銀聯カードは、中国で発行されているカードで、世界で一番発行枚数が多いというカードなのです。そして、その発行枚数は50億枚を超えるのです。また、日本国内でクレジットカードが使えるお店のほとんどが銀聯カードを使えるようになっています。
銀聯ブランドのクレジットカードは、中国でVISAやMasterの加盟店より3倍多い加盟店を持つといわれているカードなのです。そのため、中国旅行に行くなら必携のクレジットカードで、中国銀聯は2002年に設立されてから、決済ネットワークは世界150カ国や地域に拡大しました。
銀聯カードは、クレジットカードなのではなく、主に中国で発行されているデビットカードなのです。銀聯カードのデビットカードは、中国の銀行の発行するキャッシュカードで、15億枚が普及しているといわれています。銀聯カードは日本のデビットカードと同じ仕組みになっていて、支払いと同時に、預金口座から代金が直接引き落とされるようになっており、中国国内では約74万店で利用できるというカードです。
銀聯カードは預金の範囲内で、ATMで現金の引き出しや加盟店での決済などに利用することができます。中国では、クレジットカードよりデビットカードも普及しているのです。中国元には高額紙幣もないので、現金に代わる決済手段としてカードは普及しています。

銀聯カードがデビットカードの訳

銀聯カードは中国銀聯が発行するカードで、多くはデビットカードになっています。中国国内の銀行で口座を作るとキャッシュカードが発行されますが、そのキャッシュカードは銀聯ブランドのもので、銀聯ブランドが使えるところではどこでも使えるというカードなのです。つまり、銀聯カードはキャッシュカード兼デビットカードで、銀聯ブランドが利用できるところなら、世界中どこでもデビットカードとして利用ができるのです。
でもなぜクレジットカードでなくデビットカードなのでしょうか?その理由は、中国はまだ世界の中で発展途上国として位置づけられているからなのです。中国は世界第2位の経済大国なのですが、まだ経済発展して日が浅いという音もあるのかもしれませんが、先進国としては認められていないのです。貧富の差は大きくて、一部の富裕層がGDPを引き上げているようになっているので、全体的に見るとまだまだ生活水準はそれほど高くはないとされているのです。中国の人口は約13.67億人で、日本の10倍以上ですが、ほんの一握りの裕福層と、大多数の人々という構図になっているので、国全体として先進国とは認められていないということなのです。
このような理由で経済大国ですが、発展途上国になっており、そのため、クレジットカードで必要な与信に通る国民が少ないのです。そのような理由でクレジットカードではなくてデビットカードが普及しているということになっているのです。

ショッピング枠はあるので買い物はできる

銀聯カードは中国全域で利用できるカードなので、普段の買い物に利用されるお財布代わりのカードです。銀聯カードは日本では三井住友カードと提携して、2005年に加盟店業務を開始し、訪日中国人のニーズ対応が進んでいます。
銀聯カードは、ATMがあれば中国全土どこでも現金の引き出しができてとても便利です。また、海外でもATMで現金が引き出しができたり、デビットカードとして、ショッピングができるため、クレジットカードと同じ役割を果たしてくれます。海外でもATMで現地通貨として現金を引出すことができ、海外でも、デビットカードとしてショッピングできます。さらに、持ち出し制限を気にせずに、海外旅行に出かけることができるという点でとても便利なカードといえます。さらに、デビットカードなので、すぐその場で銀行口座から引き落としがあり、分割などをする必要がないともいえますので、分割手数料もかからないという点はリーズナブルといえます。
銀聯カードは中国に行く時には持って行くととても便利なカードです。日本ではどのようにして銀聯カードを作れるのでしょうか?それについては、通常のクレジットカードと同様に、カード会社に申し込むと作れます。日本では三井住友カードと三菱UFJニコスが日本国内で銀聯カードを発行しているクレジットカード会社になります。
銀聯カードを持っているとより便利に利用することができますので、特に長期滞在をするという場合は1枚作っておくのがいいですね。