iTunesカードの換金率について


キーワード
iTunesカードの換金率について

相場はどのくらい?

iTunesカードを換金したいと思っているけれど、なるべく高い金額で換金をしたい…という方も居れば、換金率がどのぐらいか分からないという方も多いです。
iTunesカードは、実は相場というものがあります。iTunesの換金率の相場ですが、大体65%~72%といわれています。アマゾンギフト券などの換金率と比較すると、意外と低い換金率だと感じる方も多いと思います。しかし、工夫次第で、マックスの金額である72%で換金をして貰うことは可能となっています。
iTunesカードの換金に関してですが、どのように換金をするのかというと、主にインターネットなどの、買取サイト、そして店頭買取業者、オークションサイトなどで自分で換金をするという方法があります。これらの方法ですが、一番換金率が高いのが、インターネットの買取サイトであるといえるでしょう。インターネットの買取サイトの場合には、大体70%~72%程度の換金率で買い取ってもらうことが出来ます。しかし、店頭買取業者の場合には、少し換金率が下がってしまう傾向にあり、65%前後の換金率となります。また、オークションサイトを使って、iTunesカードを換金する場合には、68%~70%程度の換金率となります。
マックスの換金率である、72%で換金できるのが、インターネット上の買取サイトであり、他の方法で換金をした場合には、換金率が大きく下がってしまうなど、差がありますので、気をつけるようにしましょう。

種類によって換金率は変わるのか

さらに、iTunesカードの換金率に関してですが、iTunesカードのタイプ別では、換金率は変わることはありません。このため、Eメールタイプであろうが、iTunesカードであろうが、どちらでも換金率は変わらないので、この点は安心して問題はないでしょう。
問題は、換金率は換金する金額でも変わってきてしまいます。たとえば、1万円以上のiTunesカードと、1万円未満のiTunesカードでは換金率が変化します。1万円以上のiTunesカードの方が、高い換金率で換金をすることが出来ますし、同じ方法であっても、1万円未満であれば、5%近く換金率が変わってくることもありますので、金額が安ければ、そのままiTunesカードとして利用した方がお得であるといえるでしょう。このように、iTunesカードを換金する場合には、そのタイプ別では、換金率は特に変わることはありませんが、金額の大きさで換金率が変わってきますので、注意をするようにしましょう。
また、換金率を少しでもアップしたい場合には、テクニックがいくつかあります。まずは、キャンペーンを利用することです。キャンペーンを利用することで、少し換金率がアップしますし、期間中の申込みで1~3%換金率がアップすることもあります。
また、カードがあったとしても、すぐに換金せず、1万円以上になってから、iTunesカードをまとめ売りをして、換金率をアップさせるという方法があります。

iTunesカードの換金率が悪い理由

iTunesカードの換金率の相場は、大体65%~72%といわれています。アマゾンギフト券の換金率が80%~90%であるのに対し、比較するとiTunesカードの換金率は、正直なところ、低いのが事実となっています。
そこで、iTunesカードの換金率がこれほどまで低く設定されている理由にはどういった理由があるのでしょうか。
なぜ、iTunesカードの換金率がこれほどまでに低いのかというと、iTunesカードは、アマゾンギフト券ほどの需要がないからであると言われています。iTunesカードを利用して何か購入してみようという方は少ないですし、また利用をしている年齢層も限られているといえるでしょう。幅広い世代の方が利用をしているアマゾンに対し、iTunesカードは使えるところが少ないというのもデメリットとなっています。
さらに、iTunesカードの換金率が低い理由として、そのカードが使用済みであるかどうかが判断しづらいという理由もあります。
しかし、iTunesカードの換金率は、今後は上がっていくのではないか…という風に予測されています。それはなぜかというと、iphoneを利用している方が日本でも多いですし、有料アプリ、音楽のダウンロードを行いたい人がこれからも増えていくとみられています。
iphone利用者が増えている中で、iTunesカードを利用する方も徐々に増えていくのではないか…と考えられています。