Amazonの携帯キャリア現金化を効率的に利用していく方法


キーワード
Amazonの携帯キャリア現金化を効率的に利用していく方法

携帯キャリア決済の現金化について

大抵の方の場合にはこのAmazonや楽天市場その他の幾つかからなる、いわゆるネット通販での商品購入の際での決済方法としては、クレジットカードやデビットカードなどでの決済を行うような方が多いのが現状といえます。
しかし、この方法の場合には、カード会社やそのカードブランドなどによっては、余計な手数料などを取られたりするような場合なども少なくないといった現状も確かにあります。このため、そうしたような状態をなるだけ回避をしたりしていくうえでも、今、Amazon社による携帯キャリアによるサービスそのものの現金化をしていく方法があります。この形の場合、ごく普通に私達が物や商品・サービスなどの購入をしていく際に利用している携帯キャリア決済システムでの現金化というあり方になりますので、もしかすると、クレジットカードなどよりも現金化の自由度などは、一見するとあるような感じもしないではありません。
しかしながら現実には、あの毎月1日にタイムアウトになるような設定が最初からなされているPINCOMでのシステム上の制限や、今年の2月と3月からなされているメールアドレスのドメイン制限と与信などによる制限などがありますので、依然として現金化での携帯キャリア決済の利用というものは、厳しいような感じになっています。また、携帯キャリア事業者などにもより対応がそれぞれ異なるといったような現状がありますので、決して簡単ではない課題でもあります。

キャリアごのと現金化について

それではどのようにして、効率的に携帯キャリア決済システムの現金化をしていけばよいのか、このAmazon社でのシステムの場合でのケースで、今から具体的に触れていきます。同社での携帯キャリア決済システムの場合、NTTドコモ社とau社、ソフトバンク社の3社のものがメインとして対応が可能なようになっています。そして、ドコモ社がアマゾンギフト券、au社がPINCOM、ソフトバンク社がiTunesカード、という具合にそれぞれ個々での購入サイトにおいての対応環境の設定といったものがなされているような状態になっています。
そうした点を考えてみると、直接のPINCOMのサービスとの対応がなされているau社を除いては、その仲介システムとしてあとの2社としてはPINCOMとの兼ね合いは利用者同士が混み合う摩擦などの事態になりにくいといったような状態ですので、購入サイトの利用自体が分散をされたりする分、先程も話した毎月1日に集中しがちなPINCOMへのアクセスによる摩擦解消なども、ある程度なされていくような感じもします。現金化による各キャリア利用がそれだけにしやすいような環境にある事には間違いがありませんので、そうした点でも大変ありがたい、Amazon社のシステムを利用した現金化の容易さは、ある程度あるものと思われます。
また、それらの携帯キャリアの決済システムを利用している所有者本人の事情などもあったりしますが、こうしたキャリア毎での関連サイトの分散で、ある程度は利用がしやすい環境ですのでそれなりの期待はあるといえます。

Amazonを利用する方法

Amazon社でのアカウント登録、PINCOMでのそのアカウントが不要等々、様々なアマゾンギフト券の購入の形が各キャリア決済システム毎にある事については、先の段落でも見た通りになります。
ただ、アマゾンサービスでの携帯キャリア決済の使用という面では、そのアカウント内に設置されている支払い方法において使用していくキャリア決済システムを追加配置していく事により、支払い方法の選択肢の1つという形にしていく事が可能になります。それではそれがどのような手順でしていけるのかについて、今から具体的に最後に見ていきます。
まずは、アマゾンサービスのアカウントサービスコーナーにあるお支払い方法というところを選択し、携帯キャリア決済での新しいアカウントの作成を行います。これが最初のスタートになります。
そして次に、携帯キャリア会社及び、そのアカウントタイプの選択を行うようにします。それぞれのアカウント仕様が異なりますので、作業の際には慎重に行う必要があります。それからdアカウントでのIDナンバーとパスワードの入力を行い、さらに4桁からなるspモードパスワードという番号の入力作業を行い、承認番号が表示されるのを待ちます。
そしてその表示がなされた時点で、アマゾンサービスでの新規アカウントの作成は完了になります。このような一連の流れになりますが、やはりAmazon社が扱うアカウントで携帯キャリア決済でのシステムを利用しながら現金化をしていきますので、手数料などもほとんど掛からず、大変お得な利用が可能なのは間違いがありません。


関連するページ