銀行のカードローンが消費者金融の審査に影響を与えています


キーワード
銀行のカードローンが消費者金融の審査に影響を与えています

消費者金融の審査は以前よりも厳しくなっている

現在、銀行のカードローンの問題の影響を受けて、消費者金融の審査が以前より厳しくなっています。
この銀行のカードローンの問題とは、銀行のカードローンは消費者金融とは違って借りられるのは年収の1/3までという借り入れ制限がないことが原因になっており、この制限がないことから、返済が不能になってしまうほどの借り入れを行ってしまった人が増えているのです。
そして、銀行のカードローンと消費者金融では適用される法律が違うので、銀行のカードローンを利用中に更に消費者金融と契約することが可能です。いくら銀行のカードローンで借りていようと、消費者金融に適用される貸金業法に影響はありません。よって、既に銀行のカードローンで返済が不能なほどの借り入れを行っていても、場合によっては消費者金融から借り入れが行えてしまいます。
もちろん法律上は貸しても問題ありませんが、当然のことながら、そのような状態の人が返済を行えるとは思えません。こういった人が増えてきている為、消費者金融の審査が以前より厳しくなってしまったのです。
銀行のカードローンはいくら年収による借り入れ制限がないとはいえ、返済ができないほどの借り入れを行っては問題があるのは当然ですが、貸す銀行側もマイナス金利の影響からか、最近では個人向けの融資に力を入れていることもあって、そのような融資を平気で行ってしまうのにも問題があると言わざると得ません。
この銀行のカードローンの問題については、金融庁も警鐘を鳴らしているくらいで、銀行側にも早急な対策が求められています。

消費者金融の審査が厳しくなっているわけ

要するに、既に銀行のカードローンで借り入れを行っている人が消費者金融を利用するケースが増えているということです。
例えそれがまだ返済が行える範囲だとしても、消費者金融などの貸金業法が適用されているキャッシングは全く利用していない場合、消費者金融で新たに年収の1/3までの借り入れが行えてしまいます。この年収の1/3とは、無理なく返済が行える上限として設けられている総量規制と呼ばれるラインです。これに加えて銀行のカードローンの利用分があると、返済が難しくなるのは間違いありません。
このように、銀行のカードローンの利用分がある為に、消費者金融が新たに融資した分の返済まで滞ってしまうケースが増えているため、現在では消費者金融は以前より審査が厳しくなりました。
消費者金融では審査時に信用情報を利用して、その人の現在の借り入れ状況を調べています。ですが、これは主に同じ貸金業法が適用される他社からの借り入れによって総量規制的に問題がないかどうかを調べる為で、銀行のカードローンの利用分まではほとんどチェックしていませんでした。元々適用される法律が違うので、消費者金融とは何も関係ないからです。
しかし、現在のように銀行のカードローンで借り入れがある人が更に消費者金融を利用するケースが増えてくると、法律より何より返済についての心配があります。そこで、銀行からの借り入れについても充分に調べるようになりました。これによって、必然的に以前より審査に通らなくなったという訳です。本来は関係ないはずの銀行からの借り入れがあると、それが原因で消費者金融の審査に落ちることが出てきたのです。

審査にかかわる信用情報機関

審査で利用される信用情報を扱っている機関には3種類あり、1つは消費者金融などの貸金業法が適用される借り入れ全般の記録を扱っているJICCと呼ばれる機関で、次にクレジットカードや各種のローン契約の記録を扱っているCICという機関があります。
従来、消費者金融の審査で主に気にされるのはこの2つだけでしたが、現在では銀行や信用金庫からの借り入れの記録を扱っているKSCという機関の記録も充分に参照にするようになりました。
これらの機関から信用情報を参照するには、その機関に加盟する必要があります。消費者金融の場合、JICCかCICのどちらかに加盟することが義務付けられており、大手の消費者金融はその両方に加盟しています。
この信用情報は加盟している機関の情報しか参照できないという訳ではなく、JICCだけに加盟していても、CICやKSCの情報を参照することが可能です。ただし、加盟していない機関の情報を参照する場合にはある程度のタイムラグが存在してしまうので、即日融資を売りにしている大手の消費者金融では瞬時にどちらの最新の情報も参照できるように、JICCとCICの両方に加盟しているのです。
KSCには原則的に銀行や信用金庫などの金融機関しか加盟できない為、消費者金融から銀行のカードローンによる借り入れ状況を参照するにはある程度の時間が掛かります。現在ではこのKSCの情報も大切になった為、以前より審査に時間が掛かることも多くなりました。
ここまでに挙げてきた理由から、現在では以前より消費者金融の審査が厳しくなったのは間違いありませんが、それは同じく書いてきたように、既に銀行のカードローンを利用している人に対してです。審査に時間こそ掛かるようなりましたが、その借り入れが無ければ以前とそれほど変わるものでもありません。
誰に対しても厳しくなってしまったという訳ではないので、消費者金融が初めてのカードローンの利用であれば、それほど心配はしなくても大丈夫だということです。