電子マネーの現金化方法


キーワード
電子マネーの現金化方法

電子マネーについて

急な出費で現金が欲しいときの方法としてクレジットカードなどのキャッシングやショッピング枠の現金化などがあります。しかし、限度額がいっぱいだったり、キャッシングに抵抗がある人もいます。
また各カード会社が現金化できるギフト券などの購入に厳しい対応を取っています。あまり頻繁にギフト券を購入したり金額の高いギフト券を購入するとカード会社側が調査してカードの使用停止や解約されたりと今後の信用に問題が起きてしまいます。
その為、ここでは電子マネーを現金化する方法を考えます。
まずは、電子マネーとは、電車に乗るのに便利なsuicaやセブンイレブンで作れるナナコやEdyなどになります。いろんな種類の電子マネーが存在しますが、一番、良く使われていて現金化しやすい電子マネーは、交通系の電子マネーsuicaだと思います。私自身、何度もsuicaで現金化しています。大変便利な電子マネーですのでsuicaを持つことをおすすめします。まずは、suicaを持っていない人は、最寄りの駅でsuicaを作りましょう。500円が必要になりますが解約すれば帰ってきます。
便利な電子マネーで今後の生活に役立ちますし電子マネーで現金化するには必須のカードになりますので、まずはsuicaを作りましょう。

suicaを現金化する方法

それでは、電子マネーsuicaを作成もしくは、持っている人は、現金化をする方法を考えましょう。電子マネーsuicaには2種類の電子マネーが存在します。まずは、駅で作成するsuicaのカードです。もうひとつは、スマートフォンなどでアプリをダウンロードして作成する電子マネーのモバイsuicaになります。どちらも同じsuicaなのですが使用できることが多少違います。現金化しやすいのは、駅で作成する方のsuicaカードだと思います。
まず、簡単な現金化方法としてsuicaカードを使用して定期券を購入することです。suicaには、クレジットカードから入金ができますので
入金後に駅の販売機にて定期券を購入して払い戻すという方法です。販売機で定期券などを購入しても5分以内ならば、販売機で返金ができます。この5分が大事ですので、実際に行う前に販売機で操作方法をよく見て、間違えないようにしましょう。また、販売機で切符を購入するお客さん達もいますので、なるべく混まない時間帯でおこないましょう。朝などの通勤時間帯を避けて頻繁にお客さんが来ない時間帯、13時から15時くらいがおすすめです。
慌てず焦らずに購入、返金作業ができるようにしましょう。簡単な作業ですので一度できてしまえば、今後の現金化にスムーズに対応ができます。また、5分以上経過してしまっても問題はないです。駅の窓口で返金手続きをすれば現金で返金されます。しかし、何度もやるとあやしまられるのでなるべく販売機で済ませましょう。

suicaを現金化するまでの時間

suicaでの定期券の返金はsuicaカードではできますが、もうひとつの電子マネー、モバイルsuicaでは対応していません。サイト内での購入、返金になる為、注意しましょう。この方法以外にも現金化の方法はあります。電子マネーsuicaでは、コンビニやドラッグストア、ドンキホーテなどのお店で物を購入することができます。Amazonなどのネットショッピングでも使用できますのが、ギフト券などは購入不可になります。実際になるべく換金率が高い物を購入して売ることです。ゲーム機やソフトなどが高いと思います。
モバイルsuicaでも可能ですので、この方法ならば現金化ができます。
また、モバイルsuicaで一部の郵便局で切手や証紙などを購入できます。しかし、新宿郵便局のみになってますので近くお住まいや、新宿に行く予定があればこの方法で切手などを購入して金券ショップに売ることができます。買取り率も高いので現金化には良い方法だと思います。最後の方法として、suicaカードの解約があります。一度解約するとすぐには作れませんが、何度も作って解約することはできます。解約後はsuica内の現金が口座に入金される為、現金化のひとつの方法だと思います。しかし、入金までの時間に約2週間ほどかかるので、すぐに現金化したいときには、できない方法ですが、確実に残ってる金額が入金される為、買取り率を気にすることもなく現金が手に入ります。他にも幾つか方法がありますが、簡単でおすすめできる方法は以上になります。安心、安全な現金化をしましょう。