Amazonギフト券買取は違法なのか?逮捕者が出た理由について

Amazonギフト券買取は違法なのか?逮捕者が出た理由について

Amazonギフト券買取業者は違法なサービスなのか

Amazonギフト券買取業者は金券ショップの様にギフト券を買い取る会社なので違法性はありません。公式サイトを見ると古物商の免許もきちんと所持しておりますので、特に免許も要らないクレジットカード現金化業者よりも安全性が高く、利用される方も多いかと思います。

Amazonギフト券買取は違反行為

退場です

しかし、Amazonギフト券の転売行為は通販ネットショップのアマゾンの利用規約違反となっております。違反行為が見つかってしまえばAmazonギフト券は没収、さらにはアマゾンのアカウントが停止されます。
その為一見安全性が高そうなAmazonギフト券買取を利用したクレジットカード現金化は、アマゾンとカード会社から目を付けられていますので、注意して利用しなければなりません。

クレジットカード現金化よりも逮捕されるリスクが高い

またアマゾンのアカウント停止で済めば良いですが、違法行為で逮捕されて実刑迄なってしまう可能性はあります。それはAmazonギフト券の買取はクレジットカード現金化とは違いご自身で転売するからです。転売でも商売として行っているとみなされると、利用者も古物の免許がなければ違法業者とみなされる恐れがあります。

知り合いなどから譲り受けたAmazonギフト券が要らないから売却したのであれば業者とはなりませんので、違法とはなりません。

Amazonギフト券の安全な売り方

これはクレジットカード現金化業者でAmazonギフト券を購入されるときに指示される手法でもありますが、Eメールタイプを購入した時のプレゼントの相手を現金化業者にする方法です。

また何か警察から疑いをかけられたら、友人からもらったと言う手もあるでしょう。
ただし多くのギフト券を転売したのであれば、ばれてしまいますので結局はリスクがある点を認識してください。

初の逮捕者が出た理由

このようにAmazonギフト券買取はクレジットカード現金化の様に違法でないが、違反行為をグレーな商売だとなります。今のところ利用者が逮捕されることはありませんが、あまり周りの方に言いふらす行為は控えた方が賢明です。
しかし、2017年10月に初の逮捕者が業者側で出ました。その業者はamachanというサイト名ですが、一切広告展開をしていない無名のサイトです。

amachan

無名の為、顧客もいないところでしょうがなぜ逮捕されたのでしょうか。

逮捕された理由

逮捕された理由は無免許営業でも、被害届が出たからでもありません。amachanが詐欺に加担したからです。

詐欺の内容

架空請求詐欺

これは架空請求詐欺です。有料動画サイトの利用料金が未納だと有りもしない料金をだまし取ったのです。この時に銀行振り込みでは足が付くため、足が付きにくいAmazonギフト券が利用されたのです。Amazonギフト券はコード番号だけで換金できますので、このギフト券を被害者に購入させ、送らせていたのです。
Amazonギフト券を換金するには買取業者へ依頼するしかありません。その買取業者がamachanだったのです。amachanはネットで検索しても出てこないように工夫されていましたので、詐欺業者専用の買取サイト、また、詳細は不明ですが一味だったのかもしれません。

このため、Amazonギフト券買取自体が違法ではなく、詐欺業者に加担したため逮捕されたのです。

カードタイプが売れにくくなった理由

Amazonギフト券が売れない

ニュースにはなっていませんが、amachan以外にも逮捕されたAmazonギフト券買取業者も存在します。その中にはすでに閉鎖されておりますが、有名な業者も逮捕されています。

この為まっとうなAmazonギフト券買取業者は慎重にならざるを得なく、怪しいギフト券や利用者からの買取を辞めたのです。

怪しいギフト券とは

このAmazonギフト券とはカードタイプです。カードタイプはコンビニで現金払いができますので、架空請求業者が被害者に購入される傾向があったのです。この為カードタイプが売却できる業者でも、利用者は正規のルートで購入した点を証明するためにレシートが必要になっています。

現在もAmazonギフト券を活用する架空請求業者や闇金は存在するため、Amazonギフト券買取業者には警察から照会の問い合わせがあるようです。

捜査機関からの照会

このようにAmazonギフト券の審査が厳しくなっておりますので、ご利用の方はお時間にゆとりをもってお申し込みください。

トラブルに巻き込まれない為に

現在もAmazonギフト券を送らせる架空請求業者はなくなっていないため、買い取る業者も存在すると思われます。その為、そのAmazonギフト券買取業者を利用すると逮捕はされなくても、警察から事情聴取を受けるなどの悪影響がある恐れがあります。

そこで買取業者に依頼する時は古物商許可番号を記載したサイトをご利用ください。さらに古物商は本人確認が義務付けられておりますので、身分証の提示が不要なサイトも避けると良いでしょう。
また優良店をお探しの方はこちらをご参考にしてください。

架空請求業者に要注意

最後に現金化とは関係ありませんが、普段の生活で身に覚えがあるような請求でもAmazonギフト券で支払うようなところは確実に詐欺業者ですのでご注意ください。詐欺師はアマゾンはおろか、他人には相談しづらいFC2や最近ニュースとなったアダルトサイトのPornhub、身近なものからダークな方しか利用しないようなサイトまでありとあらゆる手段で架空請求してきます。

また、これは他の任天堂やプレストなど流行りの電子ギフト券でも被害が出ています。このコロナ禍で風俗など行けない方が違法なアダルトサイトを見ると、罠がありますので風俗上ったくり並みに注意しないといけませんね。