B/43(ビーヨンサン)を現金化する方法やデメリットを解説

B/43(ビーヨンサン)を現金化する方法やデメリットを解説

最近クレジットカード現金化業者でも取り扱いしてきているプリペイドカードのB/43(ビーヨンサン)ですが、『バンドルカード』や『Paidy』と比較すると有名ではありません。その為デメリットがあったりするのでしょうか?
しかし、現金化ユーザーの中では人気のカードでもありますので、デメリットや使い道などを詳しく解説させていただきます。

B/43のサービス内容

B/43の機能を詳しく説明

B/43は現金化もできるプリペイドカードなのですが、これからお世話になろうと考えているのであれば通常の機能も知る必要があります。機能を理解していれば普段の生活でも活用できますし、わざわざ現金化業者に安くはない手数料を支払う必要もなくなる可能性もありますので紹介します。

家計簿アプリとして使いすぎ防止にもなる

B/43のキャッチコピーともなっている家計簿アプリの機能を使えば、支出の管理がしやすくなるメリットがあります。クレジットカードですと最近は会員画面で購入履歴を見ることができますが、わざわざWEB検索からID,パスワードを入力して確認している方は少ないのではないでしょうか。そうすると気づいた時には高額な明細書が来てびっくりしてしまいます。
さらに最近のクレジットカードは明細書自体も発行手数料が掛かってしまいますので、不要にされている方は急に高額な引き落としがされたり、最悪残高不足でお電話が掛かってきたりなどの経験がある方も多いことでしょう。

しかしB/43ではアプリでリアルタイムに確認ができますので、防ぐことができます。

他の家計簿アプリよりも優れている点

最近の家計簿アプリではクレジットカードと連動しているものも登場しておりますが、B/43の優れている点が目的に合わせてチャージ残高を振り分けられるポケット機能です。

ポケット機能について

最大3つまで無料で追加できますので、毎日かかってしまう食費、たまに必要な洗剤などの消耗費、他に外食や遊興費などに分けておけば、無駄な遊興費を貯めておいて、価値のある使い方もできるのです。
またそれぞれのポケット残高はリアルタイムで移すことができますので、ちょっと食費が足りない場合も安心できます。

予算設定もできる

さらに各項目について毎月の予算設定もできますので、節約にも活用できます。

B/43ペアカードについて

B/43ペアカードの機能

そしてB/43の家計簿アプリ機能ではあなたが大切に思う方とも共有できるのです。クレジットカードでは家族カードがありますが、これは本当の家族でなければ発行できません。
しかしB/43のペアカードでは基本的にどなたでも良いので、例えばこれから結婚を考えている相手とも共有することができます。この為これから結婚を考えている同棲者と共有すれば相手の金遣いも知ることができますので、判断材料の一つとなるでしょう。

ペアカードのデメリット

ただし家族カードとは違いそれぞれのパートナーがペアカードを発行する必要があります。その為勝手に相手にプリペイドカードを渡すことはできませんが、基準はないので例えば愛人にクレジットカードを渡すような違反行為をしていた方にとってはB/43を使えば使い過ぎられる防止にもなります。クレジットカードのショッピング枠は限度額を調整しづらい面がありますが、B/43ではチャージした分が共有されるので安心できるのです。

ジュニアカードもあります!

B/43ジュニアカード

またB/43にはジュニアカードもあます。このカードは18歳未満のお子様に持たすことができるプリペイドカードです。
機能の特徴としてはアプリで使用履歴が確認できるだけではなく、お子様が決済した段階で通知されるので、未然に犯罪を防ぐとこができるのです。

B/43プラスが登場

B/43プラスのメリット

2023年7月にB/43プラスが登場しました。このカードの特徴を簡潔に説明すると家計簿機能が充実した反面、月額料480円発生すことです。

B/43プラスの機能

グレードアップした機能としてはポケットが10個までに増えたことと、明細書が添付できるようになった部分が主な特徴です。
また初回申込時に無料発行券をもらえますので、発行手数料が発生するICカードも無料になります。

B/43が使えるお店はどこ?

