クレジットカード現金化の仕組み

クレジットカード現金化の仕組み

クレジットカード現金化とは

最近ブログやツイッター、 facebook等のSNSで話題のクレジットカード現金化とは、利用者が持っている「クレジットカードのショッピング枠を現金化するというサービス」になります。クレジットカードを換金することによって、職業や年収も関係なく無審査で手元に現金を調達することが出来ます。

クレジットカード現金化の方法はさまざまなスタイルがある」といえるでしょう。そのクレジットカード現金化の仕組みは分かりやすく簡単そうに見えて実話子供はもちろんヘビーユーザーでも理解するのが難しいものとなっていますので良く仕組みを理解しましょう。

日本では通常の換金、クレジットカード現金化の場合には、指定された金券や商品券を百貨店などで購買したり新幹線の回数券などの種類を購入して、そしてその商品を換金ショップなどで買い取ってもらうという使い方が一般的でした。

しかし、今は、クレジットカード現金化業者では、別の方法を取るケースが多いです。

たとえば、限定の品やギフト券をインターネット上で買取を行い、届いた物品を転送するという形で、即日買取をし、そして口座に当日振り込みをするという仕組みになっています。その後クレジットカードで買い物をした時を同じようにクレジットカード会社から請求が来、返済する義務があるという仕組みです。
その為クレジットカードのショッピング枠残高が無いと使用できない仕組みとなっています。ショッピング枠が満額の方は増額する必要があります。
クレジットカード現金化業者の利益はお客様のショッピング枠の決済金額とその商品の売値の差額の手数料が利益となります。

即日振込が主流

昨今では、楽天銀行や住信SBI銀行、ジャパンネット銀行等のネット銀行や三菱UFJ銀行や三井住友銀行のネットバンクやゆうちょ銀行に対応をしているクレジットカード現金化会社も増えているため、即日振り込みにも対応をしているお店が多くなっています。また、インターネットのクレジットカード現金化サービスであれば、オンライン上で全ての手続きが完了しますので、とても簡単で電話やメールでスピーディーにやりとりが出来るといえるでしょう。

また、こういった買取形式の際には、買った商品を買い取ってもらう技法ですので、ネットショッピングでものを購入しているのと変わらないという点から、家族にバレずに現金化したいというケースにもおすすめです。

さらに、買取り方式の場合には、違法性なども限りなく低いというのも大きなメリットです。

買取方式とは

クレジットカードを現金化する仕組みについてですが、一般的に2つの方法があります。

一つ目は昔からある先ほどお話ししました買取方式です。クレジットカード現金化業者が支持する商品を利用者が購入し、その品を買い取ってお金にするテクニックです。昔からある店舗型のクレジットカード現金化業者の場合は、お店に来店し金券を買い、指定された質屋などで換金していましたが、現在のクレジットカード現金化はスピードと手軽さが求めてられていますので、金券をクレジットカードでショッピング後現金を振り込んでくれ、買い物した物品は後日郵送する形となっています。お店によっては到着した物品を店舗に返送後ご入金という形式になり、現金化まで1週間ほどかかるところもあります。

買取方式のデメリット

しかし、このクレジットカードの現金化の手法である買取り方式にもデメリットはあります。それは、買取り方式の場合には、まずは利用者が商品を購入してから、それを換金業者において買い取ってもらうという方法になります。この為、資金を実際に受け取るまでに時間がかかってしまうという部分が欠点でしょう。

換金率の高い商品をあらかじめ購入し、それを売却しクレジットカード現金化をすることが出来ます。

このようなプロセスが必要になりますので、実際にお金が振り込まれるまでにどうしても時間がかかってしまうというのが弱点でしょう。換金をしたいという人のケースは、すぐにでも現金を手元に調達したいという方がほとんどですので、素早く現金を取得できないというのはウィークポイントといえます。早くても1~3日ほど時間がかかってしまいますし、ある程度時間に余裕が持てる方に、このクレジットカード現金化の仕組みが向いているといえるでしょう。

購入する時に注意して!

またこの買取り方式の場合、業者が商品を指定してくれる事例が多いですが、場合によっては自分で換金率の高い品を選んで購入しなければならないケースも多いです。この時、自分の商品の選び方一つで、換金率などが変わってきてしまいますので、ショッピング枠で購入する商品を慎重に選ばなければいけませんし、失敗をする件が出来ないというデメリットもあります。

キャッシュバック方式とは

2つ目のやり方がキャッシュバック方式と言われる仕組みです。業者から商品を購入することによって景品として現金がキャッシュバックされる仕組みです。こちらの仕組みですと利用者は申し込んでから最短5分でクレジットカード現金化を実行できます。よく企業のホームページなどに最短5分でお振込みと表示されているのはこちらのキャッシュバック方式を使ったクレジットカード現金化業者が多いです。キャッシュバック方式は違法だと書いてあるのを目にしますが非合法ではありません。良くキャッシュバック型が違法だと言われている理由が景品表示法に引っかかると言われているからです。

しかし、クレジットカード現金化のキャッシュバック特典は、景品には該当せず例外となっています。家電量販店のポイントバック等もこれにあたります。よく家電量販店でポイントバックを利用された方も多いと思われますがこれと同じ仕組みです。この仕組みやクレジットカード現金化のサービスは景品表示法の「もれなく型」に該当しますのでキャッシュバック方式も違法では無く問題ありませんのでご安心ください。

キャッシュバック方式の仕組みについて

このように、今頃クレジットカード現金化というと買取り方式がほとんどとなっていますが、キャッシュバック型という手段をとっている換金業者も存在しています。
こちらのキャッシュバック型のクレジットカード現金化ですが、ショッピング枠を利用し、そのクレジットカード現金化業者が用意をしている、商材などをサイトから購入するという仕組みになります。

これには情報商材や画像などの商材があります。購入した情報商材は、キャッシュバックが設定されていますので、現金をキャッシュバックして貰うことが出来て現金化が完了するという流れになります。

現在はあまり利用されなくなったシステムである

つまり、クレジットカード現金化においての、キャッシュバック方式とは、購入する商品そのものを転売して売るというのではなく、購入する商品そのものに、お金がその特典として付いているものを指します。商品自体は、実は無価値である件がほとんどで、がらくたのようなおもちゃばかりですが、これらをクレジットカードのショッピング枠で購入をすることで、キャッシュバックの現金が貰える形になります。こちらのキャッシュバック型の場合には、現金がスピーディーに捻出することが出来るというメリットがあり、買取り方式よりも時間がかからないという利点があります。

しかし、デメリットもあります。それは、クレジットカード会社は、換金目的のショッピングを厳重に取り締まっていることが多く発行元によっては利用停止となってしまう可能性が高いというデメリットがあります。