B/43はVISAのプリペイドカードですので、あらゆる加盟店で利用することができます。
反対にVISAの加盟店でも利用できないところもありますので紹介します。

  • 一部の携帯電話料金
  • 一部の公共料金
  • 保険料
  • ガソリンスタンド
  • 一部の電子マネーやプリペイドカードへのチャージ
  • 宿泊施設
  • 高速代

以上の場所などでは利用できないのでご注意ください。

ただし徐々に使用できる場所は増えており、携帯電話ではソフトバンクを含め系列ワイモバイル、LINEMO、そしてpovoです。
また公共料金でも可能な会社は増加しており、使いやすくなっています。

使用方法

次にB/43の発行からチャージまでの流れを説明させていただきます。

ステップ1.アプリからお申込み

まずはB/43のアプリをインストールします。そのアプリ内からカード発行のお申し込みをします。
お申し込みは簡単でメールアドレスと電話番号の認証をまず済ませます。

紹介コードとは何か

B/43のちょっとした特徴でもある紹介コードというものがあります。お友達などに紹介された方はこのコードをお申し込みの際に入力すると、両者に300円の残高がプレゼントされる仕組みです。

必要書類の提出

次に身分証を撮影して本人確認を行います。

対応可能な身分証
  • 運転免許証
  • マイナンバーカード
  • パスポート
  • 在留カード
個人情報を入力

次に氏名や住所、職業などの個人情報を入力してお申し込みは完了です。

発行手数料について

B/43の発行手数料は基本的に無料ですが、非接触決済に対応するICカードでは500円掛かります。
また再発行は300円、ICカードでは900円掛かります。

ステップ2.チャージ

1週間ほどでカードが送られてきますので、チャージしてすぐに利用することができます。

クレジットカードでもチャージできる

そして、B/43は下記の5つのチャージ方法がありますのでご確認ください。

1.コンビニで入金

各コンビニによってチャージ方法は変わりますが、基本的にアプリのチャージ方法でコンビニを選び入金します。
直接レジでチャージできるところや、コピーコナーなどにあるコンビニ収納代行でレシートを出してお支払いをします。

コンビニのチャージ限度額
入金単位1,000円
最低金額1,000円
最高金額299,000円
手数料0円

2.ペイジー(Pay-eazy)でチャージ

スマホやパソコンで支払いができるペイジーでもチャージできます。

ペイジーのチャージ限度額
入金単位1,000円
最低金額1,000円
最高金額100,000円
手数料0円

3.銀行口座で入金

各銀行からでも入金できます。セブン銀行も可能です。

銀行のチャージ限度額
入金単位1円~
最低金額1,000円
最高金額100,000円(月当たり100万)
手数料0円

またGMOあおぞらネット銀行の振り込みもできますが、同行の場合は1円単位で可能です。
ただし振込手数料は発生します。

4.クレジットカードでチャージ

またB/43はクレジットカードでもチャージできますので、実質前払いのプリペイドカードでも後払いが可能になるのです。その為クレジットカードの明細は家族に見られるとまずいが、プリペイドカードなら使用用途がバレないからメリットがあるという方に活用できるのです。

ただし、現金に戻す行為はこのクレジットカードと後述するあとばらいチャージではできませんのでご注意ください。
しかしごく少数でしょうがお得な情報ではないでしょうか。またクレジットカードを使用することによって還元率なしのB/43でポイントを獲得することも可能です。

クレジットカードのチャージ限度額
入金単位1円
最低金額1,000円
最高金額100,000円(月当たり30万)
手数料0円
対応するクレジットカード

ただし対応するクレジットカードはVISA、マスター、JCB、アメックスに限られます。

プリペイドカードもOK

また一部のプリペイドカードでもチャージ可能で、現在のところauPAYプリペイドカードやKyash等に対応しております。

5.あとばらいチャージ

そして最後の方法があとばらいチャージです。これが無担保でチャージできる方法ですので、現金化ユーザーから支持されているのです。

B/43を現金化する方法

B/43を現金化する方法を説明

そこであとばらいチャージを活用した、B/43を現金化する方法や審査難易度について説明していきます。

あとばらいチャージで現金化する手順

入金方法であとばらいチャージを選択します。


そして入金金額を指定して、同意ボタンをタップして手数料を含めた清算の確認を行います。

次にカードの暗証番号を入力します。

審査がすぐに行われ、結果が届きます。

現金化業者へ依頼

無事チャージが完了された方はクレジットカード現金化業者へご依頼ください。B/43の決済ブランドはVISAですのでほとんどのところで対応できます。
ただしプリペイドカードは申し込み制限をかけている現金化業者も存在しますので、業者の公式サイトをよくご確認ください。今対応する業者で優良店がスピードワンです。手数料無料な業者ですのでご参考にしてください。
スピードワン(SPEED 1)


返済方法

もちろん後払いでチャージした金額はB/43に返済しなければなりません。返済方法はコンビニでのお支払いのみです。

対象のコンビニ
  • ローソン
  • ファミリーマート
  • セイコーマート
  • ミニストップ

現在のところコンビニ大手のセブンイレブンなどでは利用できません。

返済期限

返済は当月末締めの翌月払いです。遅延すると延滞料が年利14.6%発生します。

また返済は一括払いのみとなります。

あとばらいチャージの限度額と審査難易度について

あとばらいチャージは3,000円から50,000円内で選択できます。
ただし利用限度額は審査によって決定されますので、初回は5,000円までの方が多いようです。その為使用履歴を作る必要があります。使用履歴はあとばらいチャージでもその他の方法でも良いそうです。

限度額上限は時間が掛かる

しかしアップする金額は毎月5,000円が上限と言われておりますので、最大の5万円を有効にするには1年ほど掛かってしまいます。その為現金化としては使い勝手が悪いと言えます。
しかも5chで利用者の口コミを見ると1,000円アップが多いようです。

だからこそB/43などの後払いアプリは多くの種類を作る方が多いため、5chなどで審査に通過できた等話題となっているのです。

審査難易度

B/43のあとばらいチャージの審査は『AGミライバライ』が行っているため、クレジットカードや消費者金融よりも甘めです。
ただし、Paidyやメルペイよりも厳しめと言われております。

あとばらいチャージの手数料

また現金化する時の注意点としてあとばらいチャージでは手数料が下記のように発生します。

申込金額手数料
3,000円~10,000円500円
11,000円~20,000円800円
21,000円~30,000円1,150円
31,000円~40,000円1,500円
41,000円~50,000円1,800円

B/43現金化のデメリット

緊急の現金化はできない

B/43を現金化する上でだけではなく通常に使用する上でも注意点がありますので説明します。

当日現金化は不可能

B/43は現物のカードがなければ現金化できませんので、最低でも1週間はかかってしまします。それが即日発行から現金化できるバンドルカードやPaidyに比べて人気がないのです。

保証が10万円まで

B/43で不正使用された場合の補償は10万円までしかありません。クレジットカードでは何千万円まで保証してくれるのに比べて少なすぎます。まだ実績の少ない後払いアプリは詐欺師に狙われているサービスですし、運営会社の株式会社スマートバンクも2019年に設立されたばかりですのでチャージのし過ぎは注意した方が良いでしょう。

ポイントが付かない

またポイントが付かない点もデメリットです。B/43はプリペイドカードですのでポイントが付くケースは少ないです。
しかしポイ活している方で話題となったauPayプリペイドにチャージした場合もポイント対象外になりました。この為クレジットカードチャージして、さらにB/43にチャージしてポイ活していた方は2重取りができなくなります。auPayはIC対応しておりませんのでB/43を使用していた方も多いことでしょう。変わらずチャージはできますが、還元率が下がってしまう結果となりましたのでご注意ください。

B/43に関するよくある質問

B/43は即日現金化できますか?

できますが、クレジットカード同様手持ちにカードがなければできません。 1週間ほどで発行できますので、手に入れてから現金化業者にお申し込みください。

ジュニアカードの料金はいくらですか?

現在のところ発行手数料500円と、月額定額料が発生します。 ただし定額料は現在のところ無料となっていて、料金は決まっていません。

B43の実際の換金率はどのくらいですか?

対応する現金化業者にもよりますが少額の為、60~90%と幅広くなっています。

ただしクレジットカードとは違いB/43に返済する際に手数料が500円から1800円かかりますのでさらにご注意ください。

携帯キャリア決済でチャージはできますか?

できません。チャージは後払い以外は銀行やクレジットカードです。

ペアカードは解約できますか?

できます。公式サイトから解約を申し付けください。相手方の確認が完了してから解約となります。

ただし超過分は本会員(誘った側)に行くようですのでご注意ください